スポンサーリンク

【MLB2024FA】レイズからFAの注目リリーバーのロバート・スティーブンソンはエンゼルスに決定!

まさかのエンゼルス

 現地2024年1月19日、このFAのリリーバー市場の中で知名度、実績から最も注目されていた投手がジョシュ・ヘイダーなら、2023年の実績、ボールの質、そしてそれほど高騰していないサラリーから大穴的な存在となっていたのがレイズからFAのロバート・スティーブンソン(Robert Stephenson/31)でした。

 そのロバート・スティーブンソンのディールが決定。エンゼルスとサインすることになりました。個人的にはぜひともレッドソックスに!と思っていたのですが、エンゼルスということに。

契約内容

 ロバート・スティーブンソンとエンゼルスとの契約は現時点では合意で、大筋の内容は下記の通りです。

  • 3年/$33M保証(2024-2026) + 2027 オプションあり

 ざっとAAVは$11Mというところで、2027年にオプションがあります。年齢的な要素からクラブ・オプションかと思いますが、エージェントの”Apex Baseball”が強気に出たかどうか。

 なお、エンゼルスはこのディールの前ですでに40manロスターがフルだったため、オフィシャルとなった場合に外れる選手が出てきます。

2023年に際立つ投球!

 ロバート・スティーブンソンはなんと言っても2023年の投球が素晴らしかったです。

 レイズにはシーズン途中で移籍したのですが(詳細は後述)、レイズに移ってからの投球は、42試合で38.1 イニングを投げ、ERA 2.35、SO9が14.1、BB9が1.9と超高品質の投球を披露。

 最も重要な時期である8月半ばから9月半ばにかけての1ヶ月は、15試合連続無失点(自責点も0)を記録。この間、13.0 IPで被安打がたったの3、BBもたったの1。そしてSOはなんと23!相手打線のAVG/OPB/SLGは、.071/.093/.095と、全くノーチャンスの無双の投球を披露していたのでした。

ロバート・スティーブンソンが輝くまで

 ロバート・スティーブンソンは1993年2月24日生まれで2014年3月28日の開幕時には31才となります。カリフォルニア州出身。今回は地元に帰るということになります。

 ドラフトは2011年のレッズの1巡目指名。全体順位は27位。

神童だった高校時代

 ロバート・スティーブンソンは高校3年時ですでに98mphを計測。ゲームではノーヒッターを連発していたと言います。その年の成績は7勝2敗、ERA 1.33、64 IPで132 SO、29 hits。200-11の”GATORADE STATE(California) HIGH SCHOOL PLAYERS OF THE YEAR”に選ばれました。

Gatorade State High School Players of the Year
The Gatorade State Player of the Year award was established in 1985 to...

 ワシントン大学への進学を考え、入学志願書を揃えていたところ、レッズから1巡目で指名されたのでした。レッズとはサイニング・ボーナスは$2M。

 メジャーデビューするまではマイナーで5シーズンを過ごしました。

 2013年にはクラスA、クラスA+、ダブルAの3レベルで投げ、7勝7敗、ERA 2.99。2014年にはAAで1シーズン過ごし、先発として27試合、136.2 IPで、7勝10敗、ERA 4.74。2015年はトリプルAにも昇格。

 メジャーデビューは、2016年4月7日のフィリーズ戦。先発でのデビューで、5.0 IPで失点4、ER 3、HR 2。チームも勝利して初登板で初勝利をマーク。2戦目の4月19日のロッキーズ戦でも勝利。

 しかし、レッズはその後トリプルAにオプション。トリプルAでは24試合に登板して8勝9敗、ERA 4.41。このシーズンは昇格と降格を重ね、MLBでは計6試合に登板し、2勝3敗、ERA 6.08でシーズンを終えました。

 その後、2020年まで昇格と降格を繰り返し、レッズでは5シーズンで104試合に登板(そのうち22試合に先発)し、10勝13敗、ERA5.15。BB9が4.8を記録したようにコントロールに課題がありました。

ロッキーズへ 

 2020年11月25日、ロバート・スティーブンソンはレッズがジェフ・ホフマンを獲得したトレードでマイナーリーガーとともにロッキーズに移籍。

 ロッキーズには2022年8月まで在籍。2シーズンで計94試合登板するも、全てリリーフ登板で成績は4勝2敗でERA 4.57。BB9は3.1にまで品質改善しました。

 2022年8月27日、ロッキーズはオプションの切れたロバート・スティーブンソンをマイナーに降格する際、ウェバーに公示。この時、パイレーツがクレームオフし、パイレーツに移籍することに。パイレーツでは13試合に登板してERAは3.38。

 2023年、パイレーツで開幕を迎えたロバート・スティーブンソンは、18試合に登板し、ERA 5.14。まるで冴えていませんでした。

 2023年6月、パイレーツがアリカ・ウィアムズを獲得したトレードでレイズへ移籍。この時、全くノーマークで、誰もこの後にロバート・スティーブンソンが大飛躍するとは思っていませんでした。MLBは本当にこういう漫画的な変化がよく起こります。

カッターでメジャーでの才能が開花

 飛躍の最大の要因はコントロールがよくなったということに尽きるのですが、それをやりやすくしたのがカットボールの習得でした。2022年は97Mmphの4シームとmid 80mphのスライダーとのコンビネーションでしたが、レイズに移籍後は変化球の中心はカットボールに。

 そのカットボールですが、whiff%(空振り率)がなんと59.9%。打者の打率は.101。自信のあるボールが出来れば心にも余裕が出来、コントロールも改善したというような流れです。

 投げ方もきれいです。

 ロバート・スティーブンソンに何か懸念があるとしたら、まだ良い実績がレイズでの4ヶ月しかないという点になるでしょう。

8回? 

 エンゼルスは2024年もカルロス・エステベスを9回に起用すると思われ、そうなるとロバート・スティーブンソンは8回、あるいは7回の難しいタイミングでの登板ということになりそうです。

 エンゼルスはベン・ジョイスも機能すればなかなか面白くはなりそうです。

 ロバート・スティーブンソンが2023年のレイズでの投球を引き続き見せられるかどうか注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました