スポンサーリンク

【MLB2018】ウェイド・ル・ブランの好投でマリナーズがレッドソックスに連勝!

マリナーズ

 

 

連日にわたって記事にしたためているマリナーズVSレッドソックス戦ですが、現地2018年6月16日も好ゲームが展開されましたので、本日も記事にしたためさせていただきます。

 

後日、振り返ったときに、2018年の6月はマリナーズが日程も相手もハードな中、よく戦っていたというのが思い出せればいいなと思っています。

 

TOPにあるTwitterの埋め込みでご推察の通り、この日は投手戦。

 

先発はマリナーズがウェイド・ル・ブラン(Wade LeBlanc #49)、レッドソックスが”帰ってきた”ナックルボーラー、スティーブン・ライト。

 

なぜ帰ってきたかと言えば、スティーブン・ライトは昨年12月に奥さんへのDV疑惑で逮捕され(本人は否定)、今季はじめに15試合の出場停止処分を課されていて、その影響もあり、今季の実戦復帰が遅かったからです。

 

当初はリリーフで復帰。6月に入り、ようやく先発を任せられるようになっています。今季3度めです。

 

双方ともに33才のベテランですが、実績から行くと、スティーブン・ライトに軍配が上がりそうな顔合わせです。

 

彼のナックルは素晴らしいですし、ルブランはローテーションの谷間を埋めるイメージが強く、レッドソックス打線が相手だと打ち込まれるイメージが先行してしまうからです。

 

ところが、そのルブランがナイスピッチングを見せました!

 

 

チェンジアップが冴えていましたね。

 

ルブランはチェンジアップとカットボールが投球の大半です。チェンジアップが78mph−80mph前半、カットボールが85mphほど。ファストボールとして4シームとツーシームがありますが、いずれも80後半で90mphに到達しないスピード。

 

スピードの落差とボールの動きで勝負するタイプですが、レッドソックスの右打者はどうしたんでしょうね?アウトコースの見極めが出来ていなかったように思います。目もいいレッドソックス打線がどうしてそうなったのかは本当に不思議です。

 

レッドソックスのスティーブン・ライトも7回を投げきり、被安打5、失点1とナイスゲームメイク。

 

唯一の失点は序盤3回にシングルが3本つながり、タイムリーで1点を奪われました。

 

マリナーズのルブランは8回2アウトまで登板し、被安打がたったの2、奪三振も9を数えました。素晴らしかったですね。

 

マリナーズはこのあと、アレックス・コロメ➙エドウィン・ディアスとつなぎ、完封リレーです。

 

ディアスを使ってしまいましたが、ルブランの好投のおかげでブルペンをセーブすることができました。連戦にこの好投は大きかったですね。

 

 

マリナーズ、レッドソックスとの4連戦をここまで2勝1敗と勝ち越しています。現地日曜日にもう1試合あります。

 

せっかくの連勝でしたが、アストロズが10連勝を果たしているので、ゲーム差は0.5で変わらずです。

 

 

一方のレッドソックスはこの連敗で、ヤンキースとゲーム差1.0がついてしましました。ヤンキースは3連勝中なんですね。

 

現在、レッドソックスが48勝24敗、ヤンキースが46勝20敗で、勝利数はレッドソックスが上回っているものの、勝率の差でヤンキースがトップとなっています。

 

マリナーズ、レッドソックスともにGame4は落としたくないですね。

Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
タイトルとURLをコピーしました