スポンサーリンク

【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について

マリナーズ

2021ALサイ・ヤング賞左腕のディール

 現地2021年12月24日も大きな動きがありません。本日もロックアウト前に駆け込みで決まったディールについて書きたいと思います。

 本日は、2021年のア・リーグのサイ・ヤング賞左腕のロビー・レイについてです。

マリナーズと5年/115Mドル

 ロビー・レイとマリナーズは、現地2021年11月30日、大型ディールを成立させました。内容なこちらです。

  • 5年/$115M (2022-2026)
    • 2021: $21M/ 2022: $21M/ 2023: $23M/ 2024: $25M/ 2025: $25M
    • 2024シーズン終了後にオプトアウトあり
    • 2022-23はフル・ノートレード条項あり
    • 2023シーズン終了後、トレードとなる場合は$1Mのトレード・アサインメント・ボーナス
    • AAV(Annual Average Value)は、$23M

 まずサラリーですが、AAVで$23Mとかなりのインパクトとなります。そして、注目したいのが、2023シーズン終了後にオプトアウトが入っていること。ロビー・レイがその時のクラブ事情によって、残りの契約をこのまま更新するか、他のクラブへ行くかの選択肢があるという内容ですね。

2度目のFAイヤーにサイ・ヤング賞

 ロビー・レイの2021シーズンのサラリーは1年/$8M。そこから比べると今回のマリナーズとの契約は、大幅にアップしました。約3倍ですね。

 これはサイ・ヤング賞効果でもあります。

1度目のFA時、TORは1年契約しか提示せず 

 2019年オフのお話から始めます。ロビー・レイは当時Dバックスに在籍。2019年終了後、調停のファイナル・イヤーとなっていたロビー・レイは、2020年1月にDバックスと1年/$9.43Mでサインしていました。

 そして2020年8月30日のトレード・デッドライン(2020年は特殊シーズンだったがゆえに、TDLもその設定になっていました)で、Dバックスからブルージェイズへ移籍。2017年に15勝5敗、ERA 2.89、奪三振218、SO9 12.1をマークしたロビー・レイは以降、移籍市場で常に名前が挙がっていました。Dバックスはこれまでトレードの切り札として温存していましたが、2020シーズンが始まり、乱調が続いてレイを半ば諦める形で手放しました。

2020年の不調は、ジオリト型のショート・テイクバック 

 いい選手ほど、毎年なんらかの進化を遂げようと努力しますが、たまにその努力が裏目になることがあります。

 2020年のロビー・レイがまさにそうで、球速アップとコントロールの安定を目指して、ホワイトソックスのルーカス・ジオリトのようなショート・レンジのテイクバックに変えてシーズンIN。ボールの重みを生かして、楽に腕を上げてフィニッシュだけ力を入れるというスナップスローをするような感じのテイクバックですね。

 ところが、2020シーズン初っ端から四球を連発。7先発して、31イニングで31四球を出したのでした。Dバックスでの7試合でのBB9は9.0と大いに荒れてしまったのでした。進化目的が完全に裏目に。

 そして8月後半に元のテイクバックに直したところ、コントロールが安定。落ち着きを取り戻しました。ただ、ブルージェイズにおいても、BB9は6.1と高い数字が出てしまいました。

 一時は、肩肘の故障か?とヒヤリとさせましたが、進化を目指した努力が裏目に出たことがわかり、関係者をホッとさせたのでした。

 2020年のこの数字があったため、ロビー・レイは初FAを前年ダウンのサラリーでサインせざるを得ませんでした。

 一方、ブルージェイズ側も2020年の収益減があったため、ロビー・レイとの契約に大きな冒険が出来ませんでした。仮にピッチング・コーチが適切にレポートしていたとしても、おそらくマルチイヤーでの契約はしなかったでしょう。それくらい、2020年の収益減は各クラブに大きなインパクトを与えました。

2021年にサイ・ヤング賞

 自らのメカニックを把握したロビー・レイは2021年に大躍進。サイ・ヤング賞を獲得したのはご承知のとおりです。

 ERA2.84、奪三振248と投手の主要タイトル2冠を達成。サイ・ヤング賞は文句無しでしたね。

【ロビー・レイ 2021成績】

WINLose先発IPERASOWHIPBB9SO9ERA+
13732193.12.842481.0452.411.5154
AL1位AL1位AL 1位AL 1位AL1位

 ロビー・レイは1991年10月1日生まれで、2020シーズンは30才で開幕を迎えます。もともとは2010年ナショナルズ12巡目指名。高校卒でのプロ入りでした。

 2013年、ナショナルズがダグ・フィスターを獲得したトレードでイアン・クロール、スティーブ・ロンバードージとともにタイガースへ移籍。デビューは翌年の2014年です。

 ルーキーイヤーを過ごした直後の2014年12月、タイガースからDバックスへ移籍。このディールはヤンキース、Dバックス、タイガースの三角トレードで、ヤンキースがDバックスからディディ・グレゴリアスを獲得したトレードです。また、現ブレーブスのシェーン・グリーンもこの時、ヤンキースからタイガースへ移籍しました。

そしてDバックスでは2017年に15勝5敗をマークし、一躍注目を浴び、その後は上述の通りです。

マリナーズ、戦力が充実

 ロビー・レイを獲得したマリナーズ。2021シーズンは惜しくもポストシーズン進出を逃しましたが、いい芽が出ていますね。

 ローテーションだけでこんなに充実。菊池投手が抜けてこれです。

  1. ロビー・レイ(L):13-7/ ERA 2.84 (サイ・ヤング賞)
  2. マルコ・ゴンザレス(L):10-6/ ERA 3.96
  3. クリス・フレクセン: 14-6/ ERA 3.61
  4. ローガン・ギルバート: 6-5/ ERA 4.68 (ルーキー・イヤー)
  5. ジャスティス・シェフィールド(L): 7-8/ ERA 6.83

豪腕、アンドレ・ムニョスの実質的なカムバック・イヤー!

 更に朗報なのが、豪腕のアンドレ・ムニョスが帰ってきます!2019年に20才でメジャーデビューしたムニョスは、22試合、23.0イニングに登板し、1勝1敗、ERA3.91を記録。 SO9が11.7、BB9が4.3。100マイルを連発した投手です。

 しかし、2020年3月にトミー・ジョン手術。トミー・ジョン手術のリハビリ中の2020年8月30日のトレード・デッドラインでマリナーズへ移籍。

 移籍組のタイ・フランスらは2021年は大いにがんばりましたね。

 アンドレ・ムニョスですが、2021シーズン、実は復帰しました。ただし、10月3日のエンゼルスとの最終戦に6回に0.2イニングだけ。よって、2022年が実質的なカムバック・イヤーとなります。

 肘の調子を見ながら、おそらくゲーム後半に出てくると思われます。これは2019年の時はストライクとボールがはっきりしていて、まだコントロールに不安はあると思います。しかし、楽しみな逸材でもあります。

 マリナーズ、結構いい戦力です。

 レンジャーズも強化していますし、大谷選手の2022年はなかなか厳しい環境になりますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました