スポンサーリンク

【MLB2019】田中投手、首位争いのレイズ相手に、エンカーナシオンのデビュー戦がかすむ被安打2のシャットアウト勝利!

5番DH エドウィン・エンカーナシオン

まず、エンカーナシオンの話題です。

現地2019年6月17日、エドウィン・エンカーナシオン(Edwin Encarnación)がヤンキース・デビューを果たしました!!

ドレス・コードがあるので、あごひげをきれいにシェイブしてます。

ご覧の通りの風貌に。

ジャンカルロ・スタントンはGame2から

エンカーナシオンは5番DHでの出場で、D.J.ルメイユが3B、グレイバー・トーレスが2B、RFはキャメロン・メイビンという布陣でした。

アーロン・ブーン監督はジャンカルロ・スタントンを現地2019年6月18日(火曜)のGame2から復帰させる予定です。

ロスターを空けるのはマイク・トーチマンで、トリプルAにアサインされます。

AL東地区首位攻防戦

このゲームはア・リーグ東地区首位攻防戦です。ゲーム開始前までのスタンディングの状況はこちらです。

【ALイースト】現地平成31年6月16日現在(ゲーム開始前)

  1. ヤンキース:43−27
  2. レイズ:43−28
  3. レッドソックス: 39-34
  4. ブルージェイズ:26-45
  5. オリオールズ:21−50

レイズとは日替わりで首位を争っている状況です。

好調チリノスvs 田中投手

現地2019年6月17日のGame1はレイズがヨニー・チリノス、ヤンキースが田中投手というスタート。

ヨニー・チリノスは過去4戦は先発での登板。それまではオープナーの2番手としてロングリリーフを担当していましたが、今は安定感からローテーションの一角へと成長。ここまで7勝2敗、ERA 2.88。

一方の田中投手は過去7戦は安定して6イニング以上を投げているものの、今季は連勝がなく、ここまで4勝5敗、ERA3.58。

スプリットの調子があまりよくないんですね。

前回のメッツ戦では勝利投手になりましたが、連勝なるかというところでした。

田中投手、2ヒット、シャットアウト10K!

今日の田中投手はすごかったですね。

レイズ打線を相手に被安打2、奪三振10の完封勝利を上げました。

スプリットがいい高さから落ちていましたね。

ゲイリー・サンチェス、前半にスプリッターで印象づけ

良かったのは田中投手のボールだけではありません。捕手のゲイリー・サンチェスのリードも巧みだったと思います。

序盤3回はウィニングショットに徹底してスプリッターを要求。これがハマりましたね。レイズ打線にばっちりと印象づけました。

そして中盤からはスプリットと見せかけてウィニングショットにスライダーも混ぜて裏をかくという巧みな配球。

終盤、レイズは2ストライクに追い込まれるのを嫌がって早めに勝負に出ましたが、そこに魔球のように動くスライダーで対応して凡打の山という配球。

ゲイリー・サンチェスの配球もしびれました。

エンカーナシオンのデビュー戦

注目のエドウィン・エンカーナシオンですが、背番号が30になりましたね。

1打席目のスタンディング・オベーションのシーンです。

この日のエンカーナシオンは4打数0安打。三振、SSライナー、SSゴロ、RFフライという結果でした。

キャメロン・メイビンに火がつく

ヤンキース打線は3回にD.J.ルメイユの2ランホームランで2点を先制。5回にはキャメロン・メイビンがソロショットを放ち、3−0。

この日の田中投手には十分な援護点でした。

18日にはジャンカルロ・スタントンが戻り、アーロン・ジャッジも今週復帰予定のヤンキース。本来の外野手が揃います。

ブレッド・ガードナーでさえあぶれてしまう状況です。

外野がけが人だらけで空白地帯を埋めるため移籍してきたキャメロン・メイビンはこれからかなり危うい立場になります。今日は3の3で、HR付き。

なんとかサバイブしたいところですね。

ヤンキースはこのまま3−0で逃げ切り、大事な首位攻防戦Game1を制しました。

Rays 0, Yankees 3 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Rays vs. Yankees at Yankee Stadium

これでア・リーグ東地区はヤンキースが一歩リードという状況です。

  1. ヤンキース:44−27
  2. レイズ:43−29

今回のエンカーナシオンの獲得で今夏のヤンキースのトレードデッドラインは外野手を出しそうですね。かなりの高い確率で投手を獲得するはずで、誰を出すのか、注目ですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました