スポンサーリンク

【MLB2024FA】マット・ムーアがエンゼルスに復帰!1年9Mドルの高額契約

ブルペン転向で2年連続で好成績

 現地2024年1月23日になりますが、エンゼルスがマット・ムーア(Matt Moore)と1年契約で合意しました。

 マット・ムーアは2023年2月にもエンゼルスとサイン。これで偶然にも2年連続でオフシーズンにエンゼルスとサインしたことになります。

契約内容

 両者は現時点では以下の内容で合意。

  • 1年/$9M (2024)

 フィジカルチェックの結果を経て、オフィシャルとなりますが、なかなかの高額契約になりましたね。

前の契約

 ちなみに2023年2月にサインした時の内容は1年/$7.5M(2023)でしたから、$1.5Mもアップしたことになります。

 なお、下記のリンクにはマット・ムーアの2022年までのキャリアをまとめております。

サラリーアップの理由

 マット・ムーアのサラリーが上がった理由ですが、それは直近2年の際立った活躍があるからと言って良さそうです。

 マット・ムーアと言えば、もともとはレイズのローテーションで、キャリア・ハイは2013年の17勝4敗、ERA 3.29。先発ローテーションとしてかなり力のある投手でした。

 そのマット・ムーアが完全にリリーバーに転身したのがレンジャーズとサインした2022年で、リリーフのみで63試合に登板し、74.0 イニングを投げ、5勝2敗、ERA1.95 をマーク! SO数は83を数えました。

 さらに、エンゼルスでの2023年も41試合に登板し、44.0 IPで4勝1敗、ERA 2.66をマーク。奪三振は前年ほどではなかったものの、イニング数を超える49。

 この2年連続のブルペンでの好成績が今回の高額契約に結びついたと言って良いでしょう。

エンゼルス離脱後

 7月半ばの時点で、わずかにプレーオフ進出のチャンスを抱えていたエンゼルスは、ワイルドカード3枠目を狙うべく、トレード・デッドラインは「買い」で臨み、ルーカス・ジオリトやレイナルド・ロペスなど市場の良い選手を補強。残り2ヶ月でギアを上げ、コンテンダーとなってポストシーズンに進出し、引いては大谷選手を囲い込もうという目論見がありました。

 ところが、補強直後の8月にまさかの大負け(8勝19敗)。もはや目標を失った8月末は、贅沢税のしきい値超えの問題が出てきたため、それを避けるべく、まだプレーオフ出場資格の期限内であることを利用してサラリーカットを実施しました。それがウェーバー公示で、ルーカス・ジオリトマット・ムーアレイナルド・ロペスハンター・レンフローランダール・グリチャックらをウェーバーにかけました。

ガーディアンズでの成績

 これにより、マット・ムーアは8月31日にガーディアンズにクレームオフされ、ガーディアンズ入り。ガーディアンズに移籍後は、5試合、4.2イニングでER 2、ERA 3.86とまずまずの成績は残したものの、ガーディアンズもポストシーズンから脱落したため、やはりサラリー・カット目的で ウェーバーにかけられます。

マーリンズでも好投

 それをクレームオフしたのがマーリンズで、ポストシーズン出場の地位を固めるべくブルペンとして補強しました。マイアミでは4試合、4.0 IPでER 0をマーク。完璧な投球でしたが、もはやムーアにはポストシーズン出場資格がなかったため、10月1日にメジャー・ロスターから外れ(DFA)、10月5日にはFAとなっていました。

 2023年はトータルで46試合、48.2 IPで4勝1敗、ERA 2.77、SO 57、BB 14、SO9 10.0、BB9 2.5でした。

 マット・ムーアは34才。2024年シーズン途中の6月18 日の誕生日で35才になります。

 シーズンの一部を怪我で離脱することもありますが(2023年は6月に腹斜筋痛でIL入り)、ブルペン転向後は概ねヘルシーで過ごしています。

 2024年も良い投球に期待したいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました