スポンサーリンク

【MLBアウォード】”決定”2021シルバー・スラッガー賞!大谷、ハーパー、ポージーらが受賞

2021 シルバー・スラッガー賞

 現地2021年11月11日、シルバー・スラッガー賞が発表されました。前年を覚えておいででしょうか?COVID-19のアウトブレイクでこのアウォードのスポンサーであるルイビル・スラッガー社がバットの消費の落ち込みで経営危機に陥りました。

 ルイビル・スラッガー社はミュージアムの一時閉鎖や工員の一時休暇などを実施。アメリカ版の補助金の受け取りにも奔走したようです。それでも2020年もこのアウォードを守り抜き、ようやく通常の試合数となった2021年。スプリング・トレーニング、レギュラー・シーズンの162試合、そしてポストシーズンと無事に開催され、バットの消費のペースも戻りました。前年の落ち込みの経営的なリカバリーはまだこれからも続くようですが、大不況など幾多の破壊的な外部要因にも屈せず経営を続けているルイビル・スラッガー社はまさにこのアウォードのスポンサーにふさわしいですね。

2021受賞者

 さて受賞者の方を見てみたいと思います。

American League

  • C: サルバドール・ペレス (Salvador Perez)
    • ロイヤルズ /2年連続4度目
  • 1B: ヴラディミール・ゲレロ・Jr.(Vladimir Guerrero Jr.)
    • ブルージェイズ 初
  • 2B: マーカス・セミエン(Marcus Semien)
    • ブルージェイズ 初
  • 3B: ラファエル・デバース(Rafael Devers)
    • レッドソックス 初
  • SS: ザンダー・ボガーツ(Xander Bogaerts)
    • レッドソックス 2年ぶり4度目
  • OF: テオスカー・ヘルナンデス(Teoscar Hernández)
    • ブルージェイズ 初
  • OF: アーロン・ジャッジ(Aaron Judge)
    • ヤンキース 4年ぶり2度め
  • OF: セドリック・マリンズ(Cedric Mullins)
    • オリオールズ 初
  • DH: 大谷翔平
    • エンゼルス 初

National League

  • C: バスター・ポージー(Buster Posey)
    • ジャイアンツ 4年ぶり5度目
  • 1B: フレディー・フリーマン(Freddie Freeman)
    • ブレーブス 3年連続3度目
  • 2B: オジー・アルビーズ(Ozzie Albies)
    • ブレーブス 初
  • 3B: オースティン・ライリー(Austin Riley)
    • ブレーブス 初
  • SS: フェルナンド・タティス・Jr.(Fernando Tatis Jr.)
    • パドレス 2年連続2度目
  • OF: フアン・ソト(Juan Soto)
    • ナショナルズ 2年連続2度目
  • OF: ブライス・ハーパー(Bryce Harper)
    • フィリーズ 6年ぶり2度目
  • OF: ニック・カステヤーノス(Nick Castellanos)
    • レッズ 初
  • P: マックス・フリード(Max Fried)
    • ブレーブス

【シーズン打撃成績】

 なお、シーズンの打撃成績はこちら。

ア・リーグナ・リーグ
【HR】
S・ペレス(KCR): 48
V・ゲレロ (TOR) : 48
大谷翔平(LAA): 46
【HR】
F・タティス (SDP): 42
【RBI】
S・ペレス(KCR): 121
【RBI】
A・デュバル (ATL): 113
【Av.】
Y・グリエル (HOU) : .319 
【Av.】
T・ターナー (LAD): .328
【OPS】
1.V・ゲレロ (TOR) : 1.002
2. 大谷翔平 (LAA) : .965
【OPS】
1. ハーパー (PHI): 1.055
2. ソト(WSH): .999
2022レギュラーシーズン主要打撃成績

大谷選手がDHで受賞

  大谷選手が選ばれましたね!日本人では2009年のイチロー選手以来12年ぶりの受賞。ちなみにイチロー選手は2001、2007、2009と3度も受賞しています。

 大谷選手は、46HR、RBI 100、そしてご覧のような数字です。「ピッチャーが」という枕詞を除いてもすごい数字です。しかし、あえて使いたくなりますね「ピッチャーが」HR 46でトリプルが8本です!

HR3BRBIAv.OBPSLGOPSXBHISOBBIBB
46
(2位)
8
(1位)
100
(18位)
.257
(-)
.372
(-)
.592
(4位)
.965
(5位)
80
(2位)
.335
(1位)
96
(5位)
20
(2位)
大谷選手の2021年打撃成績(順位は両リーグ通じて)

 DHで行けば、HR、OPSはダントツ。RBIはヨルダン・アルバレス(HOU)の104に次ぎ、安打数は138で163安打を放ったJ.D.マルチネス(BOS)には及びませんでしたが、受賞して当然の成績です。おめでとうございます!

P デグロムの2021シーズンの打撃

 なお、来季から結構二刀流をやる選手が増えます。ジェイコブ・デグロムはもちろん投手専任で、登板時にしか打席に立ちません。もっともPHはあり得るとは思います。2022年のCBAが更新されれば、ひょっとしてナ・リーグもユニバーサルDHが導入されるかもしれません。そうなるとピッチャーの打席が好きな筆者としてはかなり残念。 

 2021年は7月7日を最後に離脱したデグロムですが、その間はすごい数字を残しています。

 15試合に登板して、その際に打撃機会が33PA。そしてABも33で安打数がなんと12。打率.364、OBP .364、SLG .394、OPS .758。HRは0だったものの、二塁打1、RBIは6!

ポージーが花道を飾る受賞

 バスター・ポージーが4年ぶりに受賞しました。今季で引退となったポージーはこれで5度目の受賞です。

ハーパーも久しぶりの受賞

 NLのMVPの有力候補であるブライス・ハーパーが久しぶりの受賞となりました。まだ2度めだったのが驚きです。

ブレーブス、ブルージェイズがマルチ受賞

 ワールドシリーズを制したブレーブスは、フリーマン、アルビーズ、ライリーと内野をほぼ制しました。強い訳ですね。さらにPのマックス・フリードも受賞。

 マックス・フリードは今季31試合の登板で、67打席の機会があり、55-15。打率.273、OBP .322、SLG .327、OPS .649で、二塁打が3本、本塁打は0ですが、RBIは5をマークしました。

 マックス・フリードはGG賞も受賞しています。

 そしてア・リーグではブルージェイズがゲレロ・Jr.、セミエン、テオスカー・ヘルナンデスと3名が受賞しました。

レッドソックスが三遊間で受賞

 なお、仲良し三遊間のラファエル・デバースとザンダー・ボガーツもそろって受賞しました!おめでとうございます! 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました