スポンサーリンク

【MLB2021FA】”キング”・フェリックスがボルチモア・オリオールズとマイナー契約!(追記あり)

”キング” フェリックスのディールが決定

 現地2021年2月3日、嬉しいニュースが入ってきましたね。

 現地2019年9月26日の登板を最後にメジャーのマウンドから遠ざかっていたフェリックス・ヘルナンデス(Félix Hernández)のディールが決定しました。

 ボルチモア・オリオールズと正式にサインしました。マイナー契約ではありますが、フェリックス・ヘルナンデスがまたメジャーのマウンドに上がる機会をつくる重要なファーストステップですから、まずは所属先が決まって、ファンとしてもホッとしています。

メジャー復帰でM!

 フェリックス・ヘルナンデスとオリオールズの契約はあくまでマイナー契約です。しかし、メジャーのマウンドに上がれば、2021年のサラリーは$1Mになるという契約で合意しています。

 マイナーディールであってもメジャーでの実績のある選手が契約する場合、このようなメジャー最低年俸以外の数字になることがよくあります。

2020年はATLとマイナー契約もオプトアウト

 マリナーズ退団後の2020年のフェリックス・ヘルナンデスはブレーブスとマイナー契約を結んでいました。サインの内容は今回と同じでメジャーに上がれば$1M というもの。

 しかし、2020シーズンのフェリックス・ヘルナンデスはメジャーのマウンドに立つことはありませんでした。COVID-19 の健康懸念を理由にオプトアウトを選択したからです。

2020年のスプリングトレーニングはよかった! 

 COVID-19 によるスプリングトレーニングのゲームが中止になったのは2020年3月12日。

 実は、そのシャットダウン前のスプリングトレーニングでフェリックスは4試合に登板。いずれもスタートを任されました。

 2020年2月22のオリオールズ戦では2イニングでヒットレス、1BB。2月27日のカージナルス戦では、2.2イニングで被安打3、失点1、0 BB。

 3月3日のレイズ戦からイニングも増え、4イニングで被安打4、失点1、2BB。3月9日のレッドソックス戦では5イニングで被安打6、失点1、2BBをマーク。

 色々なことを試しながら投げるスプリングトレーニングで十分に結果を残し、3月下旬に向けてイニング数も増えていき、とてもよいペースでチューンナップができていたのです。

 よって、2020シーズンがショートシーズンになり、尚且つCOVID-19 が拡大してしまったことは非常に残念でした。サントラスト・パークでホーム用の白のジャージで登板する姿も見られていたかもしれなかったのです。

2020年のオプトアウトで肩肘のケアが出来たなら

 2020年に勇姿は見られませんでしたが、その代わりに、1年間の全休により、肩肘のオーバーホールが出来ていたら、良いなと思います。

 フェリックス・ヘルナンデスのそれまでのキャリアは、もう完全に勤続疲労という状態。2019年までのメジャー15シーズンで200イニング以上が8シーズン。190イニング台が2シーズン、150イニング台が2シーズン。

 最高はサイ・ヤング賞を獲得した2010シーズンで、34先発で249.2イニング。

 上記のブレーブス移籍決定時の記事に書かせていただいた通り、ファストボールのベロシティーはメジャー5シーズン目の2009年と2019年を比較すると、2009年には94.8-96.5mphあったものが、2019年には91-91.7mphまで落ちました。

 これは加齢による衰えというよりは投げすぎによる筋力のダウンが原因かと思われます。

 よって、この1年のレストで筋力がケアされていれば良いなと思う次第です。

オリオールズでチャンスを

 オリオールズはレフティーのジョン・ミーンズを中心にローテーションを回すでしょうから、右腕のフェリックスが入るチャンスは十分にあります。

 とにかく、このスプリングトレーニングで強いボールが復活するのを期待するばかりです。それにより武器のチェンジアップがますます活きて来ると思われます。

 活躍に期待したいと思います。

 フェリックス・ヘルナンデスは通算169勝136敗、ERAは3.42。サイ・ヤング賞1度、オールスター出場6度、最多勝1度(2009: 19勝)。また、パーフェクト・ゲーム達成は1度(2012年8月15日)など、輝かしい実績があります。

追記(現地2021/03/29):フェリックス、FAへ

 開幕ロスターからは漏れてしまう様相だったキング・フェリックスですが、現地2021年3月29日、残念ながらメジャーに残れないことが決定した模様です。キングはマイナー契約をオプトアウトし(=拒否)、FAとなりました。

 今スプリングトレーニングではERA 7.94で、3月16日以来、登板がありませんでした。ラフ・スタートとなったのは、どうやら肘痛も抱えていたという要因もあったようです。

 コンディション、年齢、それらを考えた場合、キングも決断するかもしれません。

 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました