スポンサーリンク

【2021プレーヤーズ・チョイス】大谷選手がプレーヤーズ・オブ・ザ・イヤーとALアウトスタンディングを受賞

こんな日が来るとは!

 現地2020年10月28日、ワールドシリーズGame3に向けた移動日となったこの日、選手会主催の年間Awardが発表され、大谷選手が言ってみれば、両リーグを通じた年間最優秀選手とア・リーグの最優秀選手に選ばれました!

 おめでとうございます!

 こんな日が来るとはもう感慨深いものがありますね。

 この選手会主催のAwardで価値があるのは、フィールドで戦った選手や監督が選んでいるという点にあります。

Awardの概要

 詳細は2018年のAwardの記事に書かせていただいていますが、BBWAA(全米野球記者協会)が選ぶ、MVPなどの各賞と同じような構成になっていて、下記のような賞があります。

  • MLB Players Choice Player of the Year (1人)
    • 言ってみれば、MVP中のMVP。しかも選手が選んだ。
  • MLB Players Choice Outstanding Player(AL/NL)
    • BBWAAのMVPに相当。選手が選んだMVP。
  • MLB Players Choice Outstanding Pitcher (AL/NL)
    • BBWAAではサイ・ヤング賞に相当。現場が選んだサイ・ヤング賞
  • MLB Players Choice Outstanding Rookie (AL/NL)
    • BBWAAではROY(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)に相当。選手が選んだルーキーNO.1。
  • MLB Players Choice Comeback Player (AL/NL)
    • 怪我などから復帰し、素晴らしい成績を残した選手に贈られる。
  • MLB Players Choice Man of the Year (1人)
    • 選手会に大きな影響を与えたマービン・ミラーの冠がついたAwardで、フィールドやコミュニティーにおいて、リーダーシップを発揮して他の選手をインスパイアーし、もっとも尊敬できる選手に与えられる賞です。
  • MLB Players Curt Flood(カート・フラッド) Award (1人)
    • 選手会への貢献と選手の権利の向上に寄与した元選手に与えられる賞です。

各賞の受賞者

 そして各賞の受賞者はこちらです。

  • MLB Players Choice Player of the Year
    • 大谷翔平(LAA) DH/P 今季の偉業は下に記載。
  • MLB Players Choice Outstanding Player
    • 【AL】大谷翔平(LAA) DH/P
    • 【NL】ブライス・ハーパー(PHI) /OF
      • 2015 NL MVPは141試合で、42ダブル、35HR、SLG .615、OPS 1.044、OPS+が179。
  • MLB Players Choice Outstanding Pitcher
    • 【AL】ロビー・レイ(TOR)
      • 30才のシーズンとなった左腕は、今季32スタート、IP 193.1、ERA 2.84、SO 248はいずれもALでNO.1。
    • 【NL】マックス・シャーザー(LAD)
      • 3度サイ・ヤング賞受賞の右腕は37才のシーズンを15勝4敗、2.46 ERA、236SOという破格のパワーを発揮。ドジャース移籍後は7勝0敗、ERA 1.98。
  • MLB Players Choice Outstanding Rookie
    • 【AL】ライアン・マウントキャッスル(BAL) 1B
      • 2020年8月にデビューした24才の右打者は、144試合に出場。HR33、RBI 89、OPS.796。
    • 【NL】ジョナサン・インディア(CIN) 2B
      • シーズン前から評判のたかった2Bルーキーは、150試合に出場。OPS.835、21HR、12スティール。
  • MLB Players Choice Comeback Player
    • 【AL】トレイ・マンシーニ(BAL)1B/OF
      • 29才の右打者は、2020年3月に結腸がんの除去手術を行い、2020シーズンは出場せず。2021年は147試合に出場。HR21、RBI 71と見事な復活を遂げる。
  • 【NL】バスター・ポージー(SFG) C
    • 2012 MVPは、2020年はオプトアウトでプレーせず。今季は113試合に出場し、ジャイアンツの107勝の中心人物として大きく貢献。打率.304、OBP .390、SLG .499、OPS .889。
  • MLB Players Choice Man of the Year
    • マーカス・セミエン(TOR)2B
      • 2021年は2Bレコードとなる45HRをマーク。2019シーズン以来2度めとなる162試合出場を成し遂げ、RBIも102をマーク。選手会のハート&ハッスルAwardに3度ノミネートするほど、評判の高い選手で、フィールド内外でチームメイトを鼓舞し、リーダーシップを発揮する姿に当該賞が贈られました。
  • MLB Players Curt Flood Award
    • マーク・ベランガー(Mark Belanger
      • 1965-82主にBALに在籍。ゴールドグラブ賞8度。選手として長年選手会の主要メンバーとして活動。1966年設立の選手会において、そして引退後、選手会に雇用された初めての元選手。1998年に永眠。昨年からスタートしたカート・フラッド賞2人めの受賞者。

大谷選手の偉業

 大谷選手がやってのけたことを選手達が高く評価している点がファンとしても嬉しくなってしまうところ。

 OPS .965、46HR、8トリプルはMLB NO.1、26スティール、100RBI、SLG.592。これに加え、投手として23スタート、3.18 ERA、9勝、130.1イニング、156 SO。

 何より、155試合も出場し、登板翌日も打者として、走者として活躍。このスケールの大きさで選手たちにインスパイアを与えたという点では、下手をすると”man of the year”にも該当するような活躍ぶりでした。

 選手の視点と記者の視点は若干違うものの、大谷選手がMVPを獲得するのはかなり現実味を帯びてきたという見方もできそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました