スポンサーリンク

【MLB2019オープニング】マリナーズがアスレチックスの反撃を交わし、2019年MLB1勝目をあげる

開幕戦にふさわしい5HR

日本時間2019年3月20日、2019年レギュラーシーズンが東京ドームで行われ、マリナーズがアスレチックスの追い上げを交わし、9−7で勝利し、記念すべきMLB 2019最初の勝利を上げました。

スコア

SEA 9 @ OAK 7 (日本時間2019年3月20日)

Mariners 9, Athletics 7 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Mariners vs. Athletics at Tokyo Dome

イチロー選手は1−0で途中交代

イチロー選手は9番RFで先発出場。結果は3回の1打席目にランナーのいる状況でマイク・ファイヤーズと対戦し、2Bポップフライ。

4回表の第2打席も1塁に四球のティム・ベッカムを置いてという状況で、2番手のライアム・ヘンドリクスが四球を出して出塁。打席はこの2打席のみ。

4回裏の守備についたところで交代指示が出てベンチに下がりました。この日は1打数0安打。Game2に期待したいですね。

弓を張るような姿勢が出来てないと思ったのは素人目線でしょうか。流れていくような振り出しがどうも気になるのですが。これが年齢要素でなければいいなと思います。

セレモニー的な選手交代は何か引退試合を感じさせて「演技でもない!普通に交代してくれ」と思った人は少なからずいたかもしれません。

途中交代をすまなく思う配慮からでしょうがちょっとドキッとしましたね。

まさかのティム・ベッカムの一発

開幕戦にふさわしい5HRが飛び出したこのゲームですが、まさかSSのティム・ベッカムに一発が出るとは驚きでした。

ドミンゴ・サンタナはエグジビション・ゲームから恐ろしいくらいのスイングを見せてくれていたので一発が出てもおかしくはなかったのですが、まさかの伏兵の一発に驚きました。しかもきれいなHRでしたね。

投手成績

マリナーズ先発のマルコ・ゴンザレスは6回まで投げ切る粘投。6回、被安打7、失点4、自責点3、与四球1、奪三振4、被本塁打2。

一方のアスレチックス先発のマイク・ファイヤーズは崩れましたね。3回を被安打4、失点5、奪三振2、与死球2、被本塁打1。また死球が増えました。ドミンゴ・サンタナのグランドスラムを回避できていればというところです。狭いドームにびっくりしたかもしれませんね。

ストリックランド

マリナーズは2点差の9回でマット・チャップマンが回るターンにCLとしてハンター・ストリックランドを投入。今季のクローザー候補ですが、見事に3人で斬って獲りました。これはマリナーズにとって朗報ですね。

アスレチックスは6人でリレー

アスレチックスはオープナーの申し子、ライアム・ヘンドリクスが2番手で登板。ファイヤーズ降板後は小刻みにつなぎました。

フェルナンド・ロドニーが出てきたのは見に行かれた方にとってはラッキーでしたね。

アスレチックス優位かと思っていました

まだ162試合中の1試合が終わっただけですが、筆者はアスレチックスのメンバーを見た時、このシリーズはアスレチックスが連勝すると思っていました。

開幕が危ぶまれたマット・チャップマンも戻ってきましたし、クリス・デービスは本調子になってきたし、ブレーク・トライネンが出てきたら手も足も出ないでしょうから、攻撃に焦りが出て、アスレチックスの思う壺になる、そんな流れを連想していました。しかし、マリナーズは落ち着いていましたね。

やはりディー・ゴードン存在は大きいなと思います。ハニガーも仕事がしやすそうです。これでエンカーナシオンが本調子になって、イチロー選手に一本が出れば、非常にリズムのある攻撃が生まれるのではないかと思いました。

Recap (8 min Ver.)

Game 2は菊池投手先発

菊池投手はカクタス・リーグでは3試合、9イニングに登板。被安打8、失点6、自責点4、奪三振6、被本塁打1、与四死球3、2勝1敗、ERA 4.00。

ボールに慣れるのも結構早かったのではないかと思います。東京ではありますが、夢にまでみたMLBのマウンドでしょうから、力を発揮してもらいたいと思います。

昨日、アスレチックスは敗れているので今日は更にスイングがするどくなるとは思いますが、持前の負けん気で向かっていって欲しいですね。

それにしてもマリナーズ公式の菊池投手のプロフの写真、あれ変えて上げたほうがいいと思うんですけど。よりによってボールを隠している最中のショットでなくて、もうちょっとかっこいい瞬間があるはずなんですが・・・。

Yusei Kikuchi

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました