スポンサーリンク

【MLB 2021】インディアンス、トリストン・マッケンジーがニア・パーフェクト

惜しい!8回2アウト、あとアウト4つ

 現地2021年8月15日、約1年ぶりに取り上げることになりましたが、クリーブランド・インディアンスのトリストン・マッケンジー(Triston McKenzie)がコメリカ・パークで行われたデトロイト・タイガース戦で素晴らしいピッチングを披露。

 8回裏2アウトまで、打者23人をパーフェクトに抑える投球を披露。あとアウト4つというところだったのですが、ハロルド・カストロにRF前に運ばれ、パーフェクト・ゲームとノーヒットノーランが潰えました。

 実に惜しい!

もしパーフェクトならキング・フェリックス以来だった

 現地2021年8月14日、Dバックスのタイラー・ギルバートがメジャーリーグ初先発でノーヒットノーランを達成しました。これは今季8度目のノーヒットノーランで、現時点で1シーズン最多タイの達成回数。なお、過去8度の達成は1884年のことで、1900年以降では過去7度が最多でしたから、近代ベースボール史においてはもはや最多レコードを更新したと言っても良さそうです。

 このようにノーヒットノーランは毎年のように達成され、少なくとも複数回の達成が見られます。

 しかし、パーフェクト・ゲームとなると2012年8月15日にキング・フェリックスこと、フェリックス・ヘルナンデスが、レイズ相手に達成して以来ずっとご無沙汰です。

Tampa Bay Rays vs Seattle Mariners Box Score: August 15, 2012 | Baseball-Reference.com
Seattle Mariners beat Tampa Bay Rays (1-0). Aug 15, 2012, Attendance: ...

 この日はちょうど9年前に当たり、何やら因縁めいたものもあり、達成なるか!?というところでしたが、タイガースが意地を見せました。

94mph以上の威力

 この日のトリストン・マッケンジーはファストボールはやはりHigh-90mphという数字には到達せず、90-94mphというところ。

 しかし、この投手のファストボールは角度もあり、数字以上の威力を感じさせます。ミゲル・カブレラを2度三振に仕留めましたが、明らかに4シームにタイミングが遅れていました。

カーブ、スライダーがキレキレ

 トリストン・マッケンジーには2つの強力な変化球があり、1つはハード・ブレイキングとも称されるほどの大きなカーブ。

 そしてもう一つがスライダー。これは日本流で言えば、縦に落ちる高速スライダー。

 スピードが遅めなのがカーブ。左打者の膝下に急激に落とすのが、スライダーです。

 カーブでカウントを取り、スライダーで仕留めるというのが基本パターンかと思いますが、この日は捕手のオースティン・ヘッジス(元パドレスですね)が、裏をかくようにウィニングショットにカーブを持ってきて、さらにタイミングを崩させて仕留めるというシーンも多く見られました。

危なかった2つのシーン

 初回からリズムよく3人で斬って行ったトリストン・マッケンジーは3回裏には三者三振に仕留めるなど、さらに勢いに乗っていきました。危なげないシーンがなかったです。

 記録が途絶えたか?!というシーンはさすがにあって、それが6回裏、2アウトでビクター・レイエスの打席。2ボール1ストライクのカウントからファウルで4球粘られたのですが、スライダーを逆方向におっつけられ、あわや二塁打かという打球を打たれました。しかし、ファウルに。最後はカーブで空振り三振に仕留めました。

 さらに8回裏、先頭のハイメア・カンデラリオ(Jeimer Candelario)に1-1カウントからの4シームをRF線に運ばれましたが、これもファウルに。ほとんどフェアのような当たり。カンデラリオはキャッチャーフライに仕留めました。

記録が途絶えた後、スタンディング・オベーション

 8回2アウトでハロルド・カストロにRF前に運ばれ、パーフェクト・ゲームが途絶えたのですが、その瞬間、敵地デトロイトのファンが敬意を表するようにトリストン・マッケンジーに向かってスタンディング・オベーション。これはいいシーンでした。

 もうタイガースが0-11でボロ負けしていたというのもあったと思うのですが、なにより相手を称賛というところがいいなと思いました。

 8回の残り1アウトをウィリー・カストロから三振を奪ったトリストン・マッケンジー。球数は106球に達したため、9回はエマニュエル・クラセに任せました。

 インディアンスが11-0でタイガースに勝利しました(Game Score)。

また痩せた!?

 トリストン・マッケンジーのプロフィール詳細は下記のリンクに。当該記事にも書かせていただいていますが、とにかく細いトリストン・マッケンジー。クリス・セールより細いです。

 2020年にデビューした時よりもさらに痩せているように見えます。もうお尻の筋肉などないように見えます。

新生:ガーディアンズのローテの柱に

 今季最初の登板はリリーフとしてスタートしたトリストン・マッケンジーでしたが、それ以降はずっと先発。ただ、5月などは投げては大量失点が続き、6月には一旦トリプルAにオプション、MLBへリコールというのが続きました。

 ただ、7月も登板しては失点が続き、8月に入りようやく落ち着いてきたところです。

 この日の登板前まではERAは5.66だったのですが、さすがにこの無失点投球でERAは5.12に下がりました。また、この日の勝利でようやく2勝目。怪我がなければあと7回から8回は登板があると思うので、来季からスタートする新生ガーディアンズのローテの柱としていい実績をつけてもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
【MLB2024】ホセ・イグレシアスが新曲 ”OMG” を披露!合流後のメッツは抜群の強さ!
タイトルとURLをコピーしました