スポンサーリンク

【MLB移籍2020】パドレス&マリナーズ間でT・トランメル、A・ムニョス、A・ノラら7人が動くトレードが成立!

ブロックバスター・トレード成立

 現地2020年8月30日、パドレスとマリナーズ間で中堅どころの選手をメインに7名が動くブロックバスター・トレードが成立しました。

 この面々を見て驚いたのは確かにパドレスも良い選手を獲得したと言えますが、それ以上に良い選手を出し過ぎではないかといささか心配になるディールです。

トレード詳細

 ではこのトレードの動きを整理します。

【パドレスGET】

  • オースティン・ノラ(Austin Nola ): UTL(1B/C/2B)、30才/右投げ右打ち
  • オースティン・アダムス(Austin Adams ):RHP/29才/右投げ右打ち
  • ダン・アルタビラ(Dan Altavilla ):RHP/27才/右投げ右打ち

【マリナーズGET】

  • テイラー・トランメル(Taylor Trammell):OF/22才/左投げ左打ち
  • タイ・フランス(Ty France): INF/26才/右投げ右打ち
  • ルイス・トレンズ(Luis Torrens): C/24才/右投げ右打ち
  • アンドレ・ムニョス( Andres Munoz):RHP/21才/右投げ右打ち

選手プロフィール

【パドレスGET】オースティン・ノラとは

 もうベテランの部類に入るユーティリティーです。もともとは2012年、マーリンズ5巡目指名でプロ入り。デビューは遅く、2019年6月。なんと29才のシーズンです。

 2019年は残りシーズンにほぼフル出場。79試合で、打率.269、OBP .342、SLG .454、HR10。

 2020シーズンはほぼフル出場の29試合で、打率.303、OBP .373、SLG .531、HR5と非常に好調。これはパドレスにとって非常に戦力となる選手。

【パドレスGET】オースティン・アダムスとは

 2012年エンゼルス、8巡目指名の投手。2016年、エンゼルスがナショナルズからダニー・エスピノーザを獲得したトレードで他1名とともにナショナルズへ。

 2019年5月、マイナーの投手プラス金銭でナショナルズからマリナーズへ移籍。2019年はナショナルズとマリナーズで30試合に登板。

 2019年9月にACL(膝前十字靭帯)を断裂。2020年8月31日時点で60DaysILです。

 アンドレ・ムニョスもILゆえにこれはマリナーズに押されたか。

【パドレスGET】ダン・アルタビラとは

 2014年マリナーズ5巡目指名のリリーバー右腕。デビューは2016年8月。2017年には41試合に登板。2020シーズンは13試合に登板し、ERA 7.71。なおキャリア通算のERAは4.08。

 リリーバー補強です。

【マリナーズGET】テイラー・トランメルとは

 2016年レッズ1巡目指名のOF。そして2018年、フューチャー・ゲーム・MVPを獲った選手。

 Pre-2020のMLB.comのトッププロスペクト・ランキングでは57位。ちなみにPre-2019では16位でした。

 2019年のトレードデッドラインで、トレバー・バウアー、ヤジエル・プイーグ、フランミル・レイエス、ローガン・アレンらが動いたトレードでパドレス入り。

 2年連続でTDLで動いたプロスペクトです。トレードの切り札にしたくなるほどの良い素材の選手とも言えます。

【マリナーズGET】タイ・フランスとは

 2015年パドレス34巡目指名でプロ入り。デビューは2019年4月。内野のユーティリティーとして活躍。2020シーズンは20試合で、打率.309、OBP .377、SLG .491。

 ミッチ・モアランド獲得の余波で出場機会減が懸念されそうな状況でしたが、マリナーズはそこをうまくついたのかもしれませんね。良い選手です。

 

【マリナーズGET】ルイス・トレンズとは

 ジェイソン・カストロのパドレス移籍の記事にも記載したゲームにも出ている捕手。24才というのが魅力です。

【マリナーズGET】アンドレ・ムニョスとは

 21才の剛球リリーバー右腕。パドレスが出してはいけない投手。超ハードスロー・ライティーです。

 ただ、現地2020年3月20日、トミージョン手術で今季は全休。2021年夏には復帰できただけに、どうして出したのか?という疑問がつきまといます。

 ひょっとしたら、マリナーズからつきつけられたオースティン・ノラの交換条件がムニョスだったかもしれません(推測です)。

 

SDP、目先の勝利にこだわったか?

 全体としてこのトレードのパドレスにとっての意味は、いささかわからないところがあります。それくらい良い選手を出しすぎているのではないかと思います。

 新しい選手を獲得したことにより、出場機会が少なくなる選手を出したという点では、選手にとってはプラス面も多いでしょう。それはマリナーズに行っても、保証されている訳ではありません。怪我人も考慮し、キープしておいた方が良いのではないかとも思うディールでもありました。 

 どうしてもオースティン・ノラがほしかったのかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました