スポンサーリンク

【MLB移籍/FA 2021】ブルージェイズ、FA左腕のロビー・レイと1年で再契約!

MLB移籍/FA情報

獲られてなるものか!の勢い再契約

 現地2020年11月7日、トロント・ブルージェイズが動きました。2020年のトレードデッドラインでアリゾナ・ダイヤモンドバックスからトレードで獲得したスターター左腕のロビー・レイと再契約です。

 3年前の動画ですが、よい動画なのでお時間あればご覧ください。

契約内容

 ブルージェイズとロビー・レイの合意内容は、下記の通り。

  • 1年/ $8M(2021)

 オプションなどはまだ出ておりませんが、わかり次第追記しておきます。

ロビー・レイ、サラリーが下がる!

 2020年のロビー・レイのサラリーは、1年/$9.43M (2020)。2019年オフは調停のラストイヤーで、この金額でした。

 ロビー・レイのMLSは2021年1月時点で6.007。よって、今オフは初のFAイヤーでしたが、上記の通り、トレードデッドラインで移籍したので、クオリファイング・オファーの資格に該当せず、提示には至りませんでした。

 仮にロビー・レイがQOの資格を満たしていたとして、その額は$18.9Mでしたからかなり開きがありますね。もっとも、ブルージェイズは仮に有資格だったとしても金額に開きがあるため提示しなかったとは思われます。

FAマーケットよりは高いが

 トレード・ルーモアさんのMLB Free Agent Power Rankings ではロビー・レイのランクは36位。1年/$6Mという相場が出ていました。一つの目安として。

 その相場よりは$2M高い契約となりましたが、ロビー・レイ側とすれば厳しめの評価だとは思います。

2020年はERA悪化

 ロビー・レイはトレード市場でここ数年ずっと注目されていた投手。その理由は2017年の15勝5敗、ERA 2.89という素晴らしい成績があったからです。詳細については下記のトレードデッドライン時の記事にも記載しています。

 2020年のロビー・レイですが、Dバックス、ブルージェイズ双方を合わせた数字で12試合、11スタートで2勝5敗、ERA 6.62。

ショートレンジのテークバックに失敗

 上記の記事にも書かせていただいたのですが、Dバックスでは7試合に登板し、31.0IPでBBが31。これが2020年の悪い数字の元凶だったのですが、そうなったのは、テイクバックをルーカス・ジオリトのようなショートレンジに変えた点がありました。

 投手のメカニズムは非常に精緻で、少しタイミングがずれるだけでリリースポイントも変わり、引いてはボールに大きな影響が出ます。これはさらなる改善を試みたものの、失敗してしまったということが言えると思います。

 ブルージェイズ移籍後は元のテークバックに変えました。20.2 IPでBBが14でなんとか回復の兆しが見えました。結局、今季はBBが0というゲームはなく、最後まで本調子まで行かなかったのですが、なんとか良い方向に向き直って終わったというところです。

ベロシティーの変化

 ロビー・レイの2019シーズンのファストボールの平均ベロシティーは92.4mph。これは2017年に94.3mphを記録したよりも下がりました。ジオリト風のテークバックを試みたのもおそらくこのベロシティーアップを狙ってやったことだと思います。

 2020年は93.9mphまで戻り、スピンも2019年の2257から2420まで改善。勢いの点では非常によくなっているので、あとはBB率をなんとか抑えるのがこのオフのチャレンジになりそうです。

ランナーが1塁にいるケースの改善

 2020年はランナー1、2塁のケースで7度中、4度も安打を打たれ、またランナー1、3塁のケースでは4度中2度も安打を打たれており、どうも1塁にランナーがいた時に乱れる傾向があるようです。

 以上、4点ほど上げたのはサラリーダウンとなった要因についての分析でした。

 やはりいい投手には違いないので2021年の投球に期待したいと思います。

2021年のブルージェイズのローテーション

 今のところ、ブルージェイズのローテーションはRYU、ネイト・ピアソン、タナー・ロアーク、ロス・ストリップリング、そしてロビー・レイということに。ネイト・ピアソンは肘の調子がどうなるのか、不安な要素があるのでFAとなっているタイワン・ウォーカーにも声掛けするかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【2021 NLDS_G5】ドジャース、しびれるゲームを制し、NLCSへ
【Pre 2021ALCS】ランス・マッカラーズ・Jr.がALCSでの登板を回避する可能性!(追記)
【2021NLDS_G5先発】ドジャースがサプライズ!決戦の先発マウンドにコーリー・クネイブル!
【2021NLDS_G4】ドジャースがウィル・スミスのHRなどで勝利!
【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出
【2021ALDS_G4】アストロズ、完勝で5年連続のALCSへ
【2021NLDS_G3】ジャイアンツ、ロンゴリアの一発のみでシャーザー相手に勝利
【2021NLDS_G3】タイム・プレーも出たゲーム!ブレーブスがシャットアウト勝利で2勝目
【2021ALDS_G4】レッドソックス、粘るレイズを退けALCSへ
【2021ALDS_G3】ホワイトソックス、劣勢を跳ね返し12得点で1勝目
【2021ALDS_G3】レッドソックス、バスケスのサヨナラHRで延長13回の死闘に決着
【2021NLDS_G2】ドジャース、中盤に一気に勝ち越し!ウリアス先発ゲームで勝利
【2021NLDS_G2】マックス・フリードが6回スコアレス!ブレーブスがタイに
【2021NLDS_G1】ジャイアンツ、ローガン・ウェブの好投でまず1勝
【2021ALDS_G2】レッドソックス、ハウクの好投と5HRで逆転勝利
【2021NLDS_G1】投手戦を制したのはブルワーズ!
【2021 ALDS_G2】アストロズ、リリーバーが機能し連勝!ALCSへ王手
【2021 ALDS_G1】レイズ、マクラナハンとアロウザリナの活躍でレッドソックスから1勝(追記あり)
【2021ALDS_G1】アストロズ、ランス・マッカラーズ・Jrの好投でまず1勝!
【MLB2021】NLWCはクリス・テイラーのサヨナラHRでドジャースが勝利!
タイトルとURLをコピーしました