スポンサーリンク

【レッズ】アリスティデス・アキーノ、カブス戦で3HR!デビュー10戦で7HR!(MLB2019)

体開いて大ブレーク

トレバー・バウアーが加入し、スクーター・ジェネットとヤジエル・プイーグが抜けたことにより、ロスターが入れ替わったシンシナティ・レッズですが、そのロスター・ムーブで大きな変化が起こっています。

アリスティデス・アキーノ(Aristides Aquino)が大爆発しています。

アキーノが3HR!しかも4回までに量産!

レッズがソニー・グレイ、カブスがカイル・ヘンドリクスの先発で始まったこのゲームは序盤からレッズ打線が爆発。

レッズは初回、ダブルで出塁したジョーイ・ボットを二塁に置いて、ルーキーのジョシュ・ヴァンミーター(Josh VanMeter)がダブルを放ち、1-0と先制。

さらに2回、先頭のアリスティディス・アキーノがLFへホームランを放ち、2−0。つづく、こちらもルーキーのニック・センゼルがBack to Backのソロショットを放ち、3−0とリード。

3回には2アウトから再びアリスティディス・アキーノがソロHRを放ち4−0。そこから、ソニー・グレイのタイムリーを含む4連打で3点を奪い、7-0とリード。

つづくジェシー・ウィンカーにもダブルを許したところでカイル・ヘンドリクスは降板。2.2イニング、被安打12、失点7、与四球0、奪三振2、被本塁打3。ここまでカイル・ヘンドリクスが炎上するのは珍しいです。

4回裏、前の回から変わったディロン・メイプルから先頭のユージニオ・スアレスがソロショットを放ち8−0。1アウト後、三度アリスティディス・アキーノがCFへ大きなソロショットを放ち9-0。

ゲームは6回裏にカイル・ファーマーに7号ソロショットが生まれ、レッズが圧勝。10−1でカブスに連勝しました。

BOX SCORE

アリスティディス・アキーノとは

前日のバウアー好投の記事でも書きましたが、あらためてアキーノのプロフィールを。

1994年8月19日生まれで2019シーズンは25才。ドミニカ共和国出身で2011年(17才の時)にアマチュアFAとしてレッズとサイン。2018年にMLBデビュー。2018年は1打席のみの出場で三振に倒れたのみ。

毎年オフの間にはドミニカのウィンターリーグに参加していました。

2019年はトリプルAで開幕を迎え、78試合、294打数88安打、打率.299、OBP .356、SLG .636、HR 28、ダブル 13、RBI 53。

マイナー通算9年で、ドミニカウィンターリーグも含めたホームラン数は124。2,909打数で打率が.248ながら三振が760。ヒットもそこそこ打ちはするが、三振が非常に多いバッターでした。

2018年と2019年のアキーノの構えの比較

下記の動画は非常に貴重です。1打席しかなかった2018シーズンの三振のシーンです。構えがイケイケのスクエアです。

今の打っている姿を見ているせいもあるのでしょうが、非常に力が入っていると思います。

そして2019年が超オープンですね。構えだけは開いていますが、割とすぐにスクエアに戻しています。

MLBでまさかの脱力打法で開眼ですね。これは面白い存在です。どこまで行くのか楽しみですね。

アキーノの記録

8月1日からビッグリーグに出始めたアキーノは現地2019年8月10日のゲームで2019年に関しては9戦目。HRを打ち始めたのは8月3日のゲームから。

キャリアから行くと2018年に1打席を経験していますので、キャリア通算10試合で7HRは現ロッキーズのトレバー・ストーリーが2016年に達成した記録と並びました。

ちなみにトレバー・ストーリーはデビュー7戦で7HRを達成しています。8本目が出たのは13試合目。

Trevor Story 2016 Batting Game Logs | Baseball-Reference.com
Trevor Story Every game played with complete stats, links to box scores and automated row summing for 2016

その他、3イニング連続HRはルーキー初(今回は2回、3回、4回の3打席連続)、最初の10試合で1試合3HRを放ったのは史上2人目。

ソニー・グレイが6回スコアレス

レッズ先発のソニー・グレイは6回、被安打2、失点0、奪三振7、与四球4で7勝目を上げています。

レッズはこの勝利で55勝59敗でまだまだ借金がありますが、2位ブルワーズ(61-56)、3位カージナルス(59-55)は十分に射程圏内です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました