スポンサーリンク

【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!

今季はP、C、2BとHRレア・ポジションが爆発

 こんにちは。 

 現地2021年9月18日、9月第3週の最後の日ですね。早いです。MLBはあと2週間でレギュラー・シーズンが終了します。

 個人タイトルの方も気になるところですね。ただ今デッドヒート中です。

マーカス・セミエン、40HR

 そんな中、ブルージェイズのマーカス・セミエン(Marcus Semien)が、現地2021年9月18日のツインズ戦の4回裏に、反撃の狼煙となるソロHRを放ちました。

 このゲームは1回表にツインズがジョシュ・ドナルドソンの2ランHRで2点を先制。ブルージェイズは追いかける立場でした。セミエンのHRの後、テオスカー・ヘルナンデスにも3ランHRが飛び出したブルージェイズはこのイニングに4得点で逆転。7回裏にもボー・ビシェットのタイムリーが出て、6-2のスコアでツインズを下しました。

 マーカス・セミエンですが、このHRで今季40号!節目の一発となっています。

2B で40HR

 マーカス・セミエンは現地18日のゲームを終えて、147試合の出場ですが、今季は2Bで132試合に出場。そのポジション・カテゴリーに依るなら、セミエンは2016年のブライアン・ドージャー以来、通算5人目の2Bでの40HR以上達成となります。

  2Bはうまい、早い、そしてどちらかという小兵が守るというイメージ通り、HRが少ないポジションでもあります。

 そのポジションで40HRとはすごい!と感心するところです。

ただし!セミエンは本来SS

 ただ、マーカス・セミエンは内野の3B、2B、SSのユーティリティーではあるのですが、そもそもSSを守る能力があるからできることでもあります。

簡単なプロフィール

 マーカス・セミエンは、2013年にホワイトソックスでデビュー。もともとホワイトソックスの2011年ドラフトの6巡目です。

 2013年-14年のホワイトソックスでの2シーズンは、2Bで29試合、3Bで50試合、SSで6試合での出場(DH/PH/PRは除く)。

 2014年12月のトレードでホワイトソックスからアスレチックスへ移籍。この時、一緒に動いたのが、クリス・バシット、ジョシュ・フェルグリーら。誰とのトレードだったかというと、ジェフ・サマージャです。

 そして、アスレチックスでは完全にSS。2015年-20年の6シーズンで守ったのはSSオンリー!6シーズンで計769試合です!

2019年にはSSでMVPで3位

 そして2018シーズンから2020シーズンまで3シーズン連続で、アスレチックスをポストシーズンに推し進めた打の功労者でもあります。

 ちなみに、2019シーズンはMVP投票で3位にランクインしました。

 何が言いたかったかというと、もともとSSですということ。

HRレア・ポジションがトップ争い 

 あくまで今季は2Bで出ていますから、2BでのHRということを考えると、レアなことでもあります。

 現地2021年9月18日終了時点で、40HR以上を放っているのは、4名のみ。

  1. ゲレロ・Jr.(46): 1B
  2. サルバドール・ペレス(45) : C
  3. 大谷選手(44): P 兼 DH
  4. マーカス・セミエン(40): 2B

 ゲレロ・Jr.は本塁打がよく出るポジションの1Bですが、大谷投手がP兼DH、サルバドール・ペレスがC、マーカス・セミエンが2Bと、すごいことが起こっております。

 しかも、今季はボールを飛ばなくしているにも関わらずです!

もっと評価されてしかるべき選手

 マーカス・セミエンは、2019年は33HRを放ちながら、安打数は187。打率は.285。2019年はホームランがよく出た年だったとは言え、今季の40HRで打撃が進化していることは証明されました。

 ただ、FAとなった2020年オフはちょっと苦労しましたね。1年/$18M (2021)と前年より単価はアップしたものの、複数年を獲得できませんでした。

 まだブルージェイズとはエクステンションの契約はできておりません。

 打てるSSなのに、underrated(過小評価)されてきたわけですが、このオフはかなり人気が出そうです。それまでにブルージェイズが守りに入るかどうか、気になりますね。

 ちなみに、ブルージェイズのSSは、ボー・ビシェットですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました