【MLB2012】ジャイアンツのマット・ケインがパーフェクト・ゲームを達成

ScreenHunter_01 Jun. 14 17.39

こんにちは(^^)

今日はシーズン10勝のランス・リンとR・A・ディッキーのねたを書こうと思っていたのですが、思いもかけず、ビッグ・ニュースが入ってきました!

現地2012年6月13日、サンフランシスコ・ジャイアンツのマット・ケインMatt Cain)がヒューストン・アストロズ相手に完全試合を達成!

MLBでは今シーズン、4月21日ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーがマリナーズ相手に完全試合を達成したのに次いで、2度目です。

マット・ケインは、MLB史上通算22人目の完全試合達成者となりました。

マット・ケインの略歴

マット・ケインは、アラバマ州生まれの27才(1984年10月1日生)。2002年ドラフトでSFGから1巡目の指名を受けて入団しました(全体25位)。

最速98マイル(157.7キロ)とカーブ、スライダー、チェンジアップを駆使する「三振の取れる」速球派です。

ただ、若い頃は制球に難があり、通算の四球は、1412.1イニングを投げて、489個(四球だけです。デッドボールと敬遠四球は入れていません)。 打者を出塁させるかどうかの指標となるWHIPは、1.17と実力の割には、エースの基準である1.0を上回っています。

実は、過去2007と2008の2シーズンほど、ケインが登板すると、打線の援護がないという、かわいそうなジンクスが続き、この2シーズンは、内容は悪くなかったものの、7勝16敗、8勝14敗と大きく負け越しています。

それでも打線を気遣う発言をするところが、結構ファンの心を掴んだりするところでもあります。

メジャー通算

Game

IP

Win

Lose

ERA

Hits

217

1,412.1

77

75

3.28

1,167

HR

BB

IBB

SO

WHIP

37

489

30

1,181

1.17

2012年6月13日現在

今日のケインの投球

今シーズン、安定した投球を披露していたケイン。このゲームまでに7勝2敗と、まだまだハーラーのトップを狙えるくらいの好成績を上げていました。

今日のケインは、最速94マイルのファストボールと、80マイル後半のスライダーとチェンジアップをミックスして、相手に的を絞らせませんでした。

125球の熱投。14奪三振というのが光ります。

完全試合のウラに好プレーあり

完全試合やノーヒット・ノーランの達成には、必ずと言っていいほど、好プレーが存在します。

今日もありましたよ!!終盤7回表、アストロズ先頭のシェーファー(Schafer)の右中間への大きな打球をライトのブランコBlanco)がスーパーキャッチ!記録達成に大いに貢献しました!!

現地時間:2012年4月21日、マリナーズ VS ホワイトソックス戦(セーフコ・フィールド)にて、ホワイトソックスの右腕フィリップ・...

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク