スポンサーリンク

【MLB移籍2018】ランス・リンはツインズに移籍決定!

MLB移籍/FA情報

ランス・リンはツインズへ

注目されていた大物FA投手の移籍先が決まりました。

カージナルスからFAのランス・リン(Lance Lynn)が現地2018年3月10日、ミネソタ・ツインズと合意に至った模様です。

1年0M

報道によりますと、契約内容は1年1,200万ドル。※またしてもQA(クオリファイング・オファー =1,700万ドル超)を受けていた方が金額的には上でしたね。

マイク・ムスターカス(KCへ)、カルロス・ゴンザレス(COLへ)、ジョナサン・ルクロイ(OAKへ)とここに来ていいペースで契約が決まってきました。後はジェイク・エアリエッタですね。

ランス・リンですが、この5月で31才となります。

もっとも評価されるべきポイントはローテーションを守れるということではないでしょうか。

ここ5シーズン(2016シーズンはケガのため1年サイドラインに。17、15、14、13、12シーズンのこと)で15勝以上3度、30試合先発を4度、200イニング以上を2度達成しています。

ツインズは意欲的

ツインズは今オフ、確実に戦力を高めています。

スラッガーのローガン・モリソン、ピッチャーではザック・デューク、マイケル・ピネダ、アニバル・サンチェス、アディソン・リード、そしてクローザー候補のフェルナンド・ロドニー、さらにはジェイク・オドリッジまで獲得。

超のつくスーパースターではありませんが、実績と経験が豊富なプレーヤーを集めたという感じですね。

ツインズはポール・モリター監督も采配がいいですし、若手から今回補強した選手に至るまで層の厚みがグッと増しました。’18シーズンのア・リーグ中地区のタイトルを取りそうな布陣です。

ミゲル・サノの暴行疑惑

心配されていたミゲル・サノですが、2015年の女性フォトグラファーへの暴行の問題はなんとか決着がついたようで、さらに11月に行った左すねの手術も回復し、オープン戦では復帰を果たしています。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
【NEW CBA】MLBが提案した新サービスタイム(調停/FA)の考えとは?
【MLB2021】大谷選手、100マイル発動で9勝目!
【MLB契約2021】エンゼルス、ホセ・イグレシアスをリリース
【MLB2021】ジャイアンツ、ローガン・ウェブでドジャースと首位タイに
【MLB 2021】ドジャース、4ヶ月をかけ、ついにNLウェスト1位に
タイトルとURLをコピーしました