スポンサーリンク

【MLB2023】”惜しい!”ドリュー・スマイリーのパーフェクトはボテボテの内野安打でジ・エンド

ドリュー・スマイリー、LADを相手にパーフェクト未遂

 いやー、惜しかったですね!

 現地2023年4月21日、リグレー・フィールドで行われたドジャース@カブス戦で、カブス先発のドリュー・スマイリー(Drew Smyly)が7回終了までパーフェクト・ゲームを遂行。あと打者6人と迫っていた、8回表、先頭のデービッド・ペラルタのバットを折り、完全に打ち取ったのですが、これが内野安打となり、惜しくもパーフェクトは未遂に。

 このイニングの2アウト目を奪ったところでドリュー・スマイリーは降板。スタンドはスタンディング・オベーションで彼の好投を讃えました。

上り調子の中で登板

 ローテーションNO.4に位置づけられているドリュー・スマイリーは、このゲーム前までは、3試合に登板して1勝1敗でERA 4.70。

 今季初登板の4月3日のレッズ戦では、4.2イニングで7失点、自責点6で敗戦投手に。

 しかし、4月10日のマリナーズ戦では、5.0イニングを投げて被安打2、失点1、SO 7と一気に調子を上げ、4月16日のドジャース戦では、5.2イニングを投げて、被安打4、失点1、SO 3、HR 1でチームも3-2で勝利して今季初勝利を上げました。

 このように、非常に上り調子の中、迎えた現地2023年4月21日のゲームは再びをドジャースを相手に登板。上述のように最高の投球を見せました。

威力抜群のナックル・カーブ

 ドリュー・スマイリーと言えば、ブレーキのすごいナックル・カーブが特徴。打者の視線を上げさせておいて、大きなどろんとしたカーブと見せかけつつ、最後は打者の手元で消えるようにストーーーンと落ちるカーブです。特に最後は割と球速がありながら落ちるのが特徴。

 この日はこのナックル・カーブがキレキレでした。

& シンカーのみ

 そして、驚異的なのがドリュー・スマイリーのファストボールは4シームでなくシンカーで、しかもこの日はこの2種類のみでパーフェクト・ゲーム達成間近となったのです。

 ナックル・カーブが74-78kmhのレンジ、シンカーが90-93mphというところです。この2種類です。

 打者は当然、どちらかに絞って対応しにかかるのですが、この組み合わせが絶妙でした。

 リードしていたのは、2019年のナショナルズのワールドシリーズ制覇時のベテラン・キャッチャー、ヤン・ゴームズです。

鈴木誠也選手もアシスト

 ドジャースの先発がフリオ・ウリアスだったこともドリュー・スマイリーの集中力を高めるのに一役買ったと思います。

 そのフリオ・ウリアスに対して、カブス打線は序盤から対応。初回、2番のダンスビー・スワンソンの四球をきっかけに、イアン・ハップと鈴木誠也選手が2者連続ダブルを放ち、2-0と先制。

 2回裏には調子の戻ってきたニック・マドリガルのトリプルをきっかけに、ニコ・ホーナーがタイムリーを放ち、1点を追加して3-0。

 さらに、3回裏にはコディー・ベリンジャーとトレイ・マンシーニの2者連続HRで2点を追加。序盤で5-0としてドリュー・スマイリーをアシスト。

 フリオ・ウリアスは4回途中で降板。3.1イニングで被安打7、失点5でした。

5回裏に大量7得点でさらに援護

 カブスの猛攻はまだ続きます。5回裏、2番手ジェイク・リードからイアン・ハップが四球を選んで出塁。さらに鈴木誠也選手がゴロでCF前に運ぶシングルを放ち、1塁ランナーのハップが3塁へ進塁し、ノーアウト1、3塁のチャンス。

 ここでパトリック・ウィズダムがLFへ3ランHRを放ち、カブスは8-0とリード。

 さらにコディー・ベリンジャーの二塁打、トレイ・マンシーニのタイムリーで9-0。その後はニコ・ホーナーに3ランHRが飛び出し、このイニングに7得点を上げ、12-0とリードを拡大。

 この間、ドリュー・スマイリーはすいすいとドジャース打線を打ち取り、7回を終えてパーフェクトを継続し、あと打者6人というところまで来ました。

ヤン・ゴームズと交錯

 迎えた8回表、ドジャースの先頭はデービッド・ペラルタ。初球は75mphのナックル・カーブでストライク。

 2球目、スマイリーは低めのいいところにナックル・カーブを決め、ペラルタもこれに対応しますが、ブレーキが効きすぎてバットの先端に当たり、しかも先端過ぎてバットが折れてしまいます。

 これがちょうどセイフティー・バントをしたような打球になってしまい、マウンドから降りたドリュー・スマイリーと、この当たりでパーフェクトを途切れさせてなるものか!と打球に追いつこうとしたヤン・ゴームズが交錯。打球を処理したドリュー・スマイリーが一塁に投げられず、内野安打ということになりました。

 ヤン・ゴームズは避けきれずにドリュー・スマイリーに乗りかかり、ジャンプする形に。

 これは投げていれば微妙なタイミングでしたが、いずれにせよ間に合わなかった可能性の方が高いです。完全に打ち取ったのにということで非常に惜しかったのですが、これでパーフェクト・ゲームはジ・エンド。

 ドリュー・スマイリーの素晴らしいところはこの後もきちんと自分の投球をして、8回2アウトまで1安打のみでマウンドを降りたことです。

 ドリュー・スマイリーは7.2イニング、103球で被安打1、スコアレス、BB0、SO10という快投でした。

 この後、2番手のジェレマイア・エストラーダがドリュー・スマイリーの記録を浮き立たせるように1.1イニングを無失点投球。四球で二人のランナーを出したものの、ヒット1本だけだった!というのをスコア上もよくわかるようにきれいに投げたと思います。ナイス・ピッチングでした。

 13-0でカブスが勝っています。

MLB Gameday: Dodgers 0, Cubs 13 Final Score (04/21/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

【YOUTUBE】Game Highlights: Smyly Twirls a Gem, Cubs Hit 4 Homers in 13-0 Victory | 4/21/23

11年ぶりのパーフェクト・ゲームならず

 さて、MLBはここ11年、パーフェクト・ゲーム達成者が出ていません。最後にパーフェクト・ゲームを達成したのは、フェリックス・ヘルナンデスで2012年8月15日にレイズを相手に達成。

Mariners 1-0 Rays (Aug 15, 2012) Box Score - ESPN
Box score for the Seattle Mariners vs. Tampa Bay Rays MLB game from Au...

 ちなみに2012年はホワイトソックスのフィリップ・ハンバーが4月21日のマリナーズ戦で達成。さらに、ジャイアンツのマット・ケインが6月13日のアストロズ戦で達成しており、キング・フェリックスも含めて計3度も達成された珍しいシーズンでもありました。

 これまで達成されたパーフェクト・ゲームは1880年代のゲームも入れれば23度、1900年以降でカウントすれば21ゲームとなります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました