スポンサーリンク

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン

アキーノ、2019年のパワーを発揮できるか!?

 日本時間2022年11月28日、メジャーで一世を風靡したスラッガーのNPB入りが決まりました。

 レッズのOF、アリスティデス・アキーノ(Aristides Aquino)がNPBの中日ドラゴンズとサインしました。

契約内容

 中日ドラゴンズとアキーノは、1年/$1.2Mでサイン。これに$0.3Mのインセンティブが加わります。フルに受領すれば、$1.5Mで140円/USD換算で2億超えということになります。

センセーショナルだった2019年

 アリスティデス・アキーノは1994年4月22日生まれの28才。2023年シーズン途中で29才になるOFです。右投げ右打ち。

 ドミニカ共和国出身で2011年(17才の時)にアマチュアFAとしてレッズとサイン。2018年にMLBデビュー。2018年は1打席のみの出場で三振に倒れたのみ。

 毎年オフの間にはドミニカのウィンターリーグに参加していました。

 2019年はトリプルAで開幕を迎え、7月30日まで計78試合に出場。294打数88安打、打率.299、OBP .356、SLG .636、HR 28、ダブル 13、RBI 53をマークしていました。

 2019年8月1日にメジャーに昇格。このシーズンのアキーノの活躍は非常にセンセーショナルで、デビュー10試合(2018年の1試合も含む)で7HRをマーク!これは現レッドソックスのトレバー・ストーリーが2016年のロッキーズでのルーキー時代の記録と並びました。

 このシーズンはたったの2ヶ月で19HRを放つというすごいことをやってのけた逸材だったのです。

 なお、2019シーズンは56試合で、205打数53安打、打率.259、OBP .316、SLG .576で、OPSは.891。HR 19、RBI 47、BB 16、SO 60。

かっこよかったオープンスタンス

 当時、アキーノが注目されたのはその構え。下記の動画をご覧になっておわかりの通り、超オープンスタンスだったのです。

 それまでのアキーノは普通にスクエアのスタンス。ところが、この極端なオープンスタンスにして打撃が一気に開眼。上述のような数字を叩き出したのでした。

 そして下記は2022年9月の打撃。オープンスタンスではあるのですが、2019年とはやはり違いますね。

2020以降は打率1割台 

 そのセンセーショナルな活躍と裏腹にアキーノは2020シーズンから打率が上がらなくなってしまいました。

 前年のオープンスタンスをものにしていなかったのでしょうね。2020年は特殊なシーズンで多くの選手が調整に苦しみ、思うような数字を残せませんでしたが、アキーノもそのうちの一人に。

 2020年は打率.170、OBP .304、SLG .319で、HRは2本。三振は18。

 2021年は174-33、打率.190、OBP .299、SLG .408、HR 10、RBI 23、SO 75。

 2022年は259-51、打率.197、OBP .246、SLG .363、HR 10、RBI 30、SO 101。

 とにかく三振が多いアキーノはMLBでのキャリア通算で、33.5%の三振率。これはリーグ平均が22.8%のところをこの数字ですからいかに高いかがおわかりいただけると思います。ちなみに2021年の三振率は36.8%、2022年は36.6%です。

 2022年にはシーズン途中でDFAに。

 その後、メジャーに復帰はしたものの、下記の記事のように爆発することはありませんでした(一瞬だけよかったのですが)。

 8月にはフィールド・オブ・ドリームスに出場し、RFから素晴らしい返球を見せました。

 しかし、2022シーズンも上述のような結果に終わり、シーズン終了後にはDFAとなり、そのままノンテンダーFAとなり、ドラゴンズとサインしたという流れに。

 アキーノのNPB入りで最高のシナリオは、NPBの質の高い野球に対応するため、ここ2年の打撃を見直し。それをドラゴンズのコーチ陣がサポートし、打撃が開眼。2019シーズンに確実性も備わり、もはや手がつけられない状態になること。

 そして悪い方のシナリオはNPB投手陣のきめ細やかなコントロールについていけず、チャンスで三振を量産・・・ということも。

 どう転ぶかわかりませんが、せっかくのメジャーのHRバッターなので、いいところを見せられれば良いですね。なお、外野守備の強肩は見ものです!!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました