スポンサーリンク

【MLB2023】オリオールズ、激戦を制して再び単独首位に!藤浪投手はリードを守れず!

BAL 6 @ 5 TB : 高品質のアツいゲーム!

 現地2023年7月22日、オリオールズ@レイズの首位攻防のGame3が行われましたが、両クラブとも集中力が研ぎ澄まされ、非常に高品質のゲームで見どころ満載でした。首位攻防ならではの激アツゲームだったと思います。

 Game1はオリオールズがタイラー・グラスノー先発ゲームを4-3でものにし、Game2はレイズのザック・エフリンが数字通りのちからを発揮して3-0で勝利。エフリンは11勝目。

 そしてGame3ではレイズはシェーン・マクラナハンを投入して来ました!

O’s、4回にマクラナハンに襲いかかる

 シェーン・マクラナハンは前回のレンジャーズ戦でも好投。6回、被安打3、失点2でした。ただ、2-0とリードしつつも、エジキエル・デュランに同点2ランHRを打たれたという悔しい投球でした。

 この日は立ち上がりにやや苦労して四球を2つ出しましたが、2回、3回は3人ずつで攻撃を終わらせ、序盤は無失点。

 しかし、4回表に集中打を浴びます。2巡目、先頭のアンソニー・サンタンデアを2Bポップフライに打ち取ったまでは良かったのですが、ライアン・マウントキャッスルにCF前シングル。つづくアーロン・ヒックスは三振に打ち取り2アウトまでこぎつけたものの、ガナー・ヘンダーソンにLF前シングルを許し、1塁ランナーのマウントキャッスルが3塁へ進塁。この間にガナー・ヘンダーソンも2塁へ。この走塁が効きました。

 ラモン・ウリアスが四球で2アウト満塁となったところで、この日マスクを被ったジェームズ・マッキャンが左中間へ2点タイムリー・ダブル。オリオールズが2-0と先制します。

 さらに、ホルヘ・マテオ、オースティン・ヘイズにも連続2塁打が飛び出し、オリオールズはこの回に一気に5得点を奪い5-0と試合を優位に進めます。

グレイソン・ロドリゲスが好投

 オリオールズ先発は23才のルーキー右腕のグレイソン・ロドリゲス。2つのダブルプレーなどがあり、5回までレイズを3人ずつに斬って取ります。

ガナー・ヘンダーソンの鬼送球

 特に5回裏の1アウト1塁でアイザック・パレデスが放った3塁線への強烈なライナーに対する、ガナー・ヘンダーソンの処理は拍手ものでした。ガナー・ヘンダーソンは強烈なライナーに見事に反応。しっかりとキャッチしてしかも1塁へメジャーならではの強烈な送球を放ち、ダブルプレーに。集中力が高まった素晴らしいプレーでした。

 グレイソン・ロドリゲスは6回裏にワンダー・フランコに2点タイムリーを打たれたところで降板。5.2イニングで被安打3、失点2、自責点2、BB 2、SO6と好投しました。

 そして2番手、ダニー・クーロム(Danny Coulombe)が7回裏に2連続シングルを浴び、ランナーをためたところで、イェニエル・カノーが登板。しかし、カノーはアイザック・パレデスにタイムリーを許し、スコアは5-3。

藤浪投手、リードで登板も同点に追いつかれる

 8回裏、5-3とリードを保ったオリオールズが起用したリリーバーは藤浪投手。リードした展開での初登板です。

 しかし、藤浪投手はマニュエル・マーゴット、ヤンディー・ディアスに連続四球を与え、同点のランナーを出してしまいます。

 さらにワイルドピッチでそれぞれ3塁、2塁へ進塁させた後、ワンダー・フランコに進塁打となる2Bゴロを打たれ、その間に1失点。スコアは5-4に。

 ハロルド・ラミレスにはボール先行から最後は94mphのスプリッターで三振を奪い、2アウトまでこぎつけたまでは良かったものの、ランディー・アロウザリナの強烈なSSゴロをホルヘ・マテオが処理出来ずにタイムリーとなり、代走で出ていたビダル・ブルハーンが生還して5-5の同点に。

 藤浪投手はここで降板。シオネル・ペレスにスイッチしました。ペレスはブランドン・ロウを三振にし止め、5-5の同点で9回表に。

 藤浪投手は、0.2イニングで被安打1、失点2、自責点2、BB 2、SO1。グレイソン・ロドリゲスの勝ちを消してしまいました。

 緊迫したゲーム展開でホールドを期待されて投入されましたが、今後このような場面での登板機会は難しいかもしれません。リリーバーのローテーション次第というところでしょうか。

O’s、9回に勝ち越し!

 オリオールズは9回表、先頭のアダム・フレイジャーがLFへのシングルで出塁。つづく、ブライアン・マッキャンは送りバントでしたが、レイズのピート・フェアバンクスの投げたボールが完全に死球コース。これをバットの根本に当ててフェアゾーンに転がしたマッキャンは結果的に送りバント成功。顔面に当たりそうな危ないボールでした。

 オリオールズはホルヘ・マテオの打席でライアン・オハーンを代打で起用。これがバッチリ当たって、オハーンがRFへタイムリーを放って、オリオールズが6-5と勝ち越しに成功。

 その後もチャンスはあったのですが、1点止まりでした。

 9回裏、フェリックス・バティスタが登板し、打者3人で片付けてオリオールズが勝利。

 レイズに追い上げられましたが、直後に勝ち越したところがさすがに首位のチームという戦いぶりでした。

 オリオールズはこれで60勝38敗。レイズは61勝を上げていますが、41敗目ですので勝率の差で、オリオールズが1.0ゲーム差をつけて単独首位となっています。

 Game4でオリオールズが2.0ゲーム差にするのか、あるいはレイズが再び同率首位に持ち込むのか、手に汗握る攻防となっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました