【ALDS2020_Gm2】レイズ、タイラー・グラスノーと強いブルペンでヤンキースから18K!打線も4HRで1勝1敗のタイに

良いなと思ったらシェアお願いします

レイズが「らしさ」を発揮

 現地2020年10月6日、ヤンキース@レイズのALDS Game2はレイズ投手陣がヤンキースの攻撃を交わし、勝利。1勝1敗のタイに持ち込みました。

 ア・リーグ東地区の強烈な2チームのゲームはやはり見応えがあります。HRが多く、もはや殴り合いに見えるカードでもあります。

タイラー・グラスノーが期待どおりの投球

 レイズ先発のタイラー・グラスノーは今日は非常にボールが走っていました。初回、ヤンキースのうるさい1、2番のDJ・ルメイヒューとアーロン・ジャッジを仕留めリズムを作りました。

 アーロン・ジャッジの第一打席は三振に仕留めたのですが、4球目に101mphを計測しました。

 タイラー・グラスノーは5回を投げきり、被安打3で失点が4。この失点4は、2回にジャンカルロ・スタントンに打たれたソロHRと5回に同じくジャンカルロ・スタントンから打たれた3ランHRによる失点です。

 5イニングで奪三振は10です!

ジャンカルロ、ありえない当たりのHRを2本

 そのジャンカルロ・スタントンは2本ともあり得ないほどの弾道でした。1本目はアウトコースのボールをRFへ力技でHR。

 2本目はLFスタンド深くにささるHR。このHRは大きかったですね。

ランディー・アロザリナが好調

 キューバ出身、25才のレイズの3番、ランディー・アロザリナ(Randy Arozarena)は、今ポストシーズンは絶好調です。

 このゲームでは先制のHRを含め、マルチ安打を達成。ワイルドカードシリーズ2試合、ALDS2試合で、20打数9安打、HR2本。打率.625をマーク(現地2020年10月6日時点)。ちょっと手がつけられあに状態になっています。

レイズもヤンキースに負けず、HR攻勢

 このゲームではランディー・アロザリナをはじめ、マイク・ズニーノ、マニュエル・マーゴット、オースティン・メドウズの4人にHRが飛び出し、ヤンキースのHR攻勢と互角に勝負しています。

 中盤にもコツコツと点を奪ったレイズが10月に猛威を振るうヤンキース打線の反撃を交わすことができました。

 レイズは8安打中、4本がHRでした。

デイビ・ガルシアは1イニングで降板

 ヤンキースの先発はデイビ・ガルシア。おそらくですが、本来なら田中投手のところを、田中投手はALワイルドカードシリーズのインディアンスとのGame2で強烈の風雨の中、2度の中断をはさみつつも4イニングを投げきりましたので、1日空けたのだと思われます。

 よって、若いデイビ・ガルシアを配慮して、この日はオープナーと決めていたようで、2回からJA・ハップが投げました。ヤンキースは9回まで6人の投手を使いました。

レイズ、ニック・アンダーソンが完璧な投球

 このゲームをレイズがものにすることが出来た大きな要因のひとつは、7回と8回の2イニングに登板し、パーフェクト投球を披露したニック・アンダーソンにあると言っていいでしょう。

レイズは2019年、トレード・デッドラインでレイズに移籍後SO9 17.3を記録したニック・アンダーソンCLも持ってきそうです。彼の独特のキャリアのご紹介も。

 レイズがHRで得点を奪うも、ジャンカルロを始め、ヤンキース打線が追いついてワンサイドゲームにしなかったのですから。それを封じたニック・アンダーソンはさすがですね。

 ただ、9回にピート・フェアバンクスが2四球を与え、ルメイヒューにタイムリーを打たれ1失点。かなりヒヤヒヤの勝利でもありました。レイズが7-5で勝利。1勝1敗としました。

レイズ投手陣、NYYから18K

 そしてレイズの4人の投手が、ヤンキース打線から合わせて18個も三振を奪ったのは圧巻でした。

レイズ、Game2で本気を出すプランだったか?

 この日、先発にタイラー・グラスノーを起用し、ブルペンでディエゴ・カスティーヨとニック・アンダーソンを起用したレイズは、Game2に重きをおいていたのではないか?とそんな気がします。

 よって、前日のGame1はブレイク・スネルを起用しましたが、今季は特別、調子がよくなかったことから、勝てば儲けもの、Game2で確実に挽回するという、野村監督がよくとったGame2重視のプランだったように思えてなりません。

 ただ、もうサプライズはなさそうです。あるとしたら、打者で筒香選手が大活躍するというシーンでしょうか。

ホセ・アルバラードは60Day IL

 本来なら強烈な2シームを投げる左腕のホセ・アルバラードをゲーム終盤に使いたいところですが、アルバラードは左肩の炎症で60Day IL。

 左腕で強いボールを投げる投手が欲しいということがあり、ルーキーのシェーン・マクラナハンを起用したということでしょう。

 ディエゴ・カスティーヨ、ニック・アンダーソンのコンビを使う時は、獲りに行く日と考えていいでしょうね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!