スポンサーリンク

【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに

開幕ロスターの捕手がシーズン終了にいなくなる

 現地2022年9月16日、レッドソックスは、フェンウェイ・パークでロイヤルズとの対戦。先発のマイケル・ワカが7回を1失点と好投するも、打線がロイヤルズ先発のジョナサン・匕ースリー(Jonathan Heasley)に大苦戦。右の92-3mphのスライダー投手にここまで苦戦するとは本当に重症です。

 しかし、ロイヤルズのブルペンの四球の多さに助けられ、8回裏に逆転。なんとか2-1で勝利しました。

 そんな中、レッドソックスはこの日、ケビン・プラウェッキをDFAとしました。

 レッドソックスは、トレードデッドラインでクリスチャン・バスケスをアストロズへトレード。

 そして今回、ケビン・プラウェッキ(Kevin Plawecki)をDFAとしたことで2022年の開幕ロスターで入っていた捕手がシーズン終盤にいなくなるという結果になりました。

プラウェッキ、先発するも安打無し 

 このロイヤルズ戦の先発捕手はケビン・ブラウェッキ。リードでは定評があり、守りは申し分ないのですが、いかんせん打撃の数字が上がりませんでした。この日は2打席回ってきたのですが、SSゴロ、CFフライに終わり、音無し。シーズン成績は157-34、1HR、打率.217、OBP .287、SLG .574に。

 そしてゲーム終了後、プラウェッキはDFAに。

ケビン・プラウェッキとは 

 ケビン・プラウェッキは、1991年2月26日生まれの31才。2012年ドラフトのメッツの1巡目指名(全体35位)でプロ入りした捕手です。

 デビューはメッツ時代の2015年。24才の時です。当初は順調でした。ルーキー・イヤーに73試合に出場し、打率は.219。メッツでは4シーズンを過ごして、通算打率は.218。

 2019年6月にメッツがサム・ハガーティー(現マリナーズ)とウォーカー・ロケットを獲得したトレードでインディアンスに移籍。ちなみに、サム・ハガーティーがマリナーズへ移ったきっかけは2019年12月にメッツがDFAにした際にマリナーズがクレームオフしたからです。

 2019年12月、インディアンスはケビン・プラウェッキをノンテンダーに。これによりFAとなったプラウェッキとサインしたのがレッドソックスで、2020年1月のことです。

リードが良かったプラウェッキ

 リードに定評のある捕手で、ネイサン・イオバルディは捕手を選べる状況であればプラウェッキを指名していたと思われ、実際プラウェッキがマスクを被ったほうがERAは良かったです。

 その対局がクリスチャン・バスケスで非常に熱心でチームに貢献する熱いハートを持ち、しかも打撃が良かったにも関わらず、リードが今ひとつでした。

 ただ、バスケスはアストロズに移籍後にマスクをかぶる機会も増えていますが、リードを見ると普通に良かったです。これはレッドソックス投手陣の力の差もあるかと思いました。コントロール、球威ともにアストロズの投手陣の方がはっきり言って上。だからバスケスもリードしやすいのかもしれません。

 その視点から言うと、プラウェッキの捕手としての投手を導く力はやはり素晴らしかったとも言えるでしょう。

リースとウォンが台頭

 今回のDFAは、やはり後任が出来上がってしまったことがその背景にあります。

 リース・マグワイヤ(Reese McGuire)は7月のデッドラインでジェイク・ディークマンとのトレードで獲得した選手。ホワイソックス時代から一発はないものの、打率の高い選手だったのですが、レッドソックス移籍後、打率.373、OBP .411、SLG .493、OPS .903をマーク。

 実際、プレーを見ると体も大きく、一発がないのが嘘のような選手。おそらくコンタクトが良いゆえに、とにかく長打よりも安打に集中していると思われ、9月13日のヤンキース戦で待望の一発も放ちました。リースがいることにより打線の流れがよくなったのも事実です。

 そして、メジャーとマイナーを往復していたコナー・ウォン(Connor Wong )もマイナーで結果を出してコールアップしたところ、9月は9試合で打率.250、OBP .368、SLG .563をマーク。細身で小さく見えるのですが、185cmもあります。

 リースは27才、ウォンは26才で同年代の捕手がともにいいライバル関係にあるので、この二人の台頭により、プラウェッキの居場所がなくなってしまったというところです。

プラウェッキ、将来は間違いなくコーチ

 プラウェッキの投手を活かすリードはやはり素晴らしいと思うので、ウェーバーに上がれば、間違いなく手を挙げるクラブが出てきます。

 そしてまだ現役なのに、将来の話をするのは失礼なことなのですが、スパイクを脱いだ後(引退した後)は間違いなくメジャーのコーチになる逸材かと思います。

 プラウェッキに良い縁がありますように。本当に、もう少し打ってくれれば言うことなかったんですけど。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました