スポンサーリンク

【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!

両チーム、延長をしのぎ合い

 現地2022年8月9日のヤンキース@マリナーズ戦は素晴らしいゲームとなりました。まさに「グレート・ゲーム」。

 すごかった点は延長戦が13回も続いたこと。2020年以来、延長戦はオートマティック・ランナーが2塁についてイニングがスタートすることになっているので、やはり得点は入りやすいです。それを両チームともに、表裏を併せて7回の機会を無失点で切り抜けたのですから、すごいの一言です。

Club12345678910111213
NYY0000000000000
SEA0000000000001X
現地2022年8月9日 NYY@SEA

ルイス・カスティーヨ、8回スコアレス

 このトレード・デッドラインでレッズからマリナーズへ移籍することになったルイス・カスティーヨ。マリナーズでのデビュー戦は、現地2022年8月3日、ブロンクスで行われたヤンキース戦。このときは6.2イニングで被安打5、失点3、奪三振8、被本塁打1という内容。スコアは7-3でマリナーズが勝利し、デビュー戦が初勝利を飾りました。

 そして、この日はT-Molibe・パークでのデビュー戦になりましたが、まさにド迫力投球。コントロール、球威、チェンジアップともに最高の出来でした。もう、映像だけでとんでもないレベルの投手であることがわかるすごい投球でしたね。

 ルイス・カスティーヨはこれぞ先発という仕事を披露。2回から7回までほぼ3人ずつの投球。4回表に先頭のジャッジにシングルを打たれたものの、ジョシュ・ドナルドソンをダブルプレーに取り、3人で終了。7回表は先頭のジャッジに四球を出すも、グレイバー・トーレスの打線でジャッジが盗塁死し、実質3人で攻撃を終了させました。さすがにジャッジを警戒しましたが、素晴らしいリズム。

 ルイス・カスティーヨは8回を投げきり、110球。被安打がたったの3、スコアレス、BB2、SO7という投球でした。

 ジャッジに対してはLFライナー、シングル、四球で長打を封じました。

ゲリット・コールも好投 

 たまにホームラン・ダービーになってしまうゲリット・コールですが、この日はルイス・カスティーヨに負けじと素晴らしい投球。7回を投げきり、109球。被安打4、スコアレス、BB0、SO8という内容でした。

 先発2人がとんでもないゲームメイクを披露したことでゲームのクオリティーが格段に上がりましたね。

リリーバーも好投

 その後です。誰か捕まりそうなものですが、両チームともにブルペンも素晴らしかったです。

アンドレ・ムニョスが3者連続三振

 ゲリット・コールの後を受けたアロルディス・チャップマンは8回を被安打1に抑え、スコアレス。SOは0。今季は調子が悪かったのですが、サム・ハガーティーのシングル1本のみでした。

 9回表を任されたマリナーズのアンドレ・ムニョスはルメイヒュー、ジャッジ、ベニンテンディを3者連続三振に。

 9回裏、ヤンキースのマウンドはクレイ・ホームズでマリナーズは先頭のアダム・フレイジャーが死球で出塁しましたが、つづくタイ・フランスがダブルプレー、つづくミッチ・ハニガーも凡退し、サヨナラならず。

ともに凌いだオートマティック・ランナー

 延長戦になり、オートマティック・ランナーが2塁についてスタートしましたが、ともしのぎ合いました。

 10回表、ヤンキースはアンドリュー・ベニンテンディが2Bランナーにつき、スタート。マリナーズのマウンドにはポール・セワルド。先頭のドナルドソンに死球を与え、ノーアウト1、2塁のピンチを迎えますが、ベニンテンディが3盗に失敗し、1アウト。グレイバー・トーレス、ミゲル・アンドゥハーも凡退し、絶好の先制の機会を逃しました。

10回裏、マリナーズはスコット・エフロスに対し、三者凡退でこちらも好機を逃します。

 11回表、マリナーズのマウンドはマシュー・フェスタ。先頭のアーロン・ヒックスはやや甘めのボールを捉えましたがこれが2Bライナーに。これに2Bランナーのミゲル・アンドゥハーが戻りきれず、ダブルプレー。痛い走塁でした。ただ、2Bランナーはこれは出てしまうと思います。自分よりも左に打球が転がると3塁へゴーですから、ライナー・ケアと言われても状況が状況だけに気持ちはホームへ向かいます。2B正面のライナーは本当に難しいと思います。

 つづく、ホセ・トレビーノはRFライナー。これはサム・ハガーティーのファイン・プレーでしたね。

 11回裏、ワンディー・ペラルタに対し、マリナーズは送りバントを敢行。サム・ハガーティーは敬遠。1アウト、ランナー1、3塁のチャンスでしたが、カルロス・サンタナは1-2-3のダブルプレーで得点ならず。犠牲フライを狙っていたところをうまくタイミングを外されましたね。バッテリーの勝利。

マット・ブラッシュ、剛球でねじ伏せる

 本来はら先発に回ってもいいマット・ブラッシュはブルペンに入っています。マリナーズは先発ローテが豊富なので。

 12回表、先頭のアイザイア・カイナー=ファレファはPゴロ。2Bランナーのホセ・トリビーノがこれで3塁を狙うも、2、3塁間で挟まれアウト。セオリー通り、カイナー=ファレファは次の塁を狙いに行ったのですが、トリビーノがすぐにアウトになったため、2Bに到達出来ず。これでダブルプレーになり、チャンスが消えました。これは2Bランナーが罰金ものですが、しかしこうなりがち。少しでも前への気持ちが悪い結果になったケースでした。マット・ブラッシュはつづくルメイヒューにはボール先行となるも最後は99.2mphの剛速球で三振に打ち取りました。

 12回裏、ルー・トリビーノがマウンドに。マリナーズは先頭のフレイジャーがポップフライで1アウト。つづくタイ・フランスがPゴロに。これが送りバントのような形になり、2アウト3塁となります。ハニガー、ジェイク・ラムが連続四球で2アウト満塁の状況になりましたが、ルー・トリビーノはつづくエウヘニオ・スアレスを三振に取り、ピンチを脱しました。2球で追い込んだのが大きかったですね。すごい度胸です。

 13回表もマット・ブラッシュ。先頭のジャッジは申告敬遠。つづくベニンテンディは見逃し三振で1アウト。マーウィン・ゴンザレスには四球を出し、1アウト満塁の絶対絶命のピンチを迎えます。

 しかし、マット・ブラッシュはグレイバー・トーレスを三振に仕留め2アウト。ここを乗り切るにはバットに当てられたくない状況でした。2アウト目を目論見通りに三振に斬って取ったのはすごかったですね。最後はスライダーで仕留めました。

 ミゲル・アンドゥハーはSSゴロ。

 13回裏、マウンドにはジョナサン・ロアイシガ。マリナーズは先頭のカル・ラレーがRF前シングルを放ち、ノーアウト1、3塁。つづくJ.P.クロフォードはPゴロ。これは1塁でアウトに。1アウト2、3塁の状況に。

 ここでサム・ハガーティーは申告敬遠で、1アウト満塁に。つづくバッターはルイス・トーレンス。2球で追い込まれましたが、3球目のシンカーが甘かったです。これをしぶとくRF前に弾き返し、スアレスが生還。マリナーズが凌いで凌いで1−0でサヨナラ勝利を収めました。

 ヤンキースはゲリット・コール以降、5人のリレーで被安打1、BB3、SO2。最後、7番手のロアイシガが被安打2、BB1。

 マリナーズのブルペンはさらにすごいです。ムニョス、セワルド、フェスタがパーフェクト投球。マット・ブラッシュがBBを2つ出しただけ。ムニョス以降、5イニングをノーヒットノーランです。しかもセワルド、フェスタ、ブラッシュはオートマティック・ランナーがついてこの投球ですから。称賛しかありませんね。

シアトル・パドレッズ!?

 マリナーズはずっとおとなしいイメージがありましたが、今季は移籍組が大いに機能。パドレスから移籍のタイ・フランス、アダム・フレイジャー(その前はパイレーツ)、アンドレ・ムニョス。レッズから移籍のジェシー・ウィンカー、エウヘニオ・スアレス、そしてルイス・カスティーヨ。彼らがいい血となってチームを活性化したように思います。

 その意味で、ジェリー・ディポトはいい仕事をしたということになりますね。

 素晴らしいゲームでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました