スポンサーリンク

【MLB2021FA】ブルージェイズ、マーカス・セミエンと1年18Mで合意

SSから2Bへシフトチェンジの予定

 現地2021年1月26日のお話です。

 2年連続でポストシーズン進出を狙うトロント・ブルージェイズがビッグ・ディールを成立させましたね。

 アスレチックスからFAとなっていたSSのマーカス・セミエン(Marcus Semien)と1年/$18Mで合意いたしました。ブルージェイズはもうSSがいるのに大胆に動いてきましたね。

QOに寄せた金額でのディール

 今回のディールの詳細は現地2021年1月27日時点でまだ出てはいないものの、単年での合意に今季が良ければ翌年に複数年のオファーもあるかも?ということを匂わせる内容でした。

 マーカス・セミエンは2021年1月時点でMLSが6.118。初FAだったのですが、アスレチックスからはQO(Qualifying Offer)の提示はなし。

 QOの提示額(2020年12月)は$18.9Mでした。よって、今回のブルージェイズとのディールはそれに近い金額でのディールとなりました。

マーカス・セミエンとは 

 簡単にマーカス・セミエンのプロフィールについて記しておきたいと思います。

 生年月日は1990年9月17日。現地2021年1月27日時点で満30才。シーズン終盤に31才を迎えることになります。

ドラフト指名は6巡目

 高校卒の2008年にホワイトソックスから34巡目で指名されるも、カリフォルニア大学バークレー校に進学。3年後の2011年に再びホワイトソックスから6巡目指名を受け、プロ入りしました。

 デビューはその2年後の2013年9月。23才になろうかというタイミングでの昇格でした。ホワイトソックスには2014年まで在籍。ちょうど二遊間にアレクセイ・ラミレスとゴードン・ベッカムがいた時代でしたから、出たり出なかったりという具合でした。

 2014年12月に、クリス・バシットらとともにアスレチックスへ移籍。これはホワイトソックスがジェフ・サマージャらを獲得したトレードの交換要員としてです。

 アスレチックスへ移籍した2015シーズン、マーカス・セミエンはSSのレギュラーとなり、2015年、2016年にそれぞれ155試合、159試合に出場。2016年には27HRをマーク。これはキャリア2番めの数字です。

2017年、マーカス・セミエンはスプリングトレーニング後半に右手首を骨折。これが響き、2017年は85試合の出場に留まりました。

2019年が素晴らしいシーズンに

 翌2018年から2020年まではほぼフル出場。そのうち2019年は162試合に出場を果たしました。

 2019年の成績は打席数747、657打数187安打を放ち、打率.285、OBP .369、SLG .522、HR 33、RBI 92、Runs Scored 123、二塁打 43、三塁打7、OPS+は139をマーク。

【主なスタッツ】

  • 20HR以上: 2度 (2016:27、2019:33)
  • 30HR以上: 1度 (2019: 33)
  • 100 Runs Scored以上: 1 (2019:123)
  • MVP投票: 3位(2019)
  • SSとしてのエラー数1位:3度(2015-16、2018)

 SSとしてのエラー数は多いですが、むしろチャレンジした結果とも言えるかもしれませんね。

 とにかく攻撃力が素晴らしいSSです。

ブルージェイズでは2B

 ブルージェイズは今季からブラディミール・ゲレーロ・ジュニアを3Bに起用。SSにはボー・ビシェットがおりますので、2Bとしてお声がかかったと言っていいでしょう。

 キャバン・ビジオは1Bでの起用が予想されています。

 すでにボー・ビシェットというSSがいながら、ブルージェイズがセミエンを獲得した背景には、まずマイケル・ブラントリーの獲得失敗というのがありました。

 つまり、ブルージェイズはとにかく打撃力を上げる布陣を敷きたい、そう思っているようで、だからこそ攻撃力のあるセミエンを獲得に至ったのでした。

スプリンガー、セミエンの1、2番 

 ブルージェイズはリードオフをジョージ・スプリンガーに任せるでしょう。そして一発も期待できるセミエンを強打の2番として起用する向きがあるようです。

 これがうまく行けば、いやな1、2番になりますね。

 ブルージェイズ、まだまだ動きそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました