スポンサーリンク

【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出

MLB版ベスト9 且つシーズン終了後のALL STAR

 現地2021年11月23日、2021シーズンを代表する選手を選出するオールMLBが発表され、大谷選手がファースト・チームのDHとセカンド・チームのスターター投手に選ばれました。

 おめでとうございます!

オールMLBとは?

 こちらの賞は2019年から始まりました。First TeamとSecond Teamで両リーグ混在でベストなポジション・プレーヤー、DH(両チームとも)、先発(5名)、リリーバー(2名)を選出するアウォード。

 賞の大きなポイントとしては、夏のオールスターが前半戦の成績のみを加味して投票されるのに対し、レギューラー1年を通じた成績を考慮したシーズン終了後のオールスターというところ。一応、ファースト・チームの方が良い選手を並べるという建前になっています。

 NPBの「ベスト9」に当たるアウォードでもあります。

ALL MLB(ファースト・チーム)

 まず、ファースト・チームから。

  • C: サルバドール・ペレス(Salvador Perez) ロイヤルズ
  • 1B: ヴラディーミル・ゲレロ・Jr. (Vladimir Guerrero Jr.) ブルージェイズ
  • 2B: マーカス・セミエン(Marcus Semien) ブルージェイズ
  • 3B: オースティン・ライリー(Austin Riley) ブレーブス
  • SS: フェルナンド・タティス・Jr. (Fernando Tatis Jr.) パドレス
  • OF: フアン・ソト(Juan Soto) ナショナルズ
  • OF: ブライス・ハーパー(Bryce Harper) フィリーズ
  • OF: アーロン・ジャッジ(Aaron Judge) ヤンキース
  • DH: 大谷翔平(Shohei Ohtani) エンゼルス
  • SP: マックス・シャーザー(Max Scherzer) ナショナルズ→ドジャース
  • SP: コービン・バーンズ(Corbin Burnes)ブルワーズ
  • SP: ウォーカー・ビューラー(Walker Buehler) ドジャース
  • SP: ロビー・レイ(Robbie Ray) ブルージェイズ
  • SP: ゲリット・コール(Gerrit Cole) ヤンキース
  • RP: ジョシュ・ヘイダー(Josh Hader) ブルワーズ
  • RP: リアム・ヘンドリクス(Liam Hendriks) ホワイトソックス

MVP/サイ・ヤング

 当然、MVPの大谷選手(AL)とブライス・ハーパー(NL)、サイ・ヤング賞のロビー・レイ(AL)とコービン・バーンズ(NL)はファースト・チームに選出。

ALL MLB (セカンド・チーム)

  • C: バスター・ポージー(Buster Posey)ジャイアンツ
  • 1B: フレディー・フリーマン(Freddie Freeman)ブレーブス
  • 2B: オジー・アルビーズ(Ozzie Albies) ブレーブス
  • 3B: ラファエル・デバース(Rafael Devers) レッドソックス
  • SS: トレイ・ターナー(Trea Turner)ナショナルズ→ドジャース
  • OF: ニック・カステヤーノス(Nick Castellanos)レッズ
  • OF: カイル・タッカー(Kyle Tucker)アストロズ
  • OF: テオスカー・ヘルナンデス(Teoscar Hernández)ブルージェイズ
  • DH: ヨルダン・アルバレス(Yordan Alvarez)アストロズ
  • SP: 大谷翔平(Shohei Ohtani)エンゼルス
  • SP: フリオ・ウリアス(Julio Urías)ドジャース
  • SP: ケビン・ゴーズマン(Kevin Gausman)ジャイアンツ
  • SP: マックス・フリード(Max Fried)ブレーブス
  • SP: ザック・ウィーラー(Zack Wheeler)フィリーズ
  • RP: ライセル・イグレシアス(Raisel Iglesias)エンゼルス
  • RP: ケンリー・ジャンセン(Kenley Jansen)ドジャース

SS賞がズラリ

 セカンド・チームにはシルバー・スラッガー賞を獲得した面々がズラリ。投手ではザック・ウィーラーやフリオ・ウリアスなどのタイトル・ホルダーが名を連ねました。

歴代ALL MLB(MLB.com)

最多はドジャースの5名

 ファースト・チーム、セカンド・チームを併せて最多選手はドジャースの5名。次に多かったのがブルージェイズの4名と、ブレーブスの4名。ブルージェイズはファースト・チームで最多の3名が入りました。

 シーズン全般の成績が反映されたこのALL MLBは価値がありますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました