スポンサーリンク

【MLB2019】フェリックス・ヘルナンデスがマリナーズ最後のマウンドへ!”KING”がファンに感謝!

”キング・フェリックス”が皆と一体に

予想外になんども胸が熱くなってしまいました。

現地2019年9月26日のアスレチックス@マリナーズ戦。

地元シアトルのT−Mobileパークのマウンドに”キング”こと、フェリックス・ヘルナンデス( Félix Hernández)が登場。マリナーズでの最後の勇姿を見せました。

まだ公式発表ではありませんが、契約その他の状況からフェリックス・ヘルナンデスのマリナーズのユニフォーム姿はこれが最後です。

1回表に1失点

そのフェリックスは初回からまさに一球入魂状態。丁寧に1球1球を投げて行きました。

相手アスレチックスはワイルドカードがかかっていることもありますが、フェリックスに敬意を払うように、むしろ全力で打ち崩しにかかる姿勢を見せ、非常に見応えのあるゲームとなりました。

フェリックスは初回、マット・チャップマンを四球で出し、直後のマット・オルソンにはライト線にシングルを許す厳しい立ち上がりに。アスレチックスはこのヒットで1塁からマット・チャップマンが長駆ホームイン。1点を先制。

2回には2アウトから2失点

2回表、フェリックスに再びピンチが訪れます。2アウトをスムーズに取ったまではよかったのですが、マーカス・セミエンに四球を与えます。

直後、マット・チャップマンにCFへ特大の当たりを運ばれ、これが2ランHRに。アスレチックスが序盤で3−0とリードします。

フェリックスはその後、マット・オルソンに再びシングルを許すも続くラモン・ルレアーノを抑え、この回を2失点に食い止めました。

その後、フェリックスは3回、4回を三者凡退に抑える好投。

5回、エラーでピンチが訪れる

5回表は前の打席でHRを打たれたマット・チャップマンからの攻撃。フェリックスは落ち着いてCFフライに打ち取り1アウト。

つづくマット・オルソンが放った2Bゴロをルーキーのシェド・ロングがエラー。出塁を許します。

シェド・ロングについては下記記事をご参照ください。

このチャンスにアスレチックスはたたみ掛けます。次打者のラモン・ルレアーノが初球を叩き、シングル。これで1アウトランナー1・2塁。

つづくセス・ブラウンにはカウント3ボール0ストライクとボール先行となり、崩れそうになりますが、ここから見逃しで1ストライクを奪い、そしてファウルでフルカウントに持ち直します。さらにもう1球ファウルで粘られ投げるボールに迷うところでしたが、捕手のオマール・ナルバレスはカーブを要求。これがずばり決まり、三振。これで2アウト。

続くバッターはジュリクソン・プロファー。ここはさすがに神経を使い、四球で2アウト満塁の大ピンチに。

ディラン・ムーアが好プレー

つづくバッターはチャド・ピンダー。フェリックスは初球にスライダーを選択。チャド・ピンダーは初球のこのボールを強振。これがLFへ鋭いライナーとなり、大量得点につながるところでしたが、これをLFのディラン・ムーアが腕を持っていかれそうになりながらも好捕。

この好プレーにフェリックスも大興奮となりました。

この好捕がなければ大量点となり、最後の最後の登板はかなりしょっぱくなるところでしたので、素晴らしかったです。甘かったですねwww。

最後のイニングへ

短いイニングで終わると思われたフェリックスのマリナーズ最後の登板ですが、実は本気で勝ちに行ったマウンドでした。そこには儀式に終わらせないという姿勢が垣間見られました。

6回表にもマウンドに上がったフェリックスは先頭のロビー・グロスマンをCFライナーに打ち取り1アウト。

まだまだやる気を見せつつも、すでに106球を投じていたフェリックスはボールの切れもコントロールも失い、限界でした。

ここでマリナーズのスコット・サーバイス監督(Scott Servais)がマウンドに。交代となりました。

野手一人ひとりとハグしたシーンはとても印象的でしたね。

試合後、フェリックスは”キング・コート”と呼ばれる3塁側のスタンドに移動。ファンと最後を分かち合ったのでした。

フェリックスの契約

2013年2月7日、フェリックス・ヘルナンデスは当時の投手として史上最高額での契約延長に合意。

旧ブログ(フェリックス・ヘルナンデス、投手史上最高額で契約延長

  • 2010 サイ・ヤング受賞
  • オールスター:3度
  • 2010 ERA 1位(2.27!!)
  • 2010 最多イニング登板(249.2回)
  • 2009 AL最多勝(19)
  • 2012 完封5度(AL1位)
  • 2012年8月15日、パーフェクトゲーム達成。

旧ブログ(”キング”・フェリックスがパーフェクト・ゲーム(完全試合)を達成!!

2013年スタートで契約期間7年、総額$175MM。$6Mのサイニング・ボーナスはこの額に含まれています。ちなみに2019年の支払い額は$27,857,142

契約期間ですが、2019年で終了。

契約条項にもし(契約全期間中という意味だと思います)肘の故障で120−130日休んだ場合は、2020年のクラブオプションを行使することというのがついています。金額は100万ドルという意味だと思います。

”If Elbow Injury for 120-130 days, add a 2020 Club Option ($1 million)”

肘の故障による計算はおそらくその設定期間を超えているでしょう。マリナーズは条項通りなら払いそうですが、ここはどうなるか公式発表を待ちたいと思います。

いずれにせよ、契約上も今季で終了です。

まだ引退ではありません。しかし、蓄積した疲労から回復できるか、今後のキングの動向に注目しておきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました