スポンサーリンク

【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)

アキーノ、大苦戦のスタート

 ちょっと衝撃的なニュースが入ってきましたね。

 現地2022年4月30日、シンシナティ・レッズは、長距離打者でOF兼DHのアリスティデス・アキーノをDFAにしました。

 クラブの経営方針により、昨オフはファイヤー・セールを行ったレッズ。現地2022年4月30日を終えて、3勝18敗とMLB全30クラブ中ワーストの成績です。同じファイヤー・セールを行ったアスレチックスは、10勝11敗と5割のライン付近をキープしている中、不振のアキーノに手を加えました。

アキーノ、.049

 今季からDH採用となったナ・リーグで、その恩恵を被るはずであったアリスティデス・アキーノ。ただ、チーム事情からずっとOFを守ってはおりました。

 打撃の方ですが、7日のブレーブスとの開幕ゲームで1安打を放ったものの、その後は14日のドジャース戦でHRを1本放ったきり。

 打撃成績は、15試合で41打数2安打、1HR、0ダブル、2RBI、3Run、23三振。打率.049、OBP .093、SLG .122、OPS .215、OPS+は-40となってます。壊滅的です。

アキーノのこれから

 アリスティデス・アキーノは40manロスターから外れるDFAとなりましたので、トレードの可能性を探ります。ウェーバー公示もされ、約7日で結論が出ますが、トレードはもちろん、ウェーバーでクレームオフするクラブが出てくるか?という成績ですので、ウェーバーがクリアーになれば、そのままマイナーに残る可能性もあります。

 また、MLS2.005(現地2022年1月時点)のアキーノですが、マイナー・オプションがもう切れていたことも、今回のDFAの決断の要素の1つとも言われています。

 なお、アキーノの今季のサラリーは、$0.72M。メジャーの最低年俸が$0.7Mになりましたので、それよりは若干多いという金額です。

追記:DFA後の動き

 アリティディス・アキーノのDFA後の動きを記しておきます。

5/7、トリプルAへアウトライト

 現地2022年4月30日にDFAになったアリティディス・アキーノは、その後ウェーバー公示されましたが、クレームオフされませんでした。ウェーバーをクリアーということですね。そして選択は、トリプルAにアウトライト。他のクラブには移籍しませんでした。

5/20、再びレッズでメジャーに

 メジャーに上がった理由ですが、レッズは現地2022年5月20日からトロントでブルージェイズと対戦。トロントで試合をするにはワクチンの接種が義務付けられており、以下の4名がワクチン未接種のため、リストリクティッド・リストに入ることになり、40manの数が足らなくなったため。

 そして現地2022年5月22日にフル出場を果たし、4打数2安打、1ダブル、2RBIと結果を出しました。

 レッズは現地2022年5月23日の朝、アキーノを一旦降格。午後に再び呼び戻し、カブス戦に出場させ、結果2HRを放っています。

センセーショナルなデビュー

 1994年8月19日生まれのアキーノは現時点で28才。ドミニカ共和国出身で2011年(17才の時)にアマチュアFAとしてレッズとサイン。2018年にMLBデビュー。2018年は1打席のみの出場で三振に倒れたのみ。

 

 2019年はトリプルAで開幕を迎え、78試合、294打数88安打、打率.299、OBP .356、SLG .636、HR 28、ダブル 13、RBI 53。

 マイナー通算9年で、ドミニカウィンターリーグも含めたホームラン数は124。2,909打数で打率が.248ながら三振が760。ヒットもそこそこ打ちはするが、三振が非常に多いバッターでした。

魅力的だったオープンスタンス

 大ブレークしたのが2019シーズン。8月1日にメジャーのゲームに出るようになってから、56試合で、19HRを放ちました。8月だけで14HR。終盤2ヶ月で約20HRです。

 この時、アキーノは極端なオープン・スタンスでHRを量産。ファンを魅了したものです。

 ただ、60試合シーズンとなった2020年は23試合で、打率が.170、HRは2本のみ。

 さらに、2021シーズンは、84試合で、打率.190、OBP .299、SLG .408、HR 10とまたしても結果が出ませんでした。

 今季は2019シーズンのあの活躍を!と期待されていましたが、上述のような壊滅的な成績に。

 果たしてアキーノはあのHR量産の選手に戻るのか?厳しい立場に追い込まれました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました