スポンサーリンク

【NLDS 2020】ブレーブス、ドジャースがNLCS進出に王手!

地区優勝のクラブがそれぞれ王手

 現地2020年10月7日、NLDSの2試合はブレーブス、ドジャースが2連勝で、3戦先勝の地区シリーズ突破へ王手をかけました。

ブレーブス、Game1は終盤に逆転

 マーリンズ@ブレーブス戦は、ミニッツメイド・パークでの対戦。ブレーブスはGame1では6回を終了し、3−4で1点差ビハインドの状況でしたが、7回に先発のサンディー・アルカンタラを捉え、トラビス・ダーノーの3ランHRで一気に逆転に成功。このイニングで6点を奪い、ゲームを決めました。

 1回に先頭打者HRを放ったロナルド・アクーニャ・ジュニアが3回の第2打席で死球を受け、騒然とした場面がありました。どうやらアルカンタラはアクーニャのバットフリップが気に入らなかった模様。

 ただ、この不毛な死球をきっかけにマイアミは2点を奪われ、4−3と1点差にまで詰め寄られました。終盤でこの点差が効いたため、もったいないことをしたものだと思います。

ブレーブス、マイアミのキーマンから連勝

 そして迎えたGame2。マイアミの先発はパブロ・ロペス。レギュラーシーズンは6勝4敗、ERA 3.61。このパブロ・ロペスで勝てるかどうかがマイアミがNLDSを突破する鍵だと思っていたのですが、そこに立ちはだかったのが、ブレーブスのルーキー、イアン・アンダーソンでした。

パブロ・ロペスも好投

 そのパブロ・ロペスですが、やはりいいピッチングを見せました。5回を投げてブレーブス打線を被安打3、失点2、与四球0、奪三振7。被本塁打が2本ありましたが、それを含めてもブレーブス打線をしっかりと抑えたところはさすがでした。

イアン・アンダーソン

 ブレーブス先発のイアン・アンダーソンはさらによかったです。6回途中、被安打3、無失点、BB1、SO が8。

 これではマイアミ打線も仕事ができませんね。

 ブレーブス投手陣は、ダレン・オデイ、タイラー・マツェック、ウィル・スミス、マーク・マランソンの4人でパーフェクト・リレーを見せました。もうマイアミにつけいるスキはありませんでした。

 結局、2−0でブレーブスがシャットアウト勝利。

 NLCSに向け、王手をかけました。強いです。

 ではもう一つのカードも見てみたいと思います。

ドジャースが連勝!NLCSへ王手

 Game1で前半は無安打で苦労しつつも、後半にちゃっかり逆転したドジャース。

 この日も西地区のライバル同士、火花が散るゲームとなりました。

さすがのカーショウ

 ザック・デイビーズとクレイトン・カーショウの投げあいで始まったこのゲームは、パドレスが2回表にウィル・マイヤーズのタイムリー2塁打で1点を先制。

 しかし、カーショウはその後、しっかりとゲームメイク。5回まで追加点を許しませんでした。

 6回表、パドレスはマニー・マチャードとエリック・ホズマーの2者連続HRで2点を奪い、スコアを3−4とし、1点差まで詰め寄ります。

 カーショウは6回を投げきって降板。被安打6、失点3でした。

ベリンジャーが美技

 7回表、パドレスは2アウトから死球でランナーを出し、チャンスメイク。ここでバッターはフェルナンド・タティス・ジュニア。パドレスは追いつくチャンスです。そしてタティス・ジュニアの当たりはCF後方へHR性の打球。これで2ランHRでパドレスが逆転かと思ったその時、CFのコディー・ベリンジャーがホームランの打球をリーピングキャッチ。見事に2点を防ぎました。まさにDRS(Defensive Runs Saved)を目の当たりにしたシーンでした。

 これで流れをつかんだドジャースは7回裏に犠牲フライなどで2点を追加したドジャースは、逃げ切り体制に。スコアは6−3でドジャースがリード。

 ドジャースは9回からケンリー・ジャンセンが登板。復調したジャンセンでしたが、1アウト後に連打を許し、なんと2失点。スコアは6−5と1点差に。

デーブ・ロバーツ監督、ナイス判断

 投手交代があまりうまくないデーブ・ロバーツ監督でしたが、この日は手遅れになる前に動きました。ジャンセンに代えて、ジョー・ケリーを起用。

 ジョー・ケリーは代わりばな、2連続四球で2アウト満塁に。パドレスが押せ押せになりましたが、最後はエリック・ホズマーを打ち取りゲームセット。なんとか6−5で逃げ切ったのでした。

 ジョー・ケリーはエリック・ホズマーにはナックル・カーブしか投じませんでした。

 それにしてもジョー・ケリーはヒヤヒヤさせますね。どうでもいいことですが、ベリンジャー、パーマをかけましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
【MLB 2023 FA】信頼のコンタクト・ヒッター、ジーン・セグラはマーリンズに決定! 2年/17Mドル保証
タイトルとURLをコピーしました