スポンサーリンク

【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明

マリナーズ

エモーショナルな最終戦がそのまま引退試合に

 現地2021年12月29日、驚きましたね。

 マリナーズで11シーズンを過ごし、2022年に向けてFAとなっていたカイル・シーガー(Kyle Seager )が引退を表明しました。

 ファンへの告知は奥様のツイッターアカウントにて行われました。シアトルでの最終戦が非常にエモーショナルだった訳ですが、実は密かに胸に秘めていたものがあったようです。

まだ34才! 2021年に35HR

 カイル・シーガーは1987年11月3日生まれで、先月に34才の誕生日を迎えたばかり。2021シーズンはマリナーズの躍進に貢献。35HR,101 RBI、 3.8fWARをマークした選手です。

 このオフ、1994年4月27日生まれで6才4ヶ月年下の弟のコーリー・シーガー(Corey Seager)がドジャースをFAとなり、10年/$325M (2022-31)のメガ・ディールを獲得。

 2021年のカイル・シーガーの成績なら、当然他のクラブでのチャンスを探し、そして見つかるでろうと踏んでいただけに余計に驚かされました。

引退覚悟で最終戦に

 カイル・シーガーは地元のThe Seattle timesの記者ライアン・デビッシュ氏に引退の心境を告白。マリナーズがポストシーズンを逃した時から引退を決意し、打席、守備、グランドから見た光景を含めてこれで最後であるとしみじみとその瞬間を噛み締めながらプレーしたとのことです。

 2021年、マリナーズのポストシーズンの行方は最終戦にまでもつれました。レッドソックスとヤンキースがともに負け、マリナーズが勝利すればという厳しい条件ではありました。現地2021年10月3日のエンゼルスとの最終戦は、対象クラブのレッドソックスとヤンキースがともに勝利。この時点でマリナーズのポストシーズンへの進出はなくなり、当日はエンゼルスに3-7で敗戦。

 地元シアトルでの最終戦は非常にエモーショナルなものになりました。スコット・サービス監督は、カイル・シーガーを4番で起用。マリナーズは序盤からエンゼルスに得点され、ビハインドのまま終盤に。カイル・シーガーは7回裏にホセ・キハーダから三遊間へするどい当たりのライナーを放つもアウト。これが最終打席となりました。

 9回裏はランナーが2人出れば、カイル・シーガーにまで打席が回るターンでもありましたが、マリナーズでの最後はフィールドでという思いやりからスコット・サービス監督はカイル・シーガーが9回表の守備に就いたところで、交代を告げました。ちょうどイチロー選手の最終試合の時のように。

 スタンディング・オベーションで迎えられたカイル・シーガーはそれに応えてベンチに。ファンも来年は違うクラブでシアトルに襲いかかるかも!との思いも少しはよぎったかもしれませんが、マリナーズでの貢献をしっかりと讃えました。

カイル・シーガーの成績

 カイル・シーガーは2009年にマリナーズから3巡目指名を受け、プロ入り。2011シーズンにメジャー・デビュー。2012年からはほぼほぼフル出場に近い数字を残しています。怪我もあったでしょうが、長期離脱なしというのがプロとしての凄さを感じさせます。通算HRは249。

YearAgeGH2BHRRBIBAOBPSLGOPS
201123534713313.258.312.379.691
201224155154352086.259.316.423.738
201325160160322269.260.338.426.764
201426159158272596.268.334.454.788
201527161166372674.266.328.451.779
201628158166363099.278.359.499.859
201729154144332788.249.323.450.773
201830155129362278.221.273.400.673
20193110694192363.239.321.468.789
202032604912940.241.355.433.788
2021331591282935101.212.285.438.723
11Years14801395309242807.251.321.442.763
カイル・シーガーの成績

 2014年にはオールスター、ゴールドグラブ賞を受賞。2016年にはMVP投票で12位にランクインしました。

マリナーズとの契約

 一応、カイル・シーガーの契約を記載しておきます。

  • 7年/$100M (2015-21)

 マリナーズとカイル・シーガーは2014年12月に上記のように契約延長をしていました。2021年のサラリーは$18Mで、2022年は$15Mのクラブオプションがついていましたが、最終戦の時点でもうクラブオプションは行使しないことがわかっており、11月3日にそうなりました。

マリナーズの3B

 カイル・シーガーは今回、引退となったわけですが、マリナーズは3Bの候補として、タイ・フランス、エイブラハム・トロのどちらかを2Bもしくは3Bとして考えると思われます。そのほかにディラン・ムーアらもおります。

コーリーの兄!

 2017年、MLBはプレーヤーズ・ウィークエンドを実施。選手の背中にはニックネームがつけられましたが、この時、カイル・シーガーは、”Corey’s Brother”と記しました。

 ちょっと自虐の効いた感じがカイル・シーガーの人としての謙虚さを感じたものです。この人はたぶん、いい人であろうと。

 そんな人となりがにじみ出たカイル・シーガー。HRがキャリアハイとなったシーズンを最後に引退とは本当に残念です。かっこいいまま引退という点ではサンディー・コーファックスのようでもあります。

 お疲れ様でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました