スポンサーリンク

【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン

アストロズ、1Bにホセ・アブレイユを獲得

 現地2022年11月28日、2022年のワールドシリーズ・チャンプが動きました!

 1Bを探していたヒューストン・アストロズは、同日、シカゴ・ホワイトソックスからFAとなっていたホセ・アブレイユ(José Abreu)と3年契約で合意に至りました。

契約内容

 アストロズとホセ・アブレイユは思っていた以上に大きなディールとなっております。

  • 3年/$58.5M (2023-25)
    • 支払い:$19.5M x 3年

 現時点ではご覧のディールですが、ひょっとしたらパフォーマンス・ボーナスなども入るかもしれません。なお、オプションなどはないと思われます。

2023年1月に36才

 ホセ・アブレイユは2023年1月29日の誕生日で37才になります。今回のディールが予想外の大きさに思えたのは、単年でなく複数年となったからです。

 昨今のFA市場はベテランFAとの契約を避ける傾向にあり、たとえ彼らに実績や信頼があろうとも、高単価のサラリーを避けがちです。単価の安いプロスペクトを起用してサラリーを抑えつつ、あわよくばコンテンダー(首位争い)になろうという傾向があり、なかにはFA前の選手の待遇を厚くするクラブもあります。ゲーム内での貢献度の高い選手に相応の報酬をという点では良い傾向である一方、ベテランの底力を見られる機会が減ることはファンとしても勿体ないという視点もあります。

 その意味で36才のシーズンを迎えるベテラン1Bのホセ・アブレイユに以降3年の縛りを自ら設けることは驚きの視点をもって迎える事態でもあります。この契約のホセ・アブレイユの最終シーズンは38才です。 

クラブハウス・リーダーの評価も 

 アブレイユは、これまでホワイトソックスのみでそのキャリアを築いてきました。2019年オフに初FAとなったホセ・アブレイユはその11月にクオリファイング・オファーを受け入れました。

 ホセ・アブレイユの2019年の成績は、159試合出場で 打率.284、OPB .330、SLG .503、二塁打が38本、33 HR、キャリアハイの123 RBIを達成。RBIはALのタイトルを獲りました。フィールドでのこの活躍もさることながら、高く評価されたのはクラブハウス内でのリーダーシップぶり。それにより、ホワイトソックスはQOを上書きする形で、3年/$50M (2020-22)の契約でサインしたのでした。

 ところが、2022シーズンが終わりに近づくと、ホワイトソックスは契約の更新よりもFAで流出させる選択肢を取るのではないか?と思われる傾向が出てきました。

 事実、アンドリュー・ボーンやエロイ・ヒメネスなど現在はOFを守りつつも、1BあるいはDH候補としての人材が出てきたため。そしてこのオフにFAとなり、この契約に至ったのでした。

FAイヤーに打率.304

 今回の契約がホセ・アブレイユにとって良いものになった要素の1つとして2022年の成績が挙げられます。

 ホセ・アブレイユは2022シーズン、157試合に出場し、打率.304、OBP .78、SLG .446、OPS.824をマーク。安打数は右打者ながら183安打で、40二塁打、15HR、75ダブル。

2014年から2017年の4シーズン、2019年、2021年と100RBIをマークしてきた観点から言えば、少し劣りはするものの、打率.304はさすがの成績かと思います。

 アストロズの1Bは長年ユリ・グリエルが守ってきましたが、現契約(1年/$7M (2021)+ 2022 $8M クラブOpt)が切れたことと、今季は38才という年齢だったこと、さらに2022シーズンは打率が.242と落ちたこともあり、1Bスポットが弱くなっているところでもありました。ちなみに、ユリ・グリエルもホセ・アブレイユもキューバ出身ですね。

 このオフ、アストロズはFA解禁早々に、ヤンキースからFAとなっていたアンソニー・リッゾに猛アタックをかけたようですが、それは叶わず。リッズはブロンクスと再契約を結ぶに至りました。

 投の柱、バーランダーを失う可能性の高いアストロズですが、このディールで攻撃面ではまたしてもアップデートに成功。

 まだまだアストロズは強いままなようです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました