スポンサーリンク

【MLB契約2020】ナショナルズ、ハウィー・ケンドリックと再契約!

MLB移籍/FA情報

2019ポストシーズンヒーローが帰還

 ナショナルズに頼もしい戦力が返り咲きました。現地2019年12月6日、FAとなっていたハウィー・ケンドリックが、ナショナルズと1年契約で合意。アダム・イートンは今オフ、クラブオプション行使で残留しましたから、またベンチで”ブーン、ブーン”をやりそうです!

契約内容

 契約は1年$6.25M。2021年はミューチュアル・オプションで双方合意により契約更新ということに。ミューチュアルオプションの設定の要件は明らかになっていませんが、なんらかの達成基準のクリアーが設けられていると思います。また、その時の状況によってケンドリック側が拒否するかもしれません。ヤズマニ・グランダールとマイク・ムスターカスはミューチュアルオプションで2人ともブルワーズから引き止められましたが、拒否し、FAとなりました。

 なお、$6.25Mは2018年ワールドシリーズMVPのスティーブ・ピアースがレッドソックスと2019年に再契約した金額と同じです。

神の一振り

 ハウィー・ケンドリックと言えば、やはりワールドシリーズGame7での逆転2ランが印象的です。7回表、スコアはアストロズが2−1でリードし、1アウト1塁の場面。0−1カウントの次に、アウトローへのカットボール。枠内ギリギリのコースをライトへ強打。これがライトポール直撃弾となり、ナショナルズが3−2とリードしたのでした。

 ウィル・ハリスはとてもいい高さ、コースに投げたにもかかわらず、ライトへのこのスイングはさすがにベテランとしか言い様のない技術だったと思います。

NLDS Game5でもゲームを決めた一振り

 ドジャースとの対戦になったNLDSにおいても最終戦のGame5で、延長10回表、3−3のスコアでグランドスラムも放ちましたね。この時は、ジョー・ケリーが2年連続でドジャースに引導を渡したと、とてもうまく表現したツイートが見られ、それに感動してしまいました。

直近2年の打率が.331

Howie Kendrick Stats | Baseball-Reference.com
2020: 2 HR, .275 BA, 14 RBI,Career: 127 HR, .294 BA, 724 RBI, 2B/LF/1B, AllStar, Angels/Dodgers/... 2006-2020, b:R/t:R, born in FL 1983

 2018年と2019年の2年間の成績は、530打席で打率.331、OBP .375、SLG .541、21HR、 37ダブル、1トリプル。2019シーズンのWARは2.6。

 2020年7月に37才になるベテランはまだまだ期待されております。

ヤン・ゴームズにつづき2人目の帰還

 ナショナルズはヤン・ゴームズが2年$10M(2020-2021)で再契約。ハウィー・ケンドリックはFAで二人目の帰還となりました。

 あとは気になる2人の動向ですね。スティーブン・ストラスバーグとアンソニー・レンドン。彼らが再契約するのは難しそうですが、連覇に向けて戦力を整えてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました