スポンサーリンク

【MLB2020FA】タイガースからFAのマット・ムーアがNPBソフトバンクへ!

MLB移籍/FA情報

かつて松井選手に55番を譲らず

 これは驚きでしたね。噂には上がっていましたが、てっきりメジャーでの移籍先を探しているものと思い込んでおりましたが、どうやら噂が本当になった模様です。

 現地2019年12月26日、デトロイト・タイガースからFAとなっていた左腕のマット・ムーアのNPB ソフトバンク・ホークス入りが決まりました。

契約内容

 細かい数字はまだ出ておりませんが、マット・ムーアとソフトバンクは1年$3.5M(最低でも保証されている)で合意。それに加えて$2.5Mのインセンティブも設定されているようです。具体的な設定の数字は明らかになっていません。

マット・ムーアはまだ30才

 マット・ムーアですが、1989年6月18日生まれの30才。2020シーズン途中で31才になります。もともとは2007年アマチュア・ドラフトでデビルレイズ(当時の名称)から8巡目指名を受けプロ入りした投手。

 デビューは2011年のセプテンバー・コールアップで果たしています。

松井選手とタンパベイで重複

 実はマット・ムーアは松井秀喜選手とも縁があり、背番号でちょっとした関わり合いがありました。松井選手がタンパベイ・レイズとサインしたのが2012年4月30日のことでしたが、その時点ですでにレイズではマット・ムーアが55番をつけておりました。

 マット・ムーアは2012年のトッププロスペクト・ランキング1位となっていた投手。さすがにトッププロスペクトに背番号を渡せとはクラブ側としても言えませんね。よって、松井選手は35番になったのでした。

 なお35番に決まった松井秀喜選手ですが、その前にレイズで35番をつけていたのは後にレイズのエースとなったクリス・アーチャーでした。彼が35番を譲った形となっています。なお、クリス・アーチャーのオフシーズンの動きですが、2020年は契約上、パイレーツに残留です(記事)。

2013年に17勝

 マット・ムーアの名前がMLB内で轟いたのはやはり2013シーズンの活躍です。27スタートで17勝4敗、ERA 3.29。勝利数はマット・ムーアのキャリアハイです。なお、このシーズンはワイルドピッチが17個あり、ア・リーグワーストでした。この年、オールスターに出場し、サイヤング賞投票では9位に入りました。

 順調に見えたムーアでしたが、トラブルが発生

2014年にトミージョン手術へ

2012シーズンに177.1イニング、2013シーズンに150.1イニングを投じた影響が出たのか、ムーアは2014シーズンが開幕してすぐに肘の不調を訴えます。そして精密検査の結果、トミージョン手術をリコメンドされてしまう状態に。結局、このシーズンはこれで離脱。

 約18ヶ月のリハビリの後、マウンドに復帰したのは2015年7月2日。このシーズンは12スタートのみで終了し、3勝4敗。

ジャイアンツ→レンジャーズにトレード

 マット・ムーアは2016年8月1日に、サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。マット・ダフィーらとのトレードでした。ジャイアンツでは2017シーズンまで過ごしましたが、二桁勝利とはならず。

 2017年12月にはトレードでレンジャーズに移籍。リリーフもこなしましたが、3勝8敗、ERA 6.79 と苦しみました。2018年オフ、レンジャーズは$10Mのクラブオプションを拒否、FAに。2018年12月にタイガースと契約合意。今度こそはのシーズンを迎えたはずでしたが・・・

タイガース移籍後、膝の手術

 開幕して約半月が経過した現地2019年4月17日、今度は右膝の手術が決定。2019シーズンはこれでシーズンエンド。タイガースは1年/$2.5Mで合意していましたが、わずか半月ほどの稼働で終了するという苦い体験を積んでしまいます。

通算

 マット・ムーアはメジャー通算9シーズンを過ごし、181試合に登板。うち151試合に先発。54勝56敗、ERA 4.51。IPは894.2。奪三振は806。H9は8.9、HR 9は1.1、BB 9は3.7、SO 9は8.1。

カーブとファストボールのコンビネーション

 マット・ムーアの球種は増えていなければご覧の通りです。

  • 4シーム: average 90mph(144.81kmh) /max 94-5mph(151.2-152.8kmh):60%ほど
  • チェンジアップ: 85-86mph(136.7-138.4kmh): 15%ほど
  • カーブ: 80-82mph(128.7kmh-131.96kmh): 15%ほど
  • カット: 90mph(144.81kmh):8%
  • ナックルカーブ: 77-80mph (123-128.7kmh) :2%

 ナックルカーブはたまにという感じですが、そもそもものカーブが大きい投手です。やはりファストボールにキレがあると三振率も上がるのですが、NPBでも腕を振って本来のちからを発揮してもらいたいとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました