スポンサーリンク

【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに

開幕ロスターの捕手がシーズン終了にいなくなる

 現地2022年9月16日、レッドソックスは、フェンウェイ・パークでロイヤルズとの対戦。先発のマイケル・ワカが7回を1失点と好投するも、打線がロイヤルズ先発のジョナサン・匕ースリー(Jonathan Heasley)に大苦戦。右の92-3mphのスライダー投手にここまで苦戦するとは本当に重症です。

 しかし、ロイヤルズのブルペンの四球の多さに助けられ、8回裏に逆転。なんとか2-1で勝利しました。

 そんな中、レッドソックスはこの日、ケビン・プラウェッキをDFAとしました。

 レッドソックスは、トレードデッドラインでクリスチャン・バスケスをアストロズへトレード。

 そして今回、ケビン・プラウェッキ(Kevin Plawecki)をDFAとしたことで2022年の開幕ロスターで入っていた捕手がシーズン終盤にいなくなるという結果になりました。

プラウェッキ、先発するも安打無し 

 このロイヤルズ戦の先発捕手はケビン・ブラウェッキ。リードでは定評があり、守りは申し分ないのですが、いかんせん打撃の数字が上がりませんでした。この日は2打席回ってきたのですが、SSゴロ、CFフライに終わり、音無し。シーズン成績は157-34、1HR、打率.217、OBP .287、SLG .574に。

 そしてゲーム終了後、プラウェッキはDFAに。

ケビン・プラウェッキとは 

 ケビン・プラウェッキは、1991年2月26日生まれの31才。2012年ドラフトのメッツの1巡目指名(全体35位)でプロ入りした捕手です。

 デビューはメッツ時代の2015年。24才の時です。当初は順調でした。ルーキー・イヤーに73試合に出場し、打率は.219。メッツでは4シーズンを過ごして、通算打率は.218。

 2019年6月にメッツがサム・ハガーティー(現マリナーズ)とウォーカー・ロケットを獲得したトレードでインディアンスに移籍。ちなみに、サム・ハガーティーがマリナーズへ移ったきっかけは2019年12月にメッツがDFAにした際にマリナーズがクレームオフしたからです。

 2019年12月、インディアンスはケビン・プラウェッキをノンテンダーに。これによりFAとなったプラウェッキとサインしたのがレッドソックスで、2020年1月のことです。

リードが良かったプラウェッキ

 リードに定評のある捕手で、ネイサン・イオバルディは捕手を選べる状況であればプラウェッキを指名していたと思われ、実際プラウェッキがマスクを被ったほうがERAは良かったです。

 その対局がクリスチャン・バスケスで非常に熱心でチームに貢献する熱いハートを持ち、しかも打撃が良かったにも関わらず、リードが今ひとつでした。

 ただ、バスケスはアストロズに移籍後にマスクをかぶる機会も増えていますが、リードを見ると普通に良かったです。これはレッドソックス投手陣の力の差もあるかと思いました。コントロール、球威ともにアストロズの投手陣の方がはっきり言って上。だからバスケスもリードしやすいのかもしれません。

 その視点から言うと、プラウェッキの捕手としての投手を導く力はやはり素晴らしかったとも言えるでしょう。

リースとウォンが台頭

 今回のDFAは、やはり後任が出来上がってしまったことがその背景にあります。

 リース・マグワイヤ(Reese McGuire)は7月のデッドラインでジェイク・ディークマンとのトレードで獲得した選手。ホワイソックス時代から一発はないものの、打率の高い選手だったのですが、レッドソックス移籍後、打率.373、OBP .411、SLG .493、OPS .903をマーク。

 実際、プレーを見ると体も大きく、一発がないのが嘘のような選手。おそらくコンタクトが良いゆえに、とにかく長打よりも安打に集中していると思われ、9月13日のヤンキース戦で待望の一発も放ちました。リースがいることにより打線の流れがよくなったのも事実です。

 そして、メジャーとマイナーを往復していたコナー・ウォン(Connor Wong )もマイナーで結果を出してコールアップしたところ、9月は9試合で打率.250、OBP .368、SLG .563をマーク。細身で小さく見えるのですが、185cmもあります。

 リースは27才、ウォンは26才で同年代の捕手がともにいいライバル関係にあるので、この二人の台頭により、プラウェッキの居場所がなくなってしまったというところです。

プラウェッキ、将来は間違いなくコーチ

 プラウェッキの投手を活かすリードはやはり素晴らしいと思うので、ウェーバーに上がれば、間違いなく手を挙げるクラブが出てきます。

 そしてまだ現役なのに、将来の話をするのは失礼なことなのですが、スパイクを脱いだ後(引退した後)は間違いなくメジャーのコーチになる逸材かと思います。

 プラウェッキに良い縁がありますように。本当に、もう少し打ってくれれば言うことなかったんですけど。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました