スポンサーリンク

【MLB2021FA】ブルージェイズ、マーカス・セミエンと1年18Mで合意

SSから2Bへシフトチェンジの予定

 現地2021年1月26日のお話です。

 2年連続でポストシーズン進出を狙うトロント・ブルージェイズがビッグ・ディールを成立させましたね。

 アスレチックスからFAとなっていたSSのマーカス・セミエン(Marcus Semien)と1年/$18Mで合意いたしました。ブルージェイズはもうSSがいるのに大胆に動いてきましたね。

QOに寄せた金額でのディール

 今回のディールの詳細は現地2021年1月27日時点でまだ出てはいないものの、単年での合意に今季が良ければ翌年に複数年のオファーもあるかも?ということを匂わせる内容でした。

 マーカス・セミエンは2021年1月時点でMLSが6.118。初FAだったのですが、アスレチックスからはQO(Qualifying Offer)の提示はなし。

 QOの提示額(2020年12月)は$18.9Mでした。よって、今回のブルージェイズとのディールはそれに近い金額でのディールとなりました。

マーカス・セミエンとは 

 簡単にマーカス・セミエンのプロフィールについて記しておきたいと思います。

 生年月日は1990年9月17日。現地2021年1月27日時点で満30才。シーズン終盤に31才を迎えることになります。

ドラフト指名は6巡目

 高校卒の2008年にホワイトソックスから34巡目で指名されるも、カリフォルニア大学バークレー校に進学。3年後の2011年に再びホワイトソックスから6巡目指名を受け、プロ入りしました。

 デビューはその2年後の2013年9月。23才になろうかというタイミングでの昇格でした。ホワイトソックスには2014年まで在籍。ちょうど二遊間にアレクセイ・ラミレスとゴードン・ベッカムがいた時代でしたから、出たり出なかったりという具合でした。

 2014年12月に、クリス・バシットらとともにアスレチックスへ移籍。これはホワイトソックスがジェフ・サマージャらを獲得したトレードの交換要員としてです。

 アスレチックスへ移籍した2015シーズン、マーカス・セミエンはSSのレギュラーとなり、2015年、2016年にそれぞれ155試合、159試合に出場。2016年には27HRをマーク。これはキャリア2番めの数字です。

2017年、マーカス・セミエンはスプリングトレーニング後半に右手首を骨折。これが響き、2017年は85試合の出場に留まりました。

2019年が素晴らしいシーズンに

 翌2018年から2020年まではほぼフル出場。そのうち2019年は162試合に出場を果たしました。

 2019年の成績は打席数747、657打数187安打を放ち、打率.285、OBP .369、SLG .522、HR 33、RBI 92、Runs Scored 123、二塁打 43、三塁打7、OPS+は139をマーク。

【主なスタッツ】

  • 20HR以上: 2度 (2016:27、2019:33)
  • 30HR以上: 1度 (2019: 33)
  • 100 Runs Scored以上: 1 (2019:123)
  • MVP投票: 3位(2019)
  • SSとしてのエラー数1位:3度(2015-16、2018)

 SSとしてのエラー数は多いですが、むしろチャレンジした結果とも言えるかもしれませんね。

 とにかく攻撃力が素晴らしいSSです。

ブルージェイズでは2B

 ブルージェイズは今季からブラディミール・ゲレーロ・ジュニアを3Bに起用。SSにはボー・ビシェットがおりますので、2Bとしてお声がかかったと言っていいでしょう。

 キャバン・ビジオは1Bでの起用が予想されています。

 すでにボー・ビシェットというSSがいながら、ブルージェイズがセミエンを獲得した背景には、まずマイケル・ブラントリーの獲得失敗というのがありました。

 つまり、ブルージェイズはとにかく打撃力を上げる布陣を敷きたい、そう思っているようで、だからこそ攻撃力のあるセミエンを獲得に至ったのでした。

スプリンガー、セミエンの1、2番 

 ブルージェイズはリードオフをジョージ・スプリンガーに任せるでしょう。そして一発も期待できるセミエンを強打の2番として起用する向きがあるようです。

 これがうまく行けば、いやな1、2番になりますね。

 ブルージェイズ、まだまだ動きそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました