スポンサーリンク

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン

アキーノ、2019年のパワーを発揮できるか!?

 日本時間2022年11月28日、メジャーで一世を風靡したスラッガーのNPB入りが決まりました。

 レッズのOF、アリスティデス・アキーノ(Aristides Aquino)がNPBの中日ドラゴンズとサインしました。

契約内容

 中日ドラゴンズとアキーノは、1年/$1.2Mでサイン。これに$0.3Mのインセンティブが加わります。フルに受領すれば、$1.5Mで140円/USD換算で2億超えということになります。

センセーショナルだった2019年

 アリスティデス・アキーノは1994年4月22日生まれの28才。2023年シーズン途中で29才になるOFです。右投げ右打ち。

 ドミニカ共和国出身で2011年(17才の時)にアマチュアFAとしてレッズとサイン。2018年にMLBデビュー。2018年は1打席のみの出場で三振に倒れたのみ。

 毎年オフの間にはドミニカのウィンターリーグに参加していました。

 2019年はトリプルAで開幕を迎え、7月30日まで計78試合に出場。294打数88安打、打率.299、OBP .356、SLG .636、HR 28、ダブル 13、RBI 53をマークしていました。

 2019年8月1日にメジャーに昇格。このシーズンのアキーノの活躍は非常にセンセーショナルで、デビュー10試合(2018年の1試合も含む)で7HRをマーク!これは現レッドソックスのトレバー・ストーリーが2016年のロッキーズでのルーキー時代の記録と並びました。

 このシーズンはたったの2ヶ月で19HRを放つというすごいことをやってのけた逸材だったのです。

 なお、2019シーズンは56試合で、205打数53安打、打率.259、OBP .316、SLG .576で、OPSは.891。HR 19、RBI 47、BB 16、SO 60。

かっこよかったオープンスタンス

 当時、アキーノが注目されたのはその構え。下記の動画をご覧になっておわかりの通り、超オープンスタンスだったのです。

 それまでのアキーノは普通にスクエアのスタンス。ところが、この極端なオープンスタンスにして打撃が一気に開眼。上述のような数字を叩き出したのでした。

 そして下記は2022年9月の打撃。オープンスタンスではあるのですが、2019年とはやはり違いますね。

2020以降は打率1割台 

 そのセンセーショナルな活躍と裏腹にアキーノは2020シーズンから打率が上がらなくなってしまいました。

 前年のオープンスタンスをものにしていなかったのでしょうね。2020年は特殊なシーズンで多くの選手が調整に苦しみ、思うような数字を残せませんでしたが、アキーノもそのうちの一人に。

 2020年は打率.170、OBP .304、SLG .319で、HRは2本。三振は18。

 2021年は174-33、打率.190、OBP .299、SLG .408、HR 10、RBI 23、SO 75。

 2022年は259-51、打率.197、OBP .246、SLG .363、HR 10、RBI 30、SO 101。

 とにかく三振が多いアキーノはMLBでのキャリア通算で、33.5%の三振率。これはリーグ平均が22.8%のところをこの数字ですからいかに高いかがおわかりいただけると思います。ちなみに2021年の三振率は36.8%、2022年は36.6%です。

 2022年にはシーズン途中でDFAに。

 その後、メジャーに復帰はしたものの、下記の記事のように爆発することはありませんでした(一瞬だけよかったのですが)。

 8月にはフィールド・オブ・ドリームスに出場し、RFから素晴らしい返球を見せました。

 しかし、2022シーズンも上述のような結果に終わり、シーズン終了後にはDFAとなり、そのままノンテンダーFAとなり、ドラゴンズとサインしたという流れに。

 アキーノのNPB入りで最高のシナリオは、NPBの質の高い野球に対応するため、ここ2年の打撃を見直し。それをドラゴンズのコーチ陣がサポートし、打撃が開眼。2019シーズンに確実性も備わり、もはや手がつけられない状態になること。

 そして悪い方のシナリオはNPB投手陣のきめ細やかなコントロールについていけず、チャンスで三振を量産・・・ということも。

 どう転ぶかわかりませんが、せっかくのメジャーのHRバッターなので、いいところを見せられれば良いですね。なお、外野守備の強肩は見ものです!!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました