スポンサーリンク

【MLB2022】クレイトン・カーショウ、パーフェクト・ゲームを逃すも、8回1ヒッターでエンゼルスに勝利

カーショウ、7回までパーフェクト継続も・・・

 オールスター・ブレイクに向けた最後のシリーズです。ドジャースはエンゼルスとのハイウェイ・シリーズ2連戦で前半は終了。

 現地2022年7月15日はそのGame1が行われ、ドジャース先発のクレイトン・カーショウが素晴らしい投球を見せました。7回までパーフェクトを継続。迎えた8回裏に先頭のルイス・レンヒーフォにLF線に二塁打を打たれ、惜しくも大記録ならずも、8回を投げきり、1ヒッター、スコアレスの素晴らしい投球を見せました。

MAX92.1mphで完璧な投球

 クレイトン・カーショウと言えば大きなカーブが特徴的ですが、この日はイニングを増すごとにカーブのキレが増して行ったように思いました。ゲーム序盤は74mphほどで、それでもすごいブレーキでしたが、最終イニングとなった8回裏には72.5mphまで落しました。すごすぎます。

 すでに飛び抜けたベロシティーをマークしないカーショウはこの遅いカーブを効果的に活用。この日のMAXは92.1mphです。そして4シームのほとんどが91-92mphの間です。

 投手はコントロールが命とはよく言いますが、カーショウの投球を見るとそのように思います。86−87mphほどのスライダーの精度も良かったですね。

 カーショウは8イニングを投げきりましたが、球数はたった89球!被安打1、スコアレス、無四球、奪三振6というほぼ完璧な投球内容でした。

 エンゼルスはこの日もトラウトが欠場。大谷選手が2番DHに入りましたが、その大谷選手も三振→3Bゴロ→三振→3Bゴロと苦戦しました。このすごい投球を打席で体験し、次回の登板に何か良いインスピレーションが得たかもしれません。

カーショウの7回までパーフェクトは今季2度め 

 クレイトン・カーショウは今季初登板となった現地2022年4月13日のツインズ戦で7回パーフェクトをマーク。この時は、スプリングトレーニングが短かったため、無理をさせずということでデーブ・ロバーツ監督がパーフェクトのまま降板させました。

 今季の契約時は長年の貢献からドジャースが拾ったというような印象を持ったものでしたが、いざシーズンが始まるとここまで7勝2敗、ERA 2.13とここ数年で一番いいシーズンを過ごしています。2019年に16勝5敗をマークしましたが、今季はこれに近い数字をマークしそうな勢いです。

 ちなみにカーショウのシーズン勝利数のキャリアハイは、2011年と2014年の21勝です。2011年は21勝5敗、2014年は21勝3敗です。

メジャーリーグ、20年もパーフェクト・ゲームは無し

 カーショウの非常に素晴らしい投球で久々のパーフェクト・ゲームが見えてきました。

 前回のパーフェクト・ゲームはいつだったかというと、2012年8月15日にマリナーズのフェリックス・ヘルナンデスがレイズ戦で達成したのが最後。

 2021シーズンはノーヒット・ノーランの最高記録が出ましたが、パーフェクトは20年も遠ざかっております。 

 ちなみに2012年はジャイアンツのマット・ケインも6月13日のアストロズ戦で達成。さらに、ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーも4月21日のマリナーズ戦でマークしており、1シーズンで3度もパーフェクトゲーム達成者が出ました。

 この日のドジャース打線ですが、初回にフレディー・フリーマンのタイムリーなどで2点を先制。カーショウを楽にしてあげました。5回にはハンサー・アルバートの2点トリプルで追加点。6回にはウィル・スミスのタイムリー二塁打などで4点を追加。8回にもジャスティン・ターナーにタイムリーが出て、立ち上がり、中盤、終盤とエンゼルスにスキを与えることなく加点。

 エンゼルスは9回裏に2番手のレイエス・モロンタからブランドン・マーシュがソロHRを放ちましたが、2安打しか放てませんでした。スコアはドジャースが9-1で勝利しました。

 それにしても、エンゼルスは大谷投手登板日以外、勝てませんね。

 現地2022年7月16日は前半戦最後のゲームになります。いいゲームを期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました