スポンサーリンク

【MLB2021FA】ブレーブスがナイスな補強!SO/9率 MLB NO.1のドリュー・スマイリーと1年11Mドルで合意

カーブが素晴らしい投手

 現地2020年11月16日、ブレーブスがいい補強を行いました!レッドソックスは獲得に走って良かったのではないか!?と思えるほどのいいディールです。

 ジャイアンツからFAとなっていたドリュー・スマイリー(Drew Smyly)と合意しました。

契約内容

 ドリュー・スマイリーとブレーブスは以下の内容で合意。

  • 1年/$11M(2021)

 現地2020年11月17日時点ではオプションやバイアウトなどの詳細情報は入っておらず、ひょっとしたら、単年の契約のみかもしれませんが、分かり次第追記します。

ドリュー・スマイリーの良さ

 まず、ドリュー・スマイリーの詳細は下記の2019シーズンのフィリーズデビューの時の記事をご参照ください。

 簡単に書かせていただくと、カーブを絶賛された投手です。

  フィリーズに入る前、ドリュー・スマイリーは複数のクラブから短期間でディールされてしまうという厳しい時期を過ごしましたが、それは2017年夏にトミー・ジョンを受けてしまったことから。これにより2017年後半と2018年のフルシーズン、マウンドから遠ざかってしまったことから、そのような契約になってしまいました。

 しかし、回復した2019年にフィリーズがサイン。上記の記事のようにカーブが大絶賛されました。

2020年、K/9 rateはMLB NO.1

 2019シーズン、レンジャーズとフィリーズで25試合、21先発で114.0イニングを投じ、術後初のフルシーズンを経験したドリュー・スマイリーは4勝7敗、ERA 6.24と数字こそついてこなかったもののしっかりとした手応えを掴みました。

 2020年はFAでジャイアンツと1年$4Mでサイン。プロレーティッド(日割り)で、約$1.48Mのサラリー。

 成績は7試合、5先発、26.1イニングで0勝1敗、ERA 3.42。この数字も大した成績ではありません。しかし、注目すべきはその奪三振率の高さ。

 26.1イニングで42奪三振。SO 9では14.4を記録。これはMLB NO.1の数字です。

球種とベロシティー

 2020年、ドリュー・スマイリーが投じたのは4シーム、カーブ、カット。チェンジアップも投げますが、2020年は少なかったです。

 4シームはアベレージで93.8mph、カットボールは89.3mph、そしてカーブが80.0mph。比率は、4シームが45.5%、カーブが36.5%、カットボールが17.8%。

 相手打線を完全に封じるタイプではありませんが、先発ローテーションとしてかなり期待できる投手です。

ブレーブス、盤石なスターター

 現時点でブレーブスのスターターはかなり盤石です。下記の中にはブルペンを担う投手もいますが、そのローテーション枠を争う立場の投手も入れれば、その数たるや、すごい面々です。ここにドリュー・スマイリーが入ることはさらなるプラス。

  • マックス・フリード(L)
  • マイク・ソロカ ※2020年アキレス腱断裂もリハビリ中
  • イアン・アンダーソン
  • ドリュー・スマイリー(L)
  • カイル・ライト
  • AJ・ミンター(L)
  • ブライス・ウィルソン
  • トゥーキー・トゥーサン
  • ワスカル・イノア
  • ショーン・ニューカム(L)

 2020年のポストシーズンではイアン・アンダーソンが大活躍しましたが、A.J.ミンター、カイル・ライトも大いに機能したことは彼ら本人にも大きな自信になったことでしょう。

 マーク・マランソン、シェーン・グリーン、ダレン・オデイ、ジョシュ・トムリンなどブルペンのベテラン達がこぞってFAとなり、彼らとの再契約も含めたゲーム後半のプランも再構築する必要がありますが、若手のローテーション候補がこれだけひしめいていれば、プランを寝るのもかなり楽ですね。

 ドリュー・スマイリーの2021年にも期待していいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました