スポンサーリンク

【MLB移籍2020】パドレス&マリナーズ間でT・トランメル、A・ムニョス、A・ノラら7人が動くトレードが成立!

ブロックバスター・トレード成立

 現地2020年8月30日、パドレスとマリナーズ間で中堅どころの選手をメインに7名が動くブロックバスター・トレードが成立しました。

 この面々を見て驚いたのは確かにパドレスも良い選手を獲得したと言えますが、それ以上に良い選手を出し過ぎではないかといささか心配になるディールです。

トレード詳細

 ではこのトレードの動きを整理します。

【パドレスGET】

  • オースティン・ノラ(Austin Nola ): UTL(1B/C/2B)、30才/右投げ右打ち
  • オースティン・アダムス(Austin Adams ):RHP/29才/右投げ右打ち
  • ダン・アルタビラ(Dan Altavilla ):RHP/27才/右投げ右打ち

【マリナーズGET】

  • テイラー・トランメル(Taylor Trammell):OF/22才/左投げ左打ち
  • タイ・フランス(Ty France): INF/26才/右投げ右打ち
  • ルイス・トレンズ(Luis Torrens): C/24才/右投げ右打ち
  • アンドレ・ムニョス( Andres Munoz):RHP/21才/右投げ右打ち

選手プロフィール

【パドレスGET】オースティン・ノラとは

 もうベテランの部類に入るユーティリティーです。もともとは2012年、マーリンズ5巡目指名でプロ入り。デビューは遅く、2019年6月。なんと29才のシーズンです。

 2019年は残りシーズンにほぼフル出場。79試合で、打率.269、OBP .342、SLG .454、HR10。

 2020シーズンはほぼフル出場の29試合で、打率.303、OBP .373、SLG .531、HR5と非常に好調。これはパドレスにとって非常に戦力となる選手。

【パドレスGET】オースティン・アダムスとは

 2012年エンゼルス、8巡目指名の投手。2016年、エンゼルスがナショナルズからダニー・エスピノーザを獲得したトレードで他1名とともにナショナルズへ。

 2019年5月、マイナーの投手プラス金銭でナショナルズからマリナーズへ移籍。2019年はナショナルズとマリナーズで30試合に登板。

 2019年9月にACL(膝前十字靭帯)を断裂。2020年8月31日時点で60DaysILです。

 アンドレ・ムニョスもILゆえにこれはマリナーズに押されたか。

【パドレスGET】ダン・アルタビラとは

 2014年マリナーズ5巡目指名のリリーバー右腕。デビューは2016年8月。2017年には41試合に登板。2020シーズンは13試合に登板し、ERA 7.71。なおキャリア通算のERAは4.08。

 リリーバー補強です。

【マリナーズGET】テイラー・トランメルとは

 2016年レッズ1巡目指名のOF。そして2018年、フューチャー・ゲーム・MVPを獲った選手。

 Pre-2020のMLB.comのトッププロスペクト・ランキングでは57位。ちなみにPre-2019では16位でした。

 2019年のトレードデッドラインで、トレバー・バウアー、ヤジエル・プイーグ、フランミル・レイエス、ローガン・アレンらが動いたトレードでパドレス入り。

 2年連続でTDLで動いたプロスペクトです。トレードの切り札にしたくなるほどの良い素材の選手とも言えます。

【マリナーズGET】タイ・フランスとは

 2015年パドレス34巡目指名でプロ入り。デビューは2019年4月。内野のユーティリティーとして活躍。2020シーズンは20試合で、打率.309、OBP .377、SLG .491。

 ミッチ・モアランド獲得の余波で出場機会減が懸念されそうな状況でしたが、マリナーズはそこをうまくついたのかもしれませんね。良い選手です。

 

【マリナーズGET】ルイス・トレンズとは

 ジェイソン・カストロのパドレス移籍の記事にも記載したゲームにも出ている捕手。24才というのが魅力です。

【マリナーズGET】アンドレ・ムニョスとは

 21才の剛球リリーバー右腕。パドレスが出してはいけない投手。超ハードスロー・ライティーです。

 ただ、現地2020年3月20日、トミージョン手術で今季は全休。2021年夏には復帰できただけに、どうして出したのか?という疑問がつきまといます。

 ひょっとしたら、マリナーズからつきつけられたオースティン・ノラの交換条件がムニョスだったかもしれません(推測です)。

 

SDP、目先の勝利にこだわったか?

 全体としてこのトレードのパドレスにとっての意味は、いささかわからないところがあります。それくらい良い選手を出しすぎているのではないかと思います。

 新しい選手を獲得したことにより、出場機会が少なくなる選手を出したという点では、選手にとってはプラス面も多いでしょう。それはマリナーズに行っても、保証されている訳ではありません。怪我人も考慮し、キープしておいた方が良いのではないかとも思うディールでもありました。 

 どうしてもオースティン・ノラがほしかったのかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました