スポンサーリンク

【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて

レンジャーズ大攻勢の始まり

 日本時間2021年12月4日。CBA失効前に決まった重要ディールについてあらためて記載しておきたいと思います。

 現地2021年11月30日、注目FAのマーカス・セミエンがレンジャーズとサインしました。まさかレンジャーズがこんなに攻めてくるとは誰が予想できたでしょうか?ちなみに合意したのは、現地28日。

 このディールは、カルロス・コレアをはじめ、コーリー・シーガー、ハビアー・バイエス、トレバー・ストーリーなど今オフにFAとなった大物SSのFAにも影響を与えました。結果、CBA失効前にレンジャーズはコーリー・シーガーも獲得するというとんでもない二遊間(あるいは三遊間)を形成したわけですね。

マーカス・セミエンのディール

 そのセミエンのディールですが、ラグジュアリー・コントラクトとなりました。

  • 7 年/$175M (2022-28)
    • 支払い:$25M(2022)/ $26M(2023-27)/ $20M(2028)

おそらく、このディールも大枠のみをまず決めたと思われます。たとえば、このほかに繰延払いなども入るかもしれません。ただ、それらは枠内での処理なので、大きな影響はないと思います。

ドラフトへの影響

 マーカス・セミエンはクオリファイング・オファーを提示されていましたが、拒否。そして今回、レンジャーズとサインした訳ですが、そのドラフトへの影響はこのようになります。

ブルージェイズ

 まず、QOを断られた側のブルージェイズは、レベニュー・シェアリングを受け取っておらず、尚且つ贅沢税のしきい値を超えていないことから、COM Balance Roud Bの後に選手を獲得できます。抜けた補償ですね。

レンジャーズ

 一方、QOを断ったセミエンを獲得したレンジャーズは、前年に贅沢税を超えておらず、且つレベニュー・シェアリングも受け取っていないため、2巡目の指名権と同時にインターナショナル・ボーナス・プールの50万ドル枠分を喪失します。さらに、もうひとり、QOを拒否したコーリー・シーガーも獲得したため、3巡目のピック追加でインターナショナル・ボーナス・プールの50万ドル分の枠も失います。

 ただ、レンジャーズは2021年は102敗ですから、ウェーバーで行くと、110敗のオリオールズとDバックスの次に1巡目をピック出来る点はチェックポイントでもあります。

レンジャーズ、「7年」でゲット

 仮に、「新CBA施行後にオプションを話し合う」などの合意事項があれば、まだ上記内容に変更が加わりますが、おそらくそれはないと思われます。

 このディールでマーカス・セミエン側が傾いたのは「7年」という長さだと思っています。オフシーズン開始時にトレード・ルーモアが出したマーケット・バリューは6年/$138M。

2021-22 Top 50 MLB Free Agents With Predictions
Where will Correa, Seager, and Freeman sign? The longest-running list in the business.

 2022年が31才のシーズンとなるマーカス・セミエン。さすがにSS、あるいは2Bとしてのピークを考えると長く見積もっても33才、34才というところではないかと思います。

 関心のあったクラブも当然それを認識していて、あとはプレーヤー側が傾くように少しでも長い年数を提示します。そこはもう「35才や36才時にどういう状態になったとしてもやむを得ない、とにかく獲得するには長い契約年数が必要だ!」として突っ込む訳ですが、あとはクラブ側の財布次第ということに。

 レンジャーズはこのオフは財布のヒモを緩ませたので、突っ込んで行ったということですね。

 セミエンにはタイガースの他、複数のクラブが関心を寄せていて、もっとも長い年数を提示したのがレンジャーズだったと。30才を超えた内野手が考えるのは当然、長いディールですからね。もっとも、これは投手にも言えること。

 よって、このディールが7年で決まったと知ったときは、「長い!」と思いましたし、「レンジャーズが獲得するには、これくらいの長い期間の提示が必要なのか?!」とマーケット内でのレンジャーズのポジションも慮ってしまったくらいです。

 そしてオプションがないというのは、それも含めてレンジャーズが思い切って7年と提示したからだと思います。

 レンジャーズは、後半3年の$72Mはある程度覚悟していることでしょう。

 なお、救いなのは最終年が$20Mと落としているところ。これは選手にとっても最終年にいい成績が出ていないと針のむしろのような状態になるので、とてもいい設定かと思います。税金の対策さえしっかり管理しておけばセミエン側も問題ないでしょう。

MLB Players Choice Man of the Year

 セミエンがFA市場で人気が出た点とレンジャーズにとって長期契約になっても救いになる点は、その姿勢。

 マーカス・セミエンは2021年のプレーヤーズ・チョイスで、”Man of the Year”に輝きました。これはフィールド内外でチームメイトを鼓舞し、リーダーシップを発揮する姿に贈られる賞です。

 プロフェッショナルとしてクラブに活気をもたらす貢献の姿勢はレンジャーズにいい影響を与えることでしょう。

ますます評価されて欲しい選手

 マーカス・セミエンのプロフィールなどは下記の記事に記載しています。

 2021年はブルージェイズでプレーすることとなったセミエン。SSにボー・ビシェットがいたことから2Bへ配置換えとなりました。

 162試合にフル出場し、724打席に立ち、652-173、打率.265、OBP .334、SLG .538、OPS .873、OPS+が133、rWARは7.3をマーク。

 そして今季は2Bとして最多となる45HRを放ち、102RBI、TBが351。

 もう素晴らしすぎて言うことがありませんね。

 2020シーズンまでアスレチックスにいたことから、レンジャーズはマーカス・セミエンのいろいろな良い情報を知っていたわけですね。

 2021年はシルバー・スラッガー賞、ゴールドグラブ賞、MVP−3位、オールMLBのファーストチーム、そしてオールスターゲーム出場などを成し遂げました。

アイザイア・カイナーファレファは?

 マーカス・セミエンとコーリー・シーガーを獲得したレンジャーズは、この2人で二遊間を組ませるとは思います。

 2021年にSSにとして活躍したアイザイア・カイナー・ファレファは現時点ではトレードの噂も。SSが欲しいヤンキースという名前も上がっていますが、ロックアウト中のため保留です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました