スポンサーリンク

【MLB2022】クレイトン・カーショウ、パーフェクト・ゲームを逃すも、8回1ヒッターでエンゼルスに勝利

カーショウ、7回までパーフェクト継続も・・・

 オールスター・ブレイクに向けた最後のシリーズです。ドジャースはエンゼルスとのハイウェイ・シリーズ2連戦で前半は終了。

 現地2022年7月15日はそのGame1が行われ、ドジャース先発のクレイトン・カーショウが素晴らしい投球を見せました。7回までパーフェクトを継続。迎えた8回裏に先頭のルイス・レンヒーフォにLF線に二塁打を打たれ、惜しくも大記録ならずも、8回を投げきり、1ヒッター、スコアレスの素晴らしい投球を見せました。

MAX92.1mphで完璧な投球

 クレイトン・カーショウと言えば大きなカーブが特徴的ですが、この日はイニングを増すごとにカーブのキレが増して行ったように思いました。ゲーム序盤は74mphほどで、それでもすごいブレーキでしたが、最終イニングとなった8回裏には72.5mphまで落しました。すごすぎます。

 すでに飛び抜けたベロシティーをマークしないカーショウはこの遅いカーブを効果的に活用。この日のMAXは92.1mphです。そして4シームのほとんどが91-92mphの間です。

 投手はコントロールが命とはよく言いますが、カーショウの投球を見るとそのように思います。86−87mphほどのスライダーの精度も良かったですね。

 カーショウは8イニングを投げきりましたが、球数はたった89球!被安打1、スコアレス、無四球、奪三振6というほぼ完璧な投球内容でした。

 エンゼルスはこの日もトラウトが欠場。大谷選手が2番DHに入りましたが、その大谷選手も三振→3Bゴロ→三振→3Bゴロと苦戦しました。このすごい投球を打席で体験し、次回の登板に何か良いインスピレーションが得たかもしれません。

カーショウの7回までパーフェクトは今季2度め 

 クレイトン・カーショウは今季初登板となった現地2022年4月13日のツインズ戦で7回パーフェクトをマーク。この時は、スプリングトレーニングが短かったため、無理をさせずということでデーブ・ロバーツ監督がパーフェクトのまま降板させました。

 今季の契約時は長年の貢献からドジャースが拾ったというような印象を持ったものでしたが、いざシーズンが始まるとここまで7勝2敗、ERA 2.13とここ数年で一番いいシーズンを過ごしています。2019年に16勝5敗をマークしましたが、今季はこれに近い数字をマークしそうな勢いです。

 ちなみにカーショウのシーズン勝利数のキャリアハイは、2011年と2014年の21勝です。2011年は21勝5敗、2014年は21勝3敗です。

メジャーリーグ、20年もパーフェクト・ゲームは無し

 カーショウの非常に素晴らしい投球で久々のパーフェクト・ゲームが見えてきました。

 前回のパーフェクト・ゲームはいつだったかというと、2012年8月15日にマリナーズのフェリックス・ヘルナンデスがレイズ戦で達成したのが最後。

 2021シーズンはノーヒット・ノーランの最高記録が出ましたが、パーフェクトは20年も遠ざかっております。 

 ちなみに2012年はジャイアンツのマット・ケインも6月13日のアストロズ戦で達成。さらに、ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーも4月21日のマリナーズ戦でマークしており、1シーズンで3度もパーフェクトゲーム達成者が出ました。

 この日のドジャース打線ですが、初回にフレディー・フリーマンのタイムリーなどで2点を先制。カーショウを楽にしてあげました。5回にはハンサー・アルバートの2点トリプルで追加点。6回にはウィル・スミスのタイムリー二塁打などで4点を追加。8回にもジャスティン・ターナーにタイムリーが出て、立ち上がり、中盤、終盤とエンゼルスにスキを与えることなく加点。

 エンゼルスは9回裏に2番手のレイエス・モロンタからブランドン・マーシュがソロHRを放ちましたが、2安打しか放てませんでした。スコアはドジャースが9-1で勝利しました。

 それにしても、エンゼルスは大谷投手登板日以外、勝てませんね。

 現地2022年7月16日は前半戦最後のゲームになります。いいゲームを期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました