スポンサーリンク

【MLB2018】カブス、カージナルスに圧勝!&マリナーズ、またしてもブルペンがブリリアントな仕事を演じる

現地2018年6月15日から、カージナルスVSカブスの戦いが始まりました。

現時点ではブルワーズが首位なのですが、ブルワーズ、カブス、カージナルスの三つ巴の争いは避けられませんので、あえて首位争いとして書かせていただこうと思っています。

ただ、せっかくテンションが上がっていた対戦もGame1はワンサイド・ゲームになってしまいました。

カージナルスがマイケル・ワカ、カブスがジョン・レスターという見応えのある投合いで始まったこのゲームですが、カブス打線が2巡目にしてマイケル・ワカを捉え、3回には2本のHRで先制。

4回にはカージナルス側に守備エラーなどが出てさらに2点を追加。

5回表にはHR1本、2塁打2本、シングル1本の長短打が出て、カブス打線がカージナルス投手陣を圧倒。5回を終了して11−1とカブス圧勝の流れが出来てしまいました。

カージナルス打線は6回で降板したジョン・レスターから2本のHRを放つも単発に終わり、その後2番手のアンソニー・バスから2点、ルーク・ファレルから1点を奪うも反撃もここまで。

13−5でカブスが初戦をものにしました。

結構、あっけない結果に終わってやや残念。Game2は、カージナルスがカルロス・マルチネス(3−3)、カブスがカイル・ヘンドリクス(4−6)が登板です。両投手とも今季は思ったように勝てていませんので、点の取り合いになるかもしれませんね。

■マリナーズ、大逆転

今週はマリナーズの記事が続いたのでトップにはもってこなかったのですが、この日の1番の好ゲームがマリナーズVSレッドソックスのGame2でした。

途中までは、もうレッドソックスの連勝だと思いました。

マリナーズの先発はここまで今季6勝1敗で、5月8日にはトロント相手にNO-NOも演じている頼りになる左腕ジェームス・パクストンだったにもかかわらず、3回表に、6失点を喫する大炎上を演じ、これで終わったと思いました。

しかし、野球はホントに何が起こるかわからないですね。もっとも、マリナーズ打線もレッドソックス先発のリック・ポーセロから4得点を奪っていたというのも一つのキモではありました。

マリナーズはポーセロ降板後に、レッドソックスのリリーフ陣を攻め、8回に大逆転。お客さんも大喜びです。

ぜひ、リキャップをご覧ください。

この逆転劇を生んだのは、やはりマリナーズのリリーフ陣。パクストンが3回1アウトで降板した後、4人でスコアレスの投球。

特に、3番手のロブ・ウェイレンは4回を被安打1、与四球1、無失点の素晴らしいロングリリーフを見せ、勝利の引き寄せに大きく貢献。

最後はディアスを出さざるを得ませんでしたが、素晴らしいブルペン陣の活躍でした。

この日、アストロズはまたしても勝利。マリナーズ、このままついて行って欲しいですね。

e6Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク