スポンサーリンク

【MLB FA 2023】ALCS敗退→早速、アーロン・ジャッジのFAの話題が沸騰

ALCS スイープを受け

 現地2022年10月24日、ALCSでの敗戦から一夜明け、ヤンキースからFAとなるアーロン・ジャッジの話題が早速、色々と出ております。

 もしもヤンキースが圧倒的な勝ちっぷりを見せ、ジャッジが大活躍したのなら、状況としては再契約となることが濃厚ゆえ、むしろヤンキースがどこまで出すのか?という話題になっていたと思います。

 ところが、結果は反対で、クラブはスイープされ、ジャッジは不振を極めました。よって、再契約の線が予想以上に細くなったことから契約金額に加え、「どこに?」という話題もプラスされ色々と出てきていると言ったところです。

 それに1日早く始まったNLCSと4戦で終了したALCSが同日でフィニッシュとなり、ワールドシリーズまで4日空いたこともあり話題がジャッジに目が行きがちという状況もあります。

SFだけでなくLAも!

 もっとも大きな話題はドジャースが関心を持っているというところでしょうか。

 ジャッジはカリフォルニア州出身で、高校も大学も同州内で過ごしました。大学はCSUフレズノ校(California State University, Fresno)で、元タイガースのダグ・フィスターらが同窓です。

 そんなジャッジに早くから興味を抱いていたのはサンフランシスコ・ジャイアンツ。ジャイアンツのマイナー・リーグ・アフィリエイトは、今でこそAAAがサクラメント、2Aがリッチモンド、Adv Aがユージーン、Aがサンホゼ・・・という構成ですが、2014年まではフレズノ-リッチモンド-サンホゼ-オーガスタ・・・で言ってみればアマチュア時代からジャッジを見てきたということです。ちなみにジャッジは2010年、高校卒の時にアスレチックスから31巡目指名されています。

 ジャイアンツのザイディ社長はこの時をかなり前から用意していた節があり、かなり構成をしかけていくのではないかと思われます。ワールドシリーズ後が楽しみです。

 ここに来てドジャースも参戦か?という噂も出てきました。

(LAD)2人のターナー

 ドジャースの野手で今オフに動きそうな選手として、SSのトレイ・ターナー、3Bのジャスティン・ターナーの2人がいます。トレイ・ターナーはFAで、ジャスティン・ターナーは$16Mのクラブ・オプションです。

 ドジャースがこのオフにペイロール(給与)に対してどのようなコンセプトで行くのかにも依りますが、この2人を出す可能性があります。ジャスティン・ターナーの場合はクラブ・オプションを行使しないということに。

ムーキーを2Bにするプラン

 トレイ・ターナーがいなくなる場合、SSの候補としてはギャビン・ラックスの名前が上がっています。ラックスはもともとはSSの選手。2Bのマックス・マンシーを3Bに、空いた2Bのポジションにムーキー・ベッツを入れるというパターンです。

 ムーキーはレッドソックス時代からRFで有名になりましたが、もともとは2Bの選手。2Bにはダスティン・ペドロイアがいたことからOFに就くようになりました。レッドソックス時代からたまに2Bを守っており、2022シーズンにおいても2Bで7試合をこなしています。

 そして空いたムーキーのRFにジャッジという割ときれいにはまるパターンです。

 このパターンで思うのは、トレイ・ターナーとジャスティン・ターナーは守備では球際に強いし、打撃でもかなり勝負強いゆえ、RBIや打率、HRの減算+加算以上の価値を喪失する覚悟もいるということに。

ベリンジャー、ノンテンダー!?

 なお、また別途記事にするつもりですが、今ポストシーズンでも3試合、7打席しか立たなかったコディー・ベリンジャーはまだ調停資格ですが、ノンテンダーの可能性も示唆されています。ここは要注目です。

 またドジャースのペイロールの関係も別途記事にする予定です。

500Mドル!?

 今季はHR、RBIで圧倒的な2冠を達成したジャッジへの契約の噂ですが、$500M!?というとんでもない数字も。超ラグジュアリー契約の目安は$30M/年 x 10年の$300M。よってかなり法外な数字も出ております。2刀流の大谷選手に提示するのならまだわかる気もするのですが・・・。

チームメイトは残留希望

 なお、ヤンキースのチームメイトは皆、ジャッジの再契約を望んでいる模様です。

 どうなるでしょうね!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました