スポンサーリンク

【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!

ブルージェイズ

今季はP、C、2BとHRレア・ポジションが爆発

 こんにちは。 

 現地2021年9月18日、9月第3週の最後の日ですね。早いです。MLBはあと2週間でレギュラー・シーズンが終了します。

 個人タイトルの方も気になるところですね。ただ今デッドヒート中です。

マーカス・セミエン、40HR

 そんな中、ブルージェイズのマーカス・セミエン(Marcus Semien)が、現地2021年9月18日のツインズ戦の4回裏に、反撃の狼煙となるソロHRを放ちました。

 このゲームは1回表にツインズがジョシュ・ドナルドソンの2ランHRで2点を先制。ブルージェイズは追いかける立場でした。セミエンのHRの後、テオスカー・ヘルナンデスにも3ランHRが飛び出したブルージェイズはこのイニングに4得点で逆転。7回裏にもボー・ビシェットのタイムリーが出て、6-2のスコアでツインズを下しました。

 マーカス・セミエンですが、このHRで今季40号!節目の一発となっています。

2B で40HR

 マーカス・セミエンは現地18日のゲームを終えて、147試合の出場ですが、今季は2Bで132試合に出場。そのポジション・カテゴリーに依るなら、セミエンは2016年のブライアン・ドージャー以来、通算5人目の2Bでの40HR以上達成となります。

  2Bはうまい、早い、そしてどちらかという小兵が守るというイメージ通り、HRが少ないポジションでもあります。

 そのポジションで40HRとはすごい!と感心するところです。

ただし!セミエンは本来SS

 ただ、マーカス・セミエンは内野の3B、2B、SSのユーティリティーではあるのですが、そもそもSSを守る能力があるからできることでもあります。

簡単なプロフィール

 マーカス・セミエンは、2013年にホワイトソックスでデビュー。もともとホワイトソックスの2011年ドラフトの6巡目です。

 2013年-14年のホワイトソックスでの2シーズンは、2Bで29試合、3Bで50試合、SSで6試合での出場(DH/PH/PRは除く)。

 2014年12月のトレードでホワイトソックスからアスレチックスへ移籍。この時、一緒に動いたのが、クリス・バシット、ジョシュ・フェルグリーら。誰とのトレードだったかというと、ジェフ・サマージャです。

 そして、アスレチックスでは完全にSS。2015年-20年の6シーズンで守ったのはSSオンリー!6シーズンで計769試合です!

2019年にはSSでMVPで3位

 そして2018シーズンから2020シーズンまで3シーズン連続で、アスレチックスをポストシーズンに推し進めた打の功労者でもあります。

 ちなみに、2019シーズンはMVP投票で3位にランクインしました。

 何が言いたかったかというと、もともとSSですということ。

HRレア・ポジションがトップ争い 

 あくまで今季は2Bで出ていますから、2BでのHRということを考えると、レアなことでもあります。

 現地2021年9月18日終了時点で、40HR以上を放っているのは、4名のみ。

  1. ゲレロ・Jr.(46): 1B
  2. サルバドール・ペレス(45) : C
  3. 大谷選手(44): P 兼 DH
  4. マーカス・セミエン(40): 2B

 ゲレロ・Jr.は本塁打がよく出るポジションの1Bですが、大谷投手がP兼DH、サルバドール・ペレスがC、マーカス・セミエンが2Bと、すごいことが起こっております。

 しかも、今季はボールを飛ばなくしているにも関わらずです!

もっと評価されてしかるべき選手

 マーカス・セミエンは、2019年は33HRを放ちながら、安打数は187。打率は.285。2019年はホームランがよく出た年だったとは言え、今季の40HRで打撃が進化していることは証明されました。

 ただ、FAとなった2020年オフはちょっと苦労しましたね。1年/$18M (2021)と前年より単価はアップしたものの、複数年を獲得できませんでした。

 まだブルージェイズとはエクステンションの契約はできておりません。

 打てるSSなのに、underrated(過小評価)されてきたわけですが、このオフはかなり人気が出そうです。それまでにブルージェイズが守りに入るかどうか、気になりますね。

 ちなみに、ブルージェイズのSSは、ボー・ビシェットですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました