スポンサーリンク

【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR

99号、100号連発

 現地2021年7月23日、ボストン・レッドソックスのラファエル・デバース(Rafael Devers)がMLB5シーズン目、24才の若さでキャリ100HRを達成しました。

Congratulations!

デバースのHRログ

 1996年10月24日生まれのラファエル・デバースは、現地2021年7月23日時点で24才と273日。ドミニカ共和国出身のラファエル・デバースは、2013年8月にアマチュアFAとしてレッドソックスとサイン。16才の時でした。

 サイン翌年の2014年にドミニカ共和国を含めた2つのルーキーリーグで84安打、打率.322を残し、2015年には18才でシングルAでフルシーズンを過ごし、469-135、打率.288、HR 11、二塁打 38をマーク。オフにはドミニカ・ウィンター・リーグにも参加。

 2016年にはシングルAプラスでここでもフルシーズンを過ごし、503-142で、打率.282、HR 11、二塁打 32。オフにはまたドミニカ・ウィンター・リーグも経験。

 デバースは2015-16の2年間で文字通り野球漬けの日々を過ごし、年間を通じたスタミナを身に着けました。若い年齢にもかかわらず、ベテラン感も感じるのはこの2年の賜物ではないかと思います。

 2017年はダブルAからスタートし、77試合で.300をマーク。トリプルAでの9試合を経て、ついに7月25日にメジャーデビュー。デビュー2戦目の2017年7月26日に初HR。

 実質4シーズンほどで100HRを達成しました。

  • 2017: 10 HR
  • 2018: 21 HR
  • 2019: 32 HR
  • 2020: 11 HR (短縮シーズン)
  • 2021: 26 HR (現地2021年7月23日時点)

2019年は54ダブルズ

 もともとはセンスの良い中距離打者のような感のあったデバースですが、キャリアを重ねるごとにどんどん飛距離も稼ぐにようになり、今やHRバッターとしての認識の強くなってきました。

 筆者が好きなのは、2019年になんと二塁打54本を記録している点。なお、このシーズンの2位は誰だったかというと、ザンダー・ボガーツで52本。3位が当時オークランドにいたマーカス・セミエンの43本ですから、ダントツにすごかったということですね。

 なお、2019年のTB(Total Bases)は、359。2位がマーカス・セミエンの343でしたから、これも圧倒的でした。

2021年はRBI

 2021年の成績ですが、現地2021年7月24日時点で94試合、352-99、打率.281、OBP .357、SLG .582、OPSは.939。HR 26、RBI 79。今季はブルージェイズのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.とRBIのタイトル争いをしている状況です。

100HRのゲームハイライト

 上記のVTRにある99号は、現地2021年7月23日のフェンウェイ・パークでのヤンキース戦。前回、ヤンキー・スタジアムでの登板ではやられてしまったゲリット・コールから放ちました。

 100号は、2番手のネスター・コルテスから。

E・ロッドが緊急降板 

 ゲリット・コールとE・ロッドの投げあいで始まったこのゲームですが、2回表に、ヤンキースがブレット・ガードナーの二塁打で先制した直後、E・ロッドの様子がおかしくなりました。E・ロッドはここで緊急降板。フィリップ・バルデスが急遽引き継ぐことになりました。

 ゲーム後の談話では、migraine syndrome、偏頭痛症候群とのこと。E・ロッドは2020年、COVID19に罹患し、治ったのまではよかったものの、後遺症を発症したため、シーズンをオプトアウトしました。そこと関係があるのか、慎重に判断するとのことです。1回か2回は先発をスキップするかもしれません。

救世主フィリップ・バルデス

 この緊急事態を救ったのは、右腕のフィリップ・バルデス。上記のE・ロッドがヒゲを落として別人になったのと同様に、フィリップ・バルデスもドレッド・ヘアをばっさりカット。一体、誰かわからなくなるほど。

 そのバルデスは、2回表ノーアウトからアウト3つを三振で仕留め、窮地を脱すると、3回、4回と無失点で切り抜け、ヤンキースに傾きかけた流れを引き戻しました。

 バルデスは、3回を被安打1、無失点、BB 1 HBP 1、SO 7という素晴らしい投球。この日のMVPはバルデスにあげてよさそうです。

 デバースにHRが出たのは、その流れの後。5回と7回に出たのでした。

 負けてもおかしくないゲームを拾ったレッドソックス。日替わりヒーローのような存在が出始めたら、良い兆候であると言えますね。

 レッドソックスがヤンキースを6-2で下したゲームでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました