スポンサーリンク

ショーン・マナエア、左肩手術後初登板でヤンキースを5回シャットアウト・・・しかしA’s逃げ切れず

マナエア、すごすぎる初登板

アスレチックスに頼もしいローテーション左腕が帰ってきました!

現地2019年9月1日、アスレチックス@ヤンキース戦のGame3が行われ、アスレチックスの先発マウンドには左肩インピンジメントの手術明けショーン・マナエアが上がりました。

1年ぶりの復帰登板

ショーン・マナエアが最後にマウンドに上ったのは約1年前の2018年8月24日のツインズ戦。5回を被安打5、失点1とゲームメイクし勝利投手になりました。

Oakland Athletics at Minnesota Twins Box Score, August 24, 2018 | Baseball-Reference.com
Oakland Athletics beat Minnesota Twins (7-1). Aug 24, 2018, Attendance: 22568, Time of Game: 3:05. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, pla...

しかし、その後左肩が思わしくなくシーズン途中の2018年9月11日に左肩インピンジメントの手術を受けました。インピンジメントとは肩を動かすときにひっかかりが出来て、思うように腕を動かせない症状です。(詳しくはこちらを→インピンジメント症候群:順天堂大学医学部附属順天堂医院)

ちょうど首位アストロズを追い上げ、さらにワイルドカード争いでヤンキースを猛追していた状況での離脱でした。

2018年4月にノーヒットノーラン

アスレチックスとしては非常に痛かったですし、待ち遠しい1年でした。

そこまでショーン・マナエアに期待させるのは2018年4月のノーヒットノーランの実績があるからです。

さらに言うとクリス・セールのような打ちにくい左のスリークォーターも魅力というべきかと思います。しかも196cmの長身。

復帰戦で5回1ヒッターシャットアウト!

そのショーン・マナエアは今季初登板とは思えない投球を披露。立ち上がりから3回までヤンキース打線をパーフェクトに。

4回にD.J.ルメイユに初ヒットを許すも後続をダブルプレーに斬って取り、この回も3人で片付けました。

しかし5回裏、疲れが出たのか途中にアウトを挟みつつも四球を3つ与え、満塁のピンチを迎えましたが、マイク・トークマンを1Bゴロに仕留め、無得点に抑えマウンドを降りました。

復帰後初登板は5回を82球、被安打1、無失点、与四球3、奪三振5でした。

これから楽しみですね。

J.A.ハップは6回1ヒットシャットアウト

ショーン・マナエアの投球も見事でしたが、ヤンキース先発のJ.A.ハップもナイスピッチングを披露。こちらは6回1ヒットシャットアウトでした。

アスレチックスが先制

ゲームが動いたのは7回表で、アスレチックスは2連続四球のチャンスを逃さず、2本の長短打で3点を上げ先制。

そして8回表にもマット・オルソンのソロHRが出て4-0といい流れを作ってゲームを締めたいところした。

しかし、そう簡単に行かないのが試合巧者のヤンキース。

アスレチックス、逃げ切れず

8回裏、ジェイク・ディークマンとルー・トリビーノの2人から2つの四球とシングルヒットで満塁のチャンスを作ったあと、犠牲フライでまずは1点(4-1) 。

アスレチックスはここで信頼出来るライアム・ヘンドリクスをマウンドに送りますが、逃げ切れませんでした。

ヘンドリクスは2アウト後、ディディ・グレゴリアスに2点シングルを許し4-3に。後続は抑えましたが何やら嫌な予感のする登板。

9回表アスレチックスの攻撃は無得点。

そして9回裏のヤンキースの攻撃。

ライアム・ヘンドリクスは先頭のブレット・ガードナーにソロHRを許しいきなり4−4の同点に。

つづく代打のマイク・フォードにもBack to BackとなるソロHRを許し、これでゲームセット。ヤンキースが5−4でサヨナラ勝ちを納めたのでした。

9回裏はあっけないほどの幕切れでした。

BOX SCORE

8月20−22日のオークランドでの3ゲームシリーズではアスレチックスにスイープを許したヤンキースでしたが、このシリーズは初戦は落としたものの2日連続のサヨナラ勝利で勝ち越しに成功しました。

ヤンキースはこれで早くも90勝となっています。

一方のアスレチックスは78勝58敗となり、首位アストロズとは10.0ゲーム差になってしまいました。

ワイルドカードレースは80勝58敗のレイズ、79勝58敗のインディアンスに次いで3枠目。

前年と同じような状況になってきましたね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました