スポンサーリンク

【MLBニュース2019】クリス・セール、7回17KのMLBレコードを達成!BOS投手陣は合計24Kを奪うもCOLに・・・

レッドソックス投手陣が計24K! 

現地2019年5月14日、フェンウェイ・パークで行われたロッキーズ@レッドソックス戦は春先のような寒い気温の中で行われました。

華氏44度、摂氏だと6.66度でネックウォーマーを着用する選手が散見されるほどです。

しかし、ゲーム内容はアツかったですね。とにかく数字がすごかった!

まずはクリス・セールから

クリス・セール、7回以下MLB記録の17K

レッドソックス先発のクリス・セール(Chris Sale)がすごかったです。三振の山を築き、7回で17奪三振というアニメのような記録を残しました。

これは7回以下の投球回数で史上最多の奪三振になります。

1試合最多奪三振は20K

ちなみに1試合の最多奪三振は20K。これは最近ではマックス・シャーザーが2016年に達成しています。過去にはシャーザーを含めて5度達成。レッドソックス時代のロジャー・クレメンスが2回、カブスのケリー・ウッド、ランディー・ジョンソンです。

自己新超え

またクリス・セール自身の記録も15Kから17Kへと塗り替えました。

クリス・セールのこの日の三振ログ

この日のクリス・セールの三振ログはすさまじいです。

Rockies 5, Red Sox 4 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Rockies vs. Red Sox at Fenway Park
  • 1回:K、K、K
  • 2回:K、K、K
  • 3回:2Bゴロ、K、K
  • 4回:3Bゴロ、K、3Bフライ
  • 5回:二塁打、LFライナー、K、K
  • 6回:K、K、K
  • 7回:シングル、2ランHR、K、K、K

クリス・セールは7回、108球、被安打3、失点2、BB0、SO17!

BOS投手陣が24奪三振!!

すごかったのはクリス・セールだけではありません。レッドソックス投手陣がすさまじかったです。特にマット・バーンズが2回パーフェクトリリーフで5K!

全員でなんと24奪三振。

もっとも、この日は延長11回まで行ったので、このような数字となっています。三振が27個近辺だとドキッとしますね。

  • クリス・セール:7回、17K、2失点
  • ブランドン・ワークマン:1回、2K、2失点
  • マット・バーンズ:2回、5K、しかも被安打0!
  • ライアン・ブレイジャー:1回、0K、被安打1、失点1

実はロッキーズ投手陣も計10奪三振

よかったのはレッドソックス投手陣だけではありません。ロッキーズ投手陣も先発のカイル・フリーランドの6回7奪三振に加え、リリーバー陣も3奪三振。

ロッキーズ投手陣も10奪三振を記録していたのでした。

双方併せて34奪三振!!! 

しかし、ゲームはロッキーズが勝利

しかし、肝心の勝敗は5−4のスコアでロッキーズが勝利。

レッドソックスは2回裏にマイケル・チャビスの今季7号(もう7号!)のHRで先制。3回裏にはJ.D.マルチネス、ラファエル・デバースにもHRが出て3−0とリード。

しかし、ロッキーズは7回表にノーラン・アレナドの2ランHRで2−3と1点差に。クリス・セールは1点リードでマウンドを降りました。

8回表、ロッキーズはチャーリー・ブラックモンの2ランHRが出て4−3と勝ち越しに成功。ロッキーズは効率がよかったです。

8回裏、レッドソックスはミッチ・モアランドのタイムリーで4−4の同点に。

延長11回表、ロッキーズはマーク・レイノルズの勝ち越しタイムリーで5−4と逆転に成功。これが決勝点となりました。

奪三振が多いと案外こういう結果に陥ってしまうのも野球ですね。

それにしてもすごいゲームでした。

レッドソックスはこのゲームを終えて22勝20敗で3位。2位ヤンキースがオリオールズとのゲームを雨で流したので勝っておきたかったと思うのは、これだけの内容を見せられては贅沢な言い分かもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
タイトルとURLをコピーしました