スポンサーリンク

【MLB2018】S・マナエアのノーヒッター達成とダニー・ファークハーの脳出血の状況

ショーン・マナエアがNO-NO達成!

現地2018年4月21日、アスレチックスの左腕、ショーン・マナエア(Sean Manaea #55)がレッドソックス打線を相手にノーヒット・ノーランを達成しました!

Congratulations!

達成の瞬間

打ちにくい角度から腕が出てくる左腕で、チェンジアップの使い方がうまかったですね。なんと言っても相手は打線好調のレッドソックスでしたから、これは価値がありますね。

尚且つ、レッドソックスの先発はクリス・セールで、最少失点をキープしないと勝てませんから、エースとの投げ合いでも負けなかったところがよかったですね。

ショーン・マナエアは108球、与四球2、奪三振10でした。

運も味方に

記録達成には、運も味方したプレーが2つほどありました。

エラー判定

1つ目はオークランドのSS・セミエンのポロリ。非常に難しい捕球でしたが、”H”ではなく”E”がつきました。

セミエンには可哀想ではありましたが、まだ回も浅かったので、よもや”E”でよかったとは、セミエン本人もこの時点では思っていなかったでしょうね(MLBではこういうケースはほとんどEがつきます)。

※念のため、NO-NOは、ヒット0、得点0が要件です。エラーと四死球はOK。

3フィートライン

もうひとつは90cmの幅に助けられたというシーン。

これはスリー・フット・ラインの幅のことで、3フィートのセンチ換算は91.4 センチメートルです。ルールでは、タッチを避けるのにこのスリー・フット・レーンを超えると、スリー・フィート・オーバーでアウトになります。

野手との交錯を避けるためにレーンを超えてしまうこともあるのですが、その場合は考慮されます。

ただ、今回はタッチを避けるための行為として判定されたようです。ベニンテンディーもそれほど膨らんではいなかったのですが、スリー・フット・ラインの外側にある芝生に足がかかっていたことでオーバーとみなされたようです。

それにしても、見事にNO-NOが継続できましたね!これら2つは冷静に考えてみると、結構、背筋がゾッとするくらいのギリギリの要素だったのではないかと思います。

【動画】Recap: OAK 3, BOS 0

【ショーン・マナエアのプロフィール】

  • 1992年2月1日生まれ、26才。アメリカ出身
  • 196cm、左投げ右打ち
  • 2013アマチュアドラフト1巡目(全体34位)ロイヤルズから指名
  • 当時OAKに在籍していたベン・ゾブリストとのトレードでOAKへ
  • 2016年にMLBデビュー。2017年は12勝10敗、
  • ファストボールは91−2マイル、チェンジアップが80−83マイル、スライダーが80マイルほど
All-time no-hitters in MLB history
There's nothing quite like the buzz around a ballpark when a pitcher has finished six or seven innings without allowing a hit. By the start of the ninth inning,...

脳出血のダニー・ファークハー

さて、別の話題です。ホワイトソックスのリリーバー、ダニー・ファークハーが現地2018年4月20日のアストロズとのゲームの途中、ベンチで倒れました。

6回のピンチに、1アウトから2番手としてマウンドに上がったファークハーは、2塁打とHRを打たれて失点したものの、なんとかアウト2つをとってベンチに引き上げました。ところが、ベンチで意識を失っていました。

診断は動脈瘤の破裂が起因した脳出血。現在、症状は安定しているものの、まだ予断を許さない状況でICUで治療を受けているそうです。

ホワイトソックスはプライバシーも鑑みながら、情報をアップデートしてくれるようです。また、豪快なフォームから繰り出される快速球が見たいですね。回復を祈りたいと思います。

現地2018年4月21日、大谷選手はジャイアンツ戦に出場しませんでした。現時点(日本時間2018年4月22日の夕方)では先発予定も未定です。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました