スポンサーリンク

【MLB移籍2019】ブルワーズがY・グランダールを獲得!S・ミラーはTEXに決定

現地2019年1月9日の状況です。ディールが2つほど決まっております。

まずは大きい方のトピックからです。

ブルワーズが予算増額

まさかブルワーズとは!と、驚かれた方が多いのではないでしょうか。私も驚きました。

ドジャースからFAとなっていた捕手のヤズマニ・グランダール(Yasmani Grandal)がブルワーズと合意しました。現在はフィジカル・チェック待ちです。

内容は1年1,825万ドル。

これにより、2018年のポストシーズンで活躍したマニー・ピーニャ(Manny Pina)とエリック・クラッツ(Erik Kratz.)はバックアップということになります。

経緯

ヤズマニ・グランダールは12月にドジャースから出されたクオリファイング・オファーを拒否。金額は1,790万ドルでした。また、メッツとうまく行きかけていたものの、4年6,000万ドルの条件が合わずに、メッツはウィルソン・ラモスを獲得しました。

ドジャースはポストシーズンでの成績が気にいらなかったようですし、移籍先はどうなるんだろう?と思っていたところ、ブルワーズが挙手。ブルワーズはどうやら予算を増額したようですね。2018年は100万ドルを切っていたピーニャを正捕手として使いましたが、2019年は19倍ほどの高額捕手となりました。

今回の金額はクオリファイング・オファーに色をつけた金額となりました。ちょっとハイボールを投げすぎましたね。代理人はThe Legacy Agencyです。

ヤズマニ・グランダールとは

ヤズマニ・グランダールは2018年11月に30才になったばかり。キューバ出身で、10才の時にアメリカに渡りました。

高校時から注目の選手で、3年生の時にはオールアメリカに選ばれ、現メッツのトラビス・ダーノーを差し置いてメインのチームの正捕手になっております。そのときのオールアメリカのメンバーにはマディソン・バンガーナー、リック・ポーセロ、ジェイソン・ヘイワードがおりました。

高卒時の2007年にレッドソックスから指名を受けましたが、大学に進学。2010年にレッズから1巡目指名を受け、契約。全体12位でした。

2011年12月、パドレスに移籍。レッズにとっては後に「痛恨のトレード」と言わざるを得ないディールでした。レッズはローテーション右腕のマット・レイトス獲得の見返りに、ヨンダー・アロンソ、ブラッド・ボックスバーガー、エディソン・ボルケス、そしてヤズマニ・グランダールをパドレスに渡したのでした。トレードに出した選手が後に全て当たりだったわけですね。

2012年6月、パドレスでメジャー・デビュー。23才の時です。

2014年12月、ドジャースとパドレス間でマット・ケンプのトレードが発生。この時、ザック・エフリン(現フィリーズ・ローテ投手)、ジョー・ウィーランド(Joe Wieland )とともにドジャースに移籍しました。

そして今回のブルワーズ移籍となります。

スタッツ

MLB通算7年で726試合に出場、打率.240、OBP .341、SLG .441、HR 113本、打点339。キャッチャーでこの打撃成績はすごいですね。

オールスター1度(2015年)、MVP得票22位(2016年)、3シーズン連続20HR以上を達成(2016-2018)。

ベスト・フレーミング・キャッチャー

グランダールは、ストライクとボールの境界線をストライク・コールさせる、いわゆるフレーミング(ストライクゾーンの枠にはめさせるという意味)がとてもうまい捕手です。日本風に言うとキャッチング。古田さんがうまかったですよね。

下記は年度ごとのランキングで、「現役のレギュラークラスの中での順位」です。

  • 2018: 52.2% (8位 )
  • 2017: 50.7% (6位)
  • 2016: 53.9% (2位)
  • 2015: 53.1% (3位)
  • Total: 52.5% (2位 )

図示したのが下の埋め込みです。

今オフ、メッツに移籍となったウィルソン・ラモスとの比較です。再生マークを押していただくと、グランダールとラモスでそれぞれ右バッター、左バッターでフレーミングの違いがわかります。

アニメーションが早くてわかりづらいのですが、グランダールの黄土色の範囲が多いのがおわかりいただけると思います。

フレーミングの違いがよくわかる動画

さらにフレーミングのことがよくわかる動画がありましたので、埋め込ませていただきます。今オフ、早々に移籍先が決まったジェフ・マティス、カート・スズキ、マイク・ズニーノの3人にちなんでアップされた動画です。

Dバックスからレンジャーズへ移籍となったジェフ・マティスの技術を通してフレーミングを解説してくれています。ヤンキースのゲイリー・サンチェスが比較に出されております。せっかくなのに、この動画にはグランダールは登場しません。すみません。

イチロー選手を尊敬

もう有名なお話ですが、一応掲載しておきます。イチロー選手を尊敬しているヤズマニ・グランダールのバッティング・ルーティンです。

キューバの人はイチロー選手のことが好きな人が多いんですよね。と言ってもグランダールはほぼアメリカ人ではありますが。

MLBのVTRに、お宝動画がありました。

ホセ・フェルナンデス、ヤズマニ・グランダール、イチロー選手、ディー・ゴードン、そしてちょっとだけチェイス・アトリーも出ているという。

たんに2016年4月28日のマーリンズ@ドジャースのゲームなんですが、今となっては良い動画です。

シェルビー・ミラーがレンジャーズに決定

Dバックスからノンテンダーとなっていたシェルビー・ミラー( Shelby Miller)のレンジャーズ入りが決まりました。1年200万ドル、インセンティブで300万ドル。

2017シーズンにトミー・ジョン手術を受け、2018年は復帰後のシーズンで0勝4敗と結果が出なかったシェルビー・ミラー。2015年にDバックスに移籍してからの3年間は、5勝18敗と苦しみました。

ようやく肘痛からも開放されるはじめてのフルシーズンとなりますので、結果が出ればいいなと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました