【MLB2021FA】トレバー・ローゼンタールはアスレチックスに決定!1年/11Mドルでサイン

良いなと思ったらシェアお願いします

アスレチックス、クローザーを確保

 オフェンス面ではSSのマーカス・セミエンを失い、ディフェンス面ではクローザーのライアム・ヘンドリクスを失って非常に厳しいストーブ・リーグを経験した2020年ア・リーグ・ウェスト・チャンプのオークランド・アスレチックス。そのA’sが最後の最後に非常にいいディールを成立させました。

 現地2021年2月18日、パドレスからFAとなっていたトレバー・ローゼンタール(Trevor Rosenthal)と1年/$11Mで契約合意しました。

やはりキャッシュが足りなかったのか

 契約内容は1年/総額$11Mということなのですが、支払いが特殊です。

  • 支払い:2021: $3M、2022: $3M、2023:$5M

 通常、1年契約ではその年に総額を支払うのが原則。しかし、アスレチックスはトレバー・ローゼンタールに対し、3年に分けて$11Mを支払います。これは繰り延べ払いではなく、もはや分割払い。

 アスレチックスのなんとかキャッシュを捻出しようという努力が伺えます。本当にファイナンスが厳しいんだろうなと思います。

 ただ、これはトレバー・ローゼンタールにとってもよいのではないかと思います。1年でプッツリ収入が途切れるよりも、最低でも3年間は、$1Mを超える収入を確保できますから。税金の支払いにも都合が良いはずです。

アスレチックスは$99.24M

 トレバー・ローゼンタールの支払いが分割になろうと、贅沢税上のサラリーとして計上されるのはあくまで1年分の$11M。アスレチックスは贅沢税とは無縁になるように工夫しているクラブですが、このトレバー・ローゼンタールのサラリーを入れても総額は$99.24M。

 こちらは現地2021年2月19日時点で30クラブ中、22位の数字。決して低いことはありません。実はアスレチックス以上に苦戦しているクラブが多数。ちなみにこの時点での最少(30位)はパイレーツのなんと$58.2M。

【現地2021年2月19日時点の贅沢税上のサラリー】

  1. アスレチックス: $99.24M
  2. ロイヤルズ:$98.2M
  3. タイガース: $96.1M
  4. マリナーズ: $91.2M
  5. レイズ:$79.5M
  6. マーリンズ: $78.2M
  7. オリオールズ: $76.4M
  8. インディアンス: $62.7M
  9. パイレーツ: $58.2M

 予想していた以上に厳しい経営の現状が見えますね。

A’s、CLを確保

 とにもかくにも、アスレチックスは2020年のNO.1クローザーとの呼び声の高かったライアム・ヘンドリクスを喪失した穴をしっかりと埋めました。

 アスレチックスはマーカス・セミエンも失っていますが、エルビス・アンドラスをトレードで獲得し、SSの穴も防ぎました。交換要員がクリス・デービスでしたので、ロングヒッターを失ってはいるのですが、バランスはとれてはいると思います。

A's、セミエンの抜けたSSをカバー  現地2021年2月6日、大きなトレードが成立しました。  アスレチックスがFAでブルー...

トレバー・ローゼンタールの2020年

 トレバー・ローゼンタールの2020年までのプロフィールは下記の記事に詳細を記載しています。

トレードデッドラインの話題です。現地2020年8月29日、人気急上昇となっていたロイヤルズのクローザー、トレバー・ローゼンタールをパドレスが獲得しました。

 2020年のTDLでは本当に人気急上昇となったトレバー・ローゼンタールは、ロイヤルズでは14試合で、0勝0敗7セーブ、ERAは3.29をマーク。

 そしてパドレスでは9試合で1勝0敗、4セーブ、ERAは0.00でした。

 シーズントータルのERAは1.90。

 100mphを連発していたカージナルス時代からすればベロシティーは落ちましたが、それでもファストボールであるシンカーと4シームの平均ベロシティーは2020年は98.7mphまで復活。トミー・ジョン手術後の2019年はかなり苦戦しましたが、ようやく体のバランスが戻ってきたというところかと思います。

 まだ30才。アスレチックスでの活躍を期待したいと思います。カージナルス時代は本当にすごかったですから。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!