スポンサーリンク

【MLB移籍2018】ランス・リンはツインズに移籍決定!

ランス・リンはツインズへ

注目されていた大物FA投手の移籍先が決まりました。

カージナルスからFAのランス・リン(Lance Lynn)が現地2018年3月10日、ミネソタ・ツインズと合意に至った模様です。

1年0M

報道によりますと、契約内容は1年1,200万ドル。※またしてもQA(クオリファイング・オファー =1,700万ドル超)を受けていた方が金額的には上でしたね。

マイク・ムスターカス(KCへ)、カルロス・ゴンザレス(COLへ)、ジョナサン・ルクロイ(OAKへ)とここに来ていいペースで契約が決まってきました。後はジェイク・エアリエッタですね。

ランス・リンですが、この5月で31才となります。

もっとも評価されるべきポイントはローテーションを守れるということではないでしょうか。

ここ5シーズン(2016シーズンはケガのため1年サイドラインに。17、15、14、13、12シーズンのこと)で15勝以上3度、30試合先発を4度、200イニング以上を2度達成しています。

ツインズは意欲的

ツインズは今オフ、確実に戦力を高めています。

スラッガーのローガン・モリソン、ピッチャーではザック・デューク、マイケル・ピネダ、アニバル・サンチェス、アディソン・リード、そしてクローザー候補のフェルナンド・ロドニー、さらにはジェイク・オドリッジまで獲得。

超のつくスーパースターではありませんが、実績と経験が豊富なプレーヤーを集めたという感じですね。

ツインズはポール・モリター監督も采配がいいですし、若手から今回補強した選手に至るまで層の厚みがグッと増しました。’18シーズンのア・リーグ中地区のタイトルを取りそうな布陣です。

ミゲル・サノの暴行疑惑

心配されていたミゲル・サノですが、2015年の女性フォトグラファーへの暴行の問題はなんとか決着がついたようで、さらに11月に行った左すねの手術も回復し、オープン戦では復帰を果たしています。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました