スポンサーリンク

【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)

アキーノ、大苦戦のスタート

 ちょっと衝撃的なニュースが入ってきましたね。

 現地2022年4月30日、シンシナティ・レッズは、長距離打者でOF兼DHのアリスティデス・アキーノをDFAにしました。

 クラブの経営方針により、昨オフはファイヤー・セールを行ったレッズ。現地2022年4月30日を終えて、3勝18敗とMLB全30クラブ中ワーストの成績です。同じファイヤー・セールを行ったアスレチックスは、10勝11敗と5割のライン付近をキープしている中、不振のアキーノに手を加えました。

アキーノ、.049

 今季からDH採用となったナ・リーグで、その恩恵を被るはずであったアリスティデス・アキーノ。ただ、チーム事情からずっとOFを守ってはおりました。

 打撃の方ですが、7日のブレーブスとの開幕ゲームで1安打を放ったものの、その後は14日のドジャース戦でHRを1本放ったきり。

 打撃成績は、15試合で41打数2安打、1HR、0ダブル、2RBI、3Run、23三振。打率.049、OBP .093、SLG .122、OPS .215、OPS+は-40となってます。壊滅的です。

アキーノのこれから

 アリスティデス・アキーノは40manロスターから外れるDFAとなりましたので、トレードの可能性を探ります。ウェーバー公示もされ、約7日で結論が出ますが、トレードはもちろん、ウェーバーでクレームオフするクラブが出てくるか?という成績ですので、ウェーバーがクリアーになれば、そのままマイナーに残る可能性もあります。

 また、MLS2.005(現地2022年1月時点)のアキーノですが、マイナー・オプションがもう切れていたことも、今回のDFAの決断の要素の1つとも言われています。

 なお、アキーノの今季のサラリーは、$0.72M。メジャーの最低年俸が$0.7Mになりましたので、それよりは若干多いという金額です。

追記:DFA後の動き

 アリティディス・アキーノのDFA後の動きを記しておきます。

5/7、トリプルAへアウトライト

 現地2022年4月30日にDFAになったアリティディス・アキーノは、その後ウェーバー公示されましたが、クレームオフされませんでした。ウェーバーをクリアーということですね。そして選択は、トリプルAにアウトライト。他のクラブには移籍しませんでした。

5/20、再びレッズでメジャーに

 メジャーに上がった理由ですが、レッズは現地2022年5月20日からトロントでブルージェイズと対戦。トロントで試合をするにはワクチンの接種が義務付けられており、以下の4名がワクチン未接種のため、リストリクティッド・リストに入ることになり、40manの数が足らなくなったため。

 そして現地2022年5月22日にフル出場を果たし、4打数2安打、1ダブル、2RBIと結果を出しました。

 レッズは現地2022年5月23日の朝、アキーノを一旦降格。午後に再び呼び戻し、カブス戦に出場させ、結果2HRを放っています。

センセーショナルなデビュー

 1994年8月19日生まれのアキーノは現時点で28才。ドミニカ共和国出身で2011年(17才の時)にアマチュアFAとしてレッズとサイン。2018年にMLBデビュー。2018年は1打席のみの出場で三振に倒れたのみ。

 

 2019年はトリプルAで開幕を迎え、78試合、294打数88安打、打率.299、OBP .356、SLG .636、HR 28、ダブル 13、RBI 53。

 マイナー通算9年で、ドミニカウィンターリーグも含めたホームラン数は124。2,909打数で打率が.248ながら三振が760。ヒットもそこそこ打ちはするが、三振が非常に多いバッターでした。

魅力的だったオープンスタンス

 大ブレークしたのが2019シーズン。8月1日にメジャーのゲームに出るようになってから、56試合で、19HRを放ちました。8月だけで14HR。終盤2ヶ月で約20HRです。

 この時、アキーノは極端なオープン・スタンスでHRを量産。ファンを魅了したものです。

 ただ、60試合シーズンとなった2020年は23試合で、打率が.170、HRは2本のみ。

 さらに、2021シーズンは、84試合で、打率.190、OBP .299、SLG .408、HR 10とまたしても結果が出ませんでした。

 今季は2019シーズンのあの活躍を!と期待されていましたが、上述のような壊滅的な成績に。

 果たしてアキーノはあのHR量産の選手に戻るのか?厳しい立場に追い込まれました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました