スポンサーリンク

【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環

珍しいカード、エンゼルス@フィリーズのGame2

 前の記事で書かせていただいたようにフィリーズは現地2022年6月3日から始まったエンゼルスとの3ゲームシリーズの初戦から監督が代わりました。

 その初戦を10-0の圧勝で白星で飾り、現地2022年6月4日は2戦目。フィリーズの先発はザック・ウィーラー。その立ち上がり、エンゼルスは2番DHの大谷選手がシングルで出塁するも、得点ならず。

 できれば、双方ともに絶好調の時のガチンコのマッチアップが見たかったこのカードですが、現時点ではフィリーズが上述のように監督交代により、くさびが取れたほうにチームの力が良いサイクルを描くようになってきました。良い方法にスイッチが入ったという状況。一方のエンゼルスはワーストの状態からこのシリーズの入り、未だ出口が見えずという状況でのGame2です。

エンゼルス、ウィーラー戦で絶望の初回5失点

 悪い流れを引きずったままのエンゼルスですが、初回に先発のマイケル・ローレンツェンがやってしまいました。

 ローレンツェンは先頭のカイル・シュワーバーにあわやフェンスオーバーか?というような痛烈な二塁打を打たれ、いきなりのピンチに。2番のリース・ホスキンスは打ち取って、1アウトを奪ったものの、つづくブライス・ハーパーにはチェンジアップが抜けてしまい、はっきりとわかるボールで四球。さらに4番のニック・カステヤーノスにも大きくフレームを外したストレートの四球でノーアウト満塁のピンチを招きます。

 つづく5番のJ.T.リアルミュートは四球の後の初球をLFへ運び、2塁打。シュワーバーとハーパーが還り、フィリーズが2点を先制。

アレク・ボームは自傷

 このチャンスにつづくアレク・ボームはボール球を空振りしてしまい、3球三振で2アウト目。相当、悔しかったのでしょう。ボームはダグアウトで暴れてしまい、それによって自分の首に擦り傷を作ってしまうというおまけまでつけてしまいました。暴れない方が良いですね。バットを作る人にも失礼です。

 その後もローレンツェンはコントロールが定まらず、つづくブライソン・ストットにはまたしてもストレートの四球、さらにヨハン・カマーゴとミッキー・モニアックには連続タイムリーを浴び、初回に5失点を喫してしまいます。

 マイケル・ローレンツェンは初回だけで37球を費やしました。ザック・ウィーラーの先発する試合で初回に5失点というのは今のエンゼルスにとっては追い込む気力をくじいてしまう失点です。

エンゼルス、2点を返すのが精一杯

 伸びのあるファストボールでどんどんエンゼルスの打者を追い込むザック・ウィーラー。

 そのウィーラーに対し、エンゼルスは3回表に大谷選手の四球などでチャンスメイクし、ジャレッド・ウォルシュがCF前シングルを放ち、まずは1点を返しました。

 さらに5回表にも大谷選手の四球でチャンスメイクした後、ジャレッド・ウォルシュがRFへ二塁打を放ち、2点目。ただ、今日のエンゼルスはこれで精一杯でした。

ウィーラー、9K 

 フィリーズ先発のザック・ウィーラーは6.0イニングを投げ、被安打6、失点2、BB2、SO9という成績。2点を奪われたものの、危ないところはまったくありませんでした。

ローレンツェン、2回以降立ち直る

 なお、ローレンツェンの惜しいところは崩れたのは初回のみだったということ。マッドン監督も辛抱強く見守り、6回2アウトまでマウンドに。2回裏にJ.T.リアルミュートに2打席連続の2塁打を打たれたのですが、2回以降降板まで打たれたヒットはこの1本のみで、スコアレスの投球が続きました。

 マイケル・ローレンツェンは5.2イニング、102球。被安打5、失点5、自責点5、BB5、SO9、HR0という内容。本当に初回の出来だけでした。

 エンゼルスは元フィリーズのアーチー・ブラッドリーが8回に2失点。

長身ブログドンが数字以上の球威

 監督交代後に注目されるフィリーズのゲーム終盤の投手起用ですが、この日は接戦ではなかったものの、2-7の5点差を守り切るため、ウィーラー降板後はブラッド・ハンド、サラントニー・ドミンゲスが1イニングずつつなぎ、最終回はコナー・ブログドンがマウンドに。

 このゲーム以外でもすでにゲームを締めたことはあります。

 そのブログドンは、ルイス・レンヒーフォをSSポップフライ、フアン・ラガレスをSSゴロに、そして最後はアンドリュー・ベラスケスを三振に打ち取りゲームセット。

 MAXはベラスケスを三振に仕留めた4シームで96.9mphだったのですが、数字以上の伸びと球威を感じさせる素晴らしいボールを投げ込んでいました。今後、彼をクローザーに起用するのかもしれませんね。

コナー・ブログドンとは 

 コナー・ブログドンは1995年1月29日生まれの27才。身長は198cmもあります。ドラフトは2017年のフィリーズの10巡目指名。デビューは2020年8月13日。

 2021年は56試合に登板し、5勝4敗、1SVでERAは3.43。結構、厳しい場面を任されてのこの数字はかなり見込みありですね。

 2022年もここまで12試合に登板し、ERAは2.61。いい投手です。

トラウト、キャリア最大のスランプ

 あの強かったエンゼルスがここまで崩れている要因は一つはレンドンが5月25日から手首を傷めて離脱していること。

 そして、厳しいのがマイク・トラウトのスランプ。トラウトは5月29日のブルージェイズ戦以来、ここ6試合連続で無安打を継続中。これを打数に直すと23打数連続でヒットレスが継続しているという、彼のキャリアの中でのワーストの経験をしている真っ最中です。

 ひょっとしたら、どこか公表していない怪我があるのかもしれません。

 いずれにせよ、トラウトが復活しないことにはもともとブルペンに問題があるエンゼルスとしては打って勝つという勝利のスタイルが確立できません。

 良いきっかけがあればと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました