スポンサーリンク

【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!

景気の良かった2022年のPS

 現地2022年11月23日のこととなりますが、書き逃していたのでこのタイミングで記しておきます。

 2022シーズンはアストロズとフィリーズがワールドシリーズに進出し、アストロズが4勝2敗でチャンプとなりました。

 そして23日、今季のポストシーズン・シェアが確定。アストロズの選手には一人当たり$516,347のボーナスが支払われることになりました。

 ちょっと詳細を見てみたいと思います。

ポストシーズン・シェアとは?

 ポストシーズン・シェアとは、ポストシーズンに出場したクラブの選手が受け取る出来るボーナスのこと。

 詳細は下記のリンクに記しております。

 簡単に書くと、原資は何かというとプレーオフのゲート収入。このゲート収入は開催したフランチャイズのクラブがすべて持って行かれるのではなくて、下記の配分でポストシーズン・シェアに割当てられます。ポストシーズンはWCSなら最短で2試合、DSなら3試合、CS、WSなら最短で4試合で決着がついてしまいますが、それを想定して、まずはポストシーズンシェアに割当てる分を確保。これがそれぞれのシリーズの最初の数試合のゲート収入の60%。シリーズが深くなればなるほど、ポストシーズン・シェアに割り当てる分がなくなりますから、そうなるとクラブ側へより多く利益が転がるようになっています。

【2022プレーオフのプレーヤーズ・プールの構成】

  • ワイルドカード・シリーズ: Game1-2のゲート収入の60%
  • DS(地区シリーズ):Game 1-3のゲート収入の60%
  • LCS (リーグ・チャンピオンシップ・シリーズ):Game 1-4のゲート収入の60%
  • WS(ワールドシリーズ): Game 1-4のゲート収入の60%

 そして上記の収入がポストシーズンに出場した全12クラブに配賦されるボーナスの総額。

 そしてその総額を、プレーヤーズ・プールと言い、WSチャンプ→WS敗退→NLCS/ALCS敗退、NLDS/ALDS敗退、AL/NL WCS敗退の順で各クラブに配賦する訳です。その配賦割合は強い順。

 そして各クラブに割当てられた額は、各クラブでさらに配賦されます。その配賦の際に、実際の貢献度に差があることから、1年を通じて頑張った人には満額、トレードで途中から入ってきた人、あるいはマイナーから途中で上がってきた人にはそれより落ちる額で、というふうに割り当てます。それを株のようにFull Share/ Patial Share/ 現金支給というふうな割合いで落とし込んで配るのです。

 その割当は揉めたりしないようにどうやらコミッショナー・オフィスで、なんからのフォーマットでもって誰がフルシェアで、だれがパーシャル・シェアでというふうに決めるようです。その計算式などはアン・ディスクローズです。

2022年の総額は過去最高額の107.5M

 プレーヤーズ・プールの総額2021年は$90.47Mだったのですが、2022年は$107.5 Mにまで伸びました。

 今季は史上初めて12クラブによるプレーオフを開催したのですが、2クラブ増えたのでポストシーズン・シェアは減るのかと思いましたが、3ゲームシリーズのワイルドカード・シリーズがALとNLで2カード出来たこともあり、試合数が増えました。よって、その影響もあって総額も増えております。

 そしてこの額は過去最高額です。

アストロズには38.7Mドル

 プレーヤーズ・プール総額$107.5 Mのうち、WSチャンプのアストロズには$38.7Mドルが割り当てられることになりました。

アストロズのフルシェア(満額)は516Kドル

 そして、アストロズのフルシェア、つまり満額は$516,347ということになりました。これをJPY 140/USDで換算したなら、ざっと7230万円ほどです。大きいですね!

 ちなみにアストロズは$38.7Mを59のFull Sharesと14.14のPatial Shares、$0.94Mの現金支払に分けたところ、満額が$516,347になったということです。これがPer Shareになります。

 Pertianl ShareがFull Shareからどれだけ欠けているのわからないのですが、結構少ないかもしれません。というのはFull Shareだけで$516,347 x 59名でざっと$30.5Mほどを占めることになるからです。

 なお、アストロズの今回のFull Shareは過去最高額。ちなみに2021年にワールドシリーズを制したブレーブスのポストシーズン・シェアのFull Shareは1人あたりおよそ$397Kでした。

フィリーズは満額で296Kドル

ワールドシリーズで敗退したフィリーズは$25.8Mドルを受領し、それを72のFull Share、15.03のPertial Share、そして$0.002Mの現金報酬に分けました。Full Shareは$296, 255に。

 今年の他のプレーオフチームの一人当たりのFull Shareは次の通り。

  • アストロズ:516,347ドル(ワールドシリーズ王者)
  • フィリーズ:296,255ドル(ワールドシリーズ進出)
  • パドレス:152,709ドル(NLCS)
  • ヤンキース:145,820ドル(ALCS)
  • ガーディアンズ:45,795ドル(ALDS)
  • ブレーブス:44,878ドル(NLDS)
  • マリナーズ:42,221ドル(ALDS)
  • ドジャース:36,148ドル(NLDS)
  • カージナルス:10,351ドル(NLWC)
  • ブルージェイズ:10,007ドル(ALWC)
  • メッツ:9,480ドル(NLWC)
  • レイズ: $8,387 (ALWC)

 日本円で考えると、WSチャンプは7230万円ほどで、WS進出で4150万円ほど。そしてワイルドカードシリーズ敗退で132万円ほどというのがポストシーズンのボーナスということになりました。

 努力がサラリー以外でこのような形でプラスされるのは嬉しいことでしょうね。それこそ頑張った報酬です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました