スポンサーリンク

【MLB2022】レッドソックスが連敗スタート!リッゾとジャンカルロを止められず

2022年のライバル対決

 現地2022年4月8日、レッドソックスの2022シーズンが開幕。新CBA交渉が長引いたことにより、もともとの3月31日の開幕が、4月7日にずれ込み、その日にセットされていたブロンクスでのヤンキース戦がシーズン・オープニングとなりました。

 その7日の開幕戦も、現地ニューヨークが大荒れの天候となったため、事前に中止が発表され、開幕が1日ずれて8日となったのでした。

2021年の対決

 2021年のこのライバル対決は、6月4日まで対戦がありませんでした。それ以降は、2カード連続でレッドソックスがヤンキースをスイープ。7月17日に初めて初黒星を喫するなどかなり優位に戦ったシーズンでもありました。

 しかし、シーズンの対戦成績は10勝9敗と1つ勝ち越しただけ。やはりもつれますね。ただ、この勝ち越しが効いたたために、ともに92勝70敗となったものの、ワイルド・カードでホーム・フィールド・アドバンテージを得たのでした。

Game1

好スタートもすぐに追いつかれる

 現地2022年4月8日に行われたGame1は、ネイサン・イオバルディとゲリット・コールが先発。

 レッドソックスはゲリット・コールの立ち上がりを攻め、四球で歩いたキケ・ヘルナンデスを1塁に置いて、2番のラファエル・デバースが、2球目の98.6mphの4シームをフルスイング。これがRFスタンドに入る2ランHRとなり、6球で2点を先制。

 さらに、ザンダー・ボガーツがLF前シングルで出塁したあと、J.D.マルチネスが「らしい」当たりをRF線に放ち、2塁打。これでボガーツが還り、1点を追加。3−0と非常に有利な滑り出しでスタートしました。

リッゾに2ランHR

 一方のネイサン・イオバルディですが、先頭のジョシュ・ドナルドソンが簡単に初球を打ってくれて、2Bゴロに倒れ、すぐに1アウトをプレゼントしてもらえたまでは良かったです。

 これは良い流れになるか!と思われたのですが、2番アーロン・ジャッジに強烈なRF前シングルを許した後、つづくアンソニー・リッゾには右中間スタンドに2ランHRを叩き込まれ、すぐに1点差まで追いつかれます。この間、たった4球!

 ヤンキースはこの電光石火の反撃により、1点ビハインドをもろともしない空気を作りました。

 ゲリット・コールは4イニングで降板。まだ本来の調子ではなかったです。一方のネイサン・イオバルディは、4回にジャンカルロ・スタントンに同点弾を浴び、5回、3失点で降板。

 もつれるゲームでともにベストではないものの、大崩せずにベターな投球はしたと思います。

ウィットロック、3イニング目に失点

 レッドソックスは6回表にアレックス・ベルドゥーゴのタイムリーで1点を勝ち越し(4-3)。

 6回裏からは、2021年も好投したギャレット・ウィットロックが登板。ファストボールでリズムよく押して行く、強気な投球を披露。しかし、3イニング目となった8回裏、1アウト後にDJ・ルメイヒューに右中間スタンドにHRを許し、4-4の同点に追いつかれます。

 同点にされたものの、中盤の2イニングをよく凌いだという方がよい投球でした。残り2アウトは、今季加入のマット・ストラムがキレのあるボールで打ち取り、今後に期待を抱かせます。

オートマティック・ランナーでサヨナラ負け

 ともに譲らず、延長戦となったため、ノーアウトランナー2塁のオートマティック・ランナーからスタート。レッドソックスは10回表に、ボガーツのタイムリーで勝ち越し。打った瞬間、足を引きずりましたが、ハムストリングスではなかった模様。

 10回裏、レッドソックスのマウンドにはジェイク・ディークマンが登板。1アウトを奪ったものの、申告敬遠などで満塁にしたところで降板。

 この大ピンチにライアン・ブレイジャーが指名され、マウンドに。四球も出せない中、グレイバー・トーレスに犠牲フライを許し、1失点。これはもう致し方ありません。ただ、ライアン・ブレイジャーはこの1失点のみに留めたのが大きかったです。並の心臓の投手であれば、ここでサヨナラ負けを喫していたと思います。

ドナルドソンがサヨナラ安打

 11回表、レッドソックスはベルドゥーゴ、ストーリー、ダルベックで三者凡退。これで勝負ありでしたね。

 11回裏、マウンドにはカッター・クロフォード。シェーン・ビーバーのようなショートアームの良い投手なのですが、先頭のジョシュ・ドナルドソンにCF前シングルを許して、二塁ランナーのカイナー=ファレファがホームインし、サヨナラ。ヤンキースが6-5で初戦を取りました。

Boston Red Sox at New York Yankees Box Score, April 8, 2022 | Baseball-Reference.com
New York Yankees beat Boston Red Sox (6-5). Apr 8, 2022, Attendance: 46097, Time of Game: 3:56. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

Game2

 現地2022年4月9日、開催されたGame2は、レッドソックスがニック・ピベッタ、ヤンキースがルイス・セベリーノが先発。

セベリーノは4回途中で降板

 注目は、ルイス・セベリーノがどれだけの投球を見せるか?というところ。右肩のローテーション・カフを痛めたことから始まり、トミージョン手術まで経験。2021年9月20日に復帰していたものの、やはり彼がどこまで本調子なのかが気になりました。

 セベリーノは、2回にベルドゥーゴの2ランHRを含む3長短打を浴び、2失点。4回表に、先頭のベルドゥーゴにシングルを許したところで降板。3イニングで被安打5、失点2、奪三振が5。与四球はなし。この日は結果が出なかったものの、シーズン半ばまでには調子が上がってきそうですね。やっかいですね。

またしてもリッゾにHR

 丁寧な投球で3回まで無失点投球をしていたニック・ピベッタでしたが、4回裏、2巡目に入ったところで、ヤンキース打線に合わせられ、1番のジョシュ・ドナルドソンにLF前シングルを許した後、3番のアンソニー・リッゾに右中間スタンドに2ランHRを放り込まれ、2−2の同点に追いつかれます。

ジャンカルロ・スタントンに勝ち越し2ラン

 そこから粘りを見せるのがニック・ピベッタで、リッゾに2ランを浴びて以降、4回は追加点を許さず。5回は三者凡退に打ち取り、なんとか流れを渡さないように踏ん張っておりました。

 しかし、6回裏、先頭のアーロン・ジャッジを四球で歩かせた後、リッゾを1Bファウルフライに討ち取ったまではよかったものの、つづくジャンカルロ・スタントンへの2球目のスライダーを致命的なコントロールミス。これを軽々とLFスタンドに放り込まれ、2ランHRに。

 ヤンキースが4−2と勝ち越しに成功。

 ピベッタは2アウトまで奪ったところで降板。5.2イニングで被安打4、失点4、与四球3、奪三振4、被本塁打2という内容。この数字からも、HRのプレッシャーを常に受けていた投球が伺えるような気がします。やはりジャッジは圧が強いですね。

 打線の方ですが、7回から9回までの3イニングで出塁したのは四球の1つとエラーの1つのみ。無安打です。盛り上がることなく終わってしまいました。ちょっと明日以降の戦いが心配になる終わり方でしたね。ヤンキースが4−2で勝利。

Boston Red Sox at New York Yankees Box Score, April 9, 2022 | Baseball-Reference.com
New York Yankees beat Boston Red Sox (4-2). Apr 9, 2022, Attendance: 46882, Time of Game: 2:58. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

BOSは6番以降が機能せず

 この2戦で言えるのは、レッドソックス、ヤンキースともに貧打であること。スーパースターのホームランによる得点で動いた2戦でした。

 特にレッドソックスは、ストーリー、ダルベック、JBJ、バスケスと当たりが出ておりません。

 期待のトレーバー・ストーリーは、Game1では音無し。この日の1打席目に、セベリーノから二塁打を放ったものの、後は打てる雰囲気を全く感じさせない打席が続いております。

 ダルベックはGame1で1本打ちましたが、この日は音無し。彼も全く打てる雰囲気がありません。

 もともと、打撃には期待できないJBJですが、彼の場合、捉えてはいるものの、野手がギリギリでキャッチするなどアンラッキーな当たりが多いです。未だ無安打ながら、まだ内容は伴っているとも言え、むしろ下位打線でもっとも期待できる存在のように思います。

 バスケスは捕手ゆえに、開幕2戦は致し方ないと思います。逆方向は意識してもたいたいところです。

 よって、ヤンキースからすれば5番までケアすれば、あとはかなり楽ちんという状態。

 ちょっと工夫してもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました