スポンサーリンク

【MLB移籍/FA 2021】ブルージェイズ、FA左腕のロビー・レイと1年で再契約!

獲られてなるものか!の勢い再契約

 現地2020年11月7日、トロント・ブルージェイズが動きました。2020年のトレードデッドラインでアリゾナ・ダイヤモンドバックスからトレードで獲得したスターター左腕のロビー・レイと再契約です。

 3年前の動画ですが、よい動画なのでお時間あればご覧ください。

契約内容

 ブルージェイズとロビー・レイの合意内容は、下記の通り。

  • 1年/ $8M(2021)

 オプションなどはまだ出ておりませんが、わかり次第追記しておきます。

ロビー・レイ、サラリーが下がる!

 2020年のロビー・レイのサラリーは、1年/$9.43M (2020)。2019年オフは調停のラストイヤーで、この金額でした。

 ロビー・レイのMLSは2021年1月時点で6.007。よって、今オフは初のFAイヤーでしたが、上記の通り、トレードデッドラインで移籍したので、クオリファイング・オファーの資格に該当せず、提示には至りませんでした。

 仮にロビー・レイがQOの資格を満たしていたとして、その額は$18.9Mでしたからかなり開きがありますね。もっとも、ブルージェイズは仮に有資格だったとしても金額に開きがあるため提示しなかったとは思われます。

FAマーケットよりは高いが

 トレード・ルーモアさんのMLB Free Agent Power Rankings ではロビー・レイのランクは36位。1年/$6Mという相場が出ていました。一つの目安として。

 その相場よりは$2M高い契約となりましたが、ロビー・レイ側とすれば厳しめの評価だとは思います。

2020年はERA悪化

 ロビー・レイはトレード市場でここ数年ずっと注目されていた投手。その理由は2017年の15勝5敗、ERA 2.89という素晴らしい成績があったからです。詳細については下記のトレードデッドライン時の記事にも記載しています。

 2020年のロビー・レイですが、Dバックス、ブルージェイズ双方を合わせた数字で12試合、11スタートで2勝5敗、ERA 6.62。

ショートレンジのテークバックに失敗

 上記の記事にも書かせていただいたのですが、Dバックスでは7試合に登板し、31.0IPでBBが31。これが2020年の悪い数字の元凶だったのですが、そうなったのは、テイクバックをルーカス・ジオリトのようなショートレンジに変えた点がありました。

 投手のメカニズムは非常に精緻で、少しタイミングがずれるだけでリリースポイントも変わり、引いてはボールに大きな影響が出ます。これはさらなる改善を試みたものの、失敗してしまったということが言えると思います。

 ブルージェイズ移籍後は元のテークバックに変えました。20.2 IPでBBが14でなんとか回復の兆しが見えました。結局、今季はBBが0というゲームはなく、最後まで本調子まで行かなかったのですが、なんとか良い方向に向き直って終わったというところです。

ベロシティーの変化

 ロビー・レイの2019シーズンのファストボールの平均ベロシティーは92.4mph。これは2017年に94.3mphを記録したよりも下がりました。ジオリト風のテークバックを試みたのもおそらくこのベロシティーアップを狙ってやったことだと思います。

 2020年は93.9mphまで戻り、スピンも2019年の2257から2420まで改善。勢いの点では非常によくなっているので、あとはBB率をなんとか抑えるのがこのオフのチャレンジになりそうです。

ランナーが1塁にいるケースの改善

 2020年はランナー1、2塁のケースで7度中、4度も安打を打たれ、またランナー1、3塁のケースでは4度中2度も安打を打たれており、どうも1塁にランナーがいた時に乱れる傾向があるようです。

 以上、4点ほど上げたのはサラリーダウンとなった要因についての分析でした。

 やはりいい投手には違いないので2021年の投球に期待したいと思います。

2021年のブルージェイズのローテーション

 今のところ、ブルージェイズのローテーションはRYU、ネイト・ピアソン、タナー・ロアーク、ロス・ストリップリング、そしてロビー・レイということに。ネイト・ピアソンは肘の調子がどうなるのか、不安な要素があるのでFAとなっているタイワン・ウォーカーにも声掛けするかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました