スポンサーリンク

【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに

アキーノ、大苦戦のスタート

 ちょっと衝撃的なニュースが入ってきましたね。

 現地2022年4月30日、シンシナティ・レッズは、長距離打者でOF兼DHのアリスティデス・アキーノをDFAにしました。

 クラブの経営方針により、昨オフはファイヤー・セールを行ったレッズ。現地2022年4月30日を終えて、3勝18敗とMLB全30クラブ中ワーストの成績です。同じファイヤー・セールを行ったアスレチックスは、10勝11敗と5割のライン付近をキープしている中、不振のアキーノに手を加えました。

アキーノ、.049

 今季からDH採用となったナ・リーグで、その恩恵を被るはずであったアリスティデス・アキーノ。ただ、チーム事情からずっとOFを守ってはおりました。

 打撃の方ですが、7日のブレーブスとの開幕ゲームで1安打を放ったものの、その後は14日のドジャース戦でHRを1本放ったきり。

 打撃成績は、15試合で41打数2安打、1HR、0ダブル、2RBI、3Run、23三振。打率.049、OBP .093、SLG .122、OPS .215、OPS+は-40となってます。壊滅的です。

アキーノのこれから

 アリスティデス・アキーノは40manロスターから外れるDFAとなりましたので、トレードの可能性を探ります。ウェーバー公示もされ、約7日で結論が出ますが、トレードはもちろん、ウェーバーでクレームオフするクラブが出てくるか?という成績ですので、ウェーバーがクリアーになれば、そのままマイナーに残る可能性もあります。

 また、MLS2.005(現地2022年1月時点)のアキーノですが、マイナー・オプションがもう切れていたことも、今回のDFAの決断の要素の1つとも言われています。

 なお、アキーノの今季のサラリーは、$0.72M。メジャーの最低年俸が$0.7Mになりましたので、それよりは若干多いという金額です。

センセーショナルなデビュー

 1994年8月19日生まれのアキーノは現時点で28才。ドミニカ共和国出身で2011年(17才の時)にアマチュアFAとしてレッズとサイン。2018年にMLBデビュー。2018年は1打席のみの出場で三振に倒れたのみ。

 

 2019年はトリプルAで開幕を迎え、78試合、294打数88安打、打率.299、OBP .356、SLG .636、HR 28、ダブル 13、RBI 53。

 マイナー通算9年で、ドミニカウィンターリーグも含めたホームラン数は124。2,909打数で打率が.248ながら三振が760。ヒットもそこそこ打ちはするが、三振が非常に多いバッターでした。

魅力的だったオープンスタンス

 大ブレークしたのが2019シーズン。8月1日にメジャーのゲームに出るようになってから、56試合で、19HRを放ちました。8月だけで14HR。終盤2ヶ月で約20HRです。

 この時、アキーノは極端なオープン・スタンスでHRを量産。ファンを魅了したものです。

 ただ、60試合シーズンとなった2020年は23試合で、打率が.170、HRは2本のみ。

 さらに、2021シーズンは、84試合で、打率.190、OBP .299、SLG .408、HR 10とまたしても結果が出ませんでした。

 今季は2019シーズンのあの活躍を!と期待されていましたが、上述のような壊滅的な成績に。

 果たしてアキーノはあのHR量産の選手に戻るのか?厳しい立場に追い込まれました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました