スポンサーリンク

【2014】MLB史上初!延長14回に5点を奪い合う!岩隈、ERA1.94!

MLB史上初”という冠がついたゲーム

SEA-CWS Jun. 05 2013
14回裏www(2013年6月5日)

現地2013年6月5日、マリナーズがすごいゲームをやりましたね!MLB.comはもちろん、ESPN、NBCなどアメリカ・スポーツ・ネットワークでもトップニュースです(^^)

ご覧の通り↑、延長16回までもつれ、試合時間が5時間42分! 両チーム合わせて33安打!

このゲームはシアトルのローカルタイムでお昼12:40にプレーボールとなったわけですが、平日の真昼間ということで、お客さんの入りも今ひとつ。

フルの収容能力47,116人に対して、観衆20,139人と、42.3%の入りでした。

しかし、プロ野球の法則というか、こういうあまり注目されていない日のゲームに限ってトンデモない好ゲームが行われたりするものなんですよね。

今日がまさにそういうゲームでした(^^)

岩隈投手がすごい投球をしたのに!

このゲームは岩隈投手の登板日ということで、日本人は割りと注目していたかもしれませんね。

その岩隈投手は前回31日のツインズ戦でも8回を無失点に抑えており、調子は非常にいいです。この日も好調をそのままに、アダム・ダンやポール・コネルコというスラッガーのいるホワイトソックス打線をハッキリ言って手球に取りました!!

序盤は4シームと2シームというファストボール系が多めで、中盤以降にスプリットを増やすという、バリエーションを増やして幻惑させるパターンでした。ベテラン捕手、ケリー・ショパック(Shoppach)のリードもよかったと思います。

岩隈投手は味方打線がダブルプレーで何度もチャンスを潰す中、辛抱強く投げ抜き、8回(99球)を投げきり、被安打がたったの3、失点は0、与四死球0、奪三振5という素晴らしい投球を披露しました。

ERAがなんと1.94!!とア・リーグ2位に踊り出ました!また、WHIPは0.83は両リーグ通じて1位です!!

↓その素晴らしい投球の動画です

【動画】Iwakuma’s impressive start(2013年6月5日)

とにかく岩隈投手は今日もナイスピッチングだったのですが、その後の展開が凄すぎて、その素晴らしい努力が霞んでしまいました

F/14以上で両チーム5点以上、GSがMLB初

上の画像のスコアをご覧いただいておわかりの通り、延長14回表にマリナーズは5点を奪われてしまったにもかかわらず、その裏に5点を奪い返したのです!!

どこがMLB史上初だったかと言いますと、

  • 両チーム無得点の0-0で延長戦に入ったゲームで両チームとも5点以上の点を取ったのがMLB初!
  • 延長で同点の満塁弾を放ったのもメジャー史上初(マリナーズ:シーガー)!

両チーム総力戦

ホワイトソックスが5点を取った流れですが、マリナーズは延長12回表の途中までに岩隈投手を含め5人の投手をつぎ込んでいました。

6人目のダニー・ファークハー(Farquhar)は12回表の途中から13回までよく投げていたのですが、14回表にこらえきれず1失点。しかも満塁にしてマウンドを譲ります。

マリナーズはブルペンを使いきっており、ヘクター・ノエシ(Noesi)に任せるしかありませんでした。満塁の場面でマウンドに立った7人目のノエシは1アウトを取るものの、その後3本の長短打を浴びて4失点。 決定的な5点を奪われたのでした。

カイル・シーガー、延長14回にGSでタイ

完全にゲームが決まったと思われたマリナーズの14回裏です。

  • N・フランクリン:センターフライ 1アウト
  • M・ソーンダース:レフト前シングル
  • K・ショーパック:レフト前シングル
  • B・ライアン:レフト前シングル
  • エンディー・チャベス:レフト前シングルで1点目
  • J・ベイ:空振り三振 2アウト
  • K・シーガー:ライトスタンドに満塁ホームランで5点!
  • K・モラレス:レフトフライ

そのシーガーの同点HRの動画です↓

この粘りは凄かったですね! これを見たお客さんはラッキーです(^^)

H・ノエシ、堪えきれず

その後、ノエシは15回表もふらふらながら、なんとか無失点で乗り切ったのですが、16回表につかまり2失点でゲームはきまりました。マリナーズはその裏は3人で終わりました。

すごいゲームでした(^^) 
ただ、マリナーズは1回から7回までずっとチャンスを潰してきたというヒドイ攻撃があったのも事実。
ぜひ、この追い上げを自信にもっとしっかりと野球をやってもらいたい。

リキャップです↓

Chicago White Sox at Seattle Mariners Box Score, June 5, 2013 | Baseball-Reference.com
Chicago White Sox beat Seattle Mariners (7-5). Jun 5, 2013, Attendance: 20152, Time of Game: 5:42. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, pla...

【動画】Recap: CWS 7, SEA 5 – F/16(2013年6月5日)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました