スポンサーリンク

【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル

大エースはメッツに決定

 現地2021年11月29日は12月1日に期限を迎える現行のCBA(労使協定)の駆け込みでエージェントとクラブ間で火花の散るようなディールが多数決まりました。期限はまだ2日ほどあるので、この動きはそれまで続く見込み。ということは、ロックアウトはほぼ決定ということでしょうね。それはそうでしょう。というのも、決める項目が多すぎます。

 期限到来で身動きが出来なくなって編成に影響が出るのはクラブ側なので、エージェントがかなり強気に出ていると言えそうです。売り手市場ですね。

 エージェント:「期限前に決めたければ、契約年数、年俸単価、あるいはバイアウト付きのオプションでもう一声くれ。そしたら、あんたのところに決めるよ」というやり取りが聞こえてきそうなくらいの強気の内容の連発となっています。そんな中で飛び抜けていたのはレンジャーズで、コーリー・シーガーとのディールも破格の待遇なのですが、いかんせんシャーザーのディールの単価に霞んでしまいました。

シャーザーのディール

 シャーザーとメッツは以下の条件で合意。

  • 3年/$130M (2022-24)
    • 2023シーズン終了後にオプトアウトあり
    • フル・ノートレード条項

 2年目が終了した時点でメッツに残るかどうかをマックス・シャーザーが選択するオプトアウトが入っています。オプトアウトが行使になった後の条件はわかり次第記載します。

AAVで史上最高額 .33M

 このディールで驚くのはその単価。贅沢税算出の基準にもなるAAV(Annual Average Value)は総額を年数で割ったフラットな単価。今回のシャーザーのディールは$43.33Mです。

AAVランク

 総額/年数のAAVで大型ディールは以下の通り。

  1. マックス・シャーザー(NYM):$43.33M (3年/$130M :2022-24)
  2. マイク・トラウト(LAA):$37.1M (12年/$426.5M: 2019-30)
  3. ゲリット・コール(NYY): $36M (9年/ $324M: 2020-28)
  4. ジェイコブ・デグロム(NYM): $36M (5年/$137.5M :2019-23)
  5. ノーラン・アレナド(STL): $35M (8年/$260M: 2019-26 + 1年/$15M:27)
  6. スティーブン・ストラスバーグ(WSH): $35M (7年/$245M: 2020-26)
  7. マックス・シャーザー(WSH): $34.5M (7年/$210M: 2015-21) 前契約
  8. トレバー・バウアー(LAD): $34M (3年/$102M: 2021-23)
  9. ジャスティン・バーランダー(HOU): $33M (2年/$66M: 2020-21) 前契約
  10. ザック・グレインキ (HOU) : $32.9M (6年/206.5M: 2016-21)
  11. コーリー・シーガー(TEX):$32.5M (10年/$325M)

華麗なる実績

 今更ながらですが、マックス・シャーザーの華麗なる実績をかいつまんで記載しておきます。

  • オールスター出場:8度 (2013-2019 & 2021)
  • サイ・ヤング賞受賞:3度 (2013/AL、2016/NL & 2017/NL)
  • 勝利数(最多勝)1位:4度 (2013/AL, 2014/AL, 2016/NL & 2018/NL)
  • ア・リーグ最高勝率:1度 (2013: 21勝3敗)
  • ナ・リーグ最多イニング:2度 (2016 & 2018)
  • ナ・リーグ奪三振タイトル:3度 (2016: 284、2017: 268 、2018:300)
  • ナ・リーグ完投数1位:3度 (2015: 4、 2017: 3、2018:2)
  • ナ・リーグ完封数1位:2度 (2015:3 、 2018: 1)
  • 15勝以上のシーズン: 8 (2011-2014, 2016-2018 & 2021)
  • 20勝以上のシーズン: 2(2013 & 2016)
  • 200 イニング以上のシーズン: 6 (2013-2018)
  • 200奪三振以上のシーズン: 9 (2012-2019 & 2021)
  • 300 奪三振のシーズン: 1 (2018)
  • ノーヒット・ノーラン:2度(2015 June 20/ 2015 Oct 3)
  • 2019 ワールドシリーズ・タイトル
  • 通算:190勝97敗 ERA 3.16/ SO 3,020

2022年途中で38才

 マックス・シャーザーは1984年7月27日生まれの37才。2022年の誕生日で38才に。今回の契約は3年なので2024年のシーズン終了時は満年齢で40才を迎えています。

 シャーザーに対し、3年をオファーするクラブはあったと思いますが、ここまでの単価を出せるのはふんだんに資金のあるメッツしかないというようなディールでもありました。

 シャーザーはまだまだこれからもいい投球を見せてくれると思います。数年前からモデルチェンジをしていまして、4シームの割合がそれまでの55%前後から2017年を境に50%、今では45%前後に落としており、カーブがそれまでの7-8%から9.5%前後にアップ。つまり、緩急を使うようになってきました。

 4シームのベロシティーは、アベレージで意外にもMid-90mph。ここぞという時に今でも97-98mphは出してきます。もともとスリークォーターの腕の角度なので、100mphは滅多に超えませんでした。これがトラックマンの計測でも同じなのです。どうも100mphをヒットしません。

 ただし、シャーザーの場合、97mphでも他の投手の100mph以上の威力を感じさせるものがあります。低めは地を這い、唸りを上げているのが画面からでも伝わってきますからね。

 シャーザーを初めて見た時のことを思い出します。こんなすごい体格の投手がこれだけ速い腕のスイングで投げるのだから、速いに決まっている!と。 

 故障が少ないのは、若いころから投げた後にすぐに腕を上げて血液を戻す動きをしていた点にあると思っています。かつて投手のマッサージでPNFというのがあったのですが、内捻、外捻を繰り返す動作し、投げた後の腕を本来のところに戻すというようなのがあったのですが、それをセルフでやっていたようなものかなと思います。そのほかにも、今ポストシーズンで裸でセレブレートするシーンがありましたが、あの素晴らしい上半身を見たら、しっかりケアしているのだなと思いますね。

 何が言いたいかというと、ケアもしっかりしているシャーザーはメッツに大きく貢献するでしょうということです。

 ナ・リーグ・イーストはまた激しくなりますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました