スポンサーリンク

【MLB2020FA】タイガースからFAのマット・ムーアがNPBソフトバンクへ!

MLB移籍/FA情報

かつて松井選手に55番を譲らず

 これは驚きでしたね。噂には上がっていましたが、てっきりメジャーでの移籍先を探しているものと思い込んでおりましたが、どうやら噂が本当になった模様です。

 現地2019年12月26日、デトロイト・タイガースからFAとなっていた左腕のマット・ムーアのNPB ソフトバンク・ホークス入りが決まりました。

契約内容

 細かい数字はまだ出ておりませんが、マット・ムーアとソフトバンクは1年$3.5M(最低でも保証されている)で合意。それに加えて$2.5Mのインセンティブも設定されているようです。具体的な設定の数字は明らかになっていません。

マット・ムーアはまだ30才

 マット・ムーアですが、1989年6月18日生まれの30才。2020シーズン途中で31才になります。もともとは2007年アマチュア・ドラフトでデビルレイズ(当時の名称)から8巡目指名を受けプロ入りした投手。

 デビューは2011年のセプテンバー・コールアップで果たしています。

松井選手とタンパベイで重複

 実はマット・ムーアは松井秀喜選手とも縁があり、背番号でちょっとした関わり合いがありました。松井選手がタンパベイ・レイズとサインしたのが2012年4月30日のことでしたが、その時点ですでにレイズではマット・ムーアが55番をつけておりました。

 マット・ムーアは2012年のトッププロスペクト・ランキング1位となっていた投手。さすがにトッププロスペクトに背番号を渡せとはクラブ側としても言えませんね。よって、松井選手は35番になったのでした。

 なお35番に決まった松井秀喜選手ですが、その前にレイズで35番をつけていたのは後にレイズのエースとなったクリス・アーチャーでした。彼が35番を譲った形となっています。なお、クリス・アーチャーのオフシーズンの動きですが、2020年は契約上、パイレーツに残留です(記事)。

2013年に17勝

 マット・ムーアの名前がMLB内で轟いたのはやはり2013シーズンの活躍です。27スタートで17勝4敗、ERA 3.29。勝利数はマット・ムーアのキャリアハイです。なお、このシーズンはワイルドピッチが17個あり、ア・リーグワーストでした。この年、オールスターに出場し、サイヤング賞投票では9位に入りました。

 順調に見えたムーアでしたが、トラブルが発生

2014年にトミージョン手術へ

2012シーズンに177.1イニング、2013シーズンに150.1イニングを投じた影響が出たのか、ムーアは2014シーズンが開幕してすぐに肘の不調を訴えます。そして精密検査の結果、トミージョン手術をリコメンドされてしまう状態に。結局、このシーズンはこれで離脱。

 約18ヶ月のリハビリの後、マウンドに復帰したのは2015年7月2日。このシーズンは12スタートのみで終了し、3勝4敗。

ジャイアンツ→レンジャーズにトレード

 マット・ムーアは2016年8月1日に、サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。マット・ダフィーらとのトレードでした。ジャイアンツでは2017シーズンまで過ごしましたが、二桁勝利とはならず。

 2017年12月にはトレードでレンジャーズに移籍。リリーフもこなしましたが、3勝8敗、ERA 6.79 と苦しみました。2018年オフ、レンジャーズは$10Mのクラブオプションを拒否、FAに。2018年12月にタイガースと契約合意。今度こそはのシーズンを迎えたはずでしたが・・・

タイガース移籍後、膝の手術

 開幕して約半月が経過した現地2019年4月17日、今度は右膝の手術が決定。2019シーズンはこれでシーズンエンド。タイガースは1年/$2.5Mで合意していましたが、わずか半月ほどの稼働で終了するという苦い体験を積んでしまいます。

通算

 マット・ムーアはメジャー通算9シーズンを過ごし、181試合に登板。うち151試合に先発。54勝56敗、ERA 4.51。IPは894.2。奪三振は806。H9は8.9、HR 9は1.1、BB 9は3.7、SO 9は8.1。

カーブとファストボールのコンビネーション

 マット・ムーアの球種は増えていなければご覧の通りです。

  • 4シーム: average 90mph(144.81kmh) /max 94-5mph(151.2-152.8kmh):60%ほど
  • チェンジアップ: 85-86mph(136.7-138.4kmh): 15%ほど
  • カーブ: 80-82mph(128.7kmh-131.96kmh): 15%ほど
  • カット: 90mph(144.81kmh):8%
  • ナックルカーブ: 77-80mph (123-128.7kmh) :2%

 ナックルカーブはたまにという感じですが、そもそもものカーブが大きい投手です。やはりファストボールにキレがあると三振率も上がるのですが、NPBでも腕を振って本来のちからを発揮してもらいたいとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】大谷選手、23号HR!プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれる!ナ・リーグはカイル・シュワーバー!
【MLB】エンゼルス、3連勝!大谷選手が22号HR! OPSは.998に
【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、HRダービー出場表明直後に1試合2発(20号、21号)
【MLB2021】大谷選手、6回1失点で3勝目!デビュー戦となったマット・マニングも好投
【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】強粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり2)
【MLBボール】投球時の強粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
タイトルとURLをコピーしました