スポンサーリンク

【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出

MLB版ベスト9 且つシーズン終了後のALL STAR

 現地2021年11月23日、2021シーズンを代表する選手を選出するオールMLBが発表され、大谷選手がファースト・チームのDHとセカンド・チームのスターター投手に選ばれました。

 おめでとうございます!

オールMLBとは?

 こちらの賞は2019年から始まりました。First TeamとSecond Teamで両リーグ混在でベストなポジション・プレーヤー、DH(両チームとも)、先発(5名)、リリーバー(2名)を選出するアウォード。

 賞の大きなポイントとしては、夏のオールスターが前半戦の成績のみを加味して投票されるのに対し、レギューラー1年を通じた成績を考慮したシーズン終了後のオールスターというところ。一応、ファースト・チームの方が良い選手を並べるという建前になっています。

 NPBの「ベスト9」に当たるアウォードでもあります。

ALL MLB(ファースト・チーム)

 まず、ファースト・チームから。

  • C: サルバドール・ペレス(Salvador Perez) ロイヤルズ
  • 1B: ヴラディーミル・ゲレロ・Jr. (Vladimir Guerrero Jr.) ブルージェイズ
  • 2B: マーカス・セミエン(Marcus Semien) ブルージェイズ
  • 3B: オースティン・ライリー(Austin Riley) ブレーブス
  • SS: フェルナンド・タティス・Jr. (Fernando Tatis Jr.) パドレス
  • OF: フアン・ソト(Juan Soto) ナショナルズ
  • OF: ブライス・ハーパー(Bryce Harper) フィリーズ
  • OF: アーロン・ジャッジ(Aaron Judge) ヤンキース
  • DH: 大谷翔平(Shohei Ohtani) エンゼルス
  • SP: マックス・シャーザー(Max Scherzer) ナショナルズ→ドジャース
  • SP: コービン・バーンズ(Corbin Burnes)ブルワーズ
  • SP: ウォーカー・ビューラー(Walker Buehler) ドジャース
  • SP: ロビー・レイ(Robbie Ray) ブルージェイズ
  • SP: ゲリット・コール(Gerrit Cole) ヤンキース
  • RP: ジョシュ・ヘイダー(Josh Hader) ブルワーズ
  • RP: リアム・ヘンドリクス(Liam Hendriks) ホワイトソックス

MVP/サイ・ヤング

 当然、MVPの大谷選手(AL)とブライス・ハーパー(NL)、サイ・ヤング賞のロビー・レイ(AL)とコービン・バーンズ(NL)はファースト・チームに選出。

ALL MLB (セカンド・チーム)

  • C: バスター・ポージー(Buster Posey)ジャイアンツ
  • 1B: フレディー・フリーマン(Freddie Freeman)ブレーブス
  • 2B: オジー・アルビーズ(Ozzie Albies) ブレーブス
  • 3B: ラファエル・デバース(Rafael Devers) レッドソックス
  • SS: トレイ・ターナー(Trea Turner)ナショナルズ→ドジャース
  • OF: ニック・カステヤーノス(Nick Castellanos)レッズ
  • OF: カイル・タッカー(Kyle Tucker)アストロズ
  • OF: テオスカー・ヘルナンデス(Teoscar Hernández)ブルージェイズ
  • DH: ヨルダン・アルバレス(Yordan Alvarez)アストロズ
  • SP: 大谷翔平(Shohei Ohtani)エンゼルス
  • SP: フリオ・ウリアス(Julio Urías)ドジャース
  • SP: ケビン・ゴーズマン(Kevin Gausman)ジャイアンツ
  • SP: マックス・フリード(Max Fried)ブレーブス
  • SP: ザック・ウィーラー(Zack Wheeler)フィリーズ
  • RP: ライセル・イグレシアス(Raisel Iglesias)エンゼルス
  • RP: ケンリー・ジャンセン(Kenley Jansen)ドジャース

SS賞がズラリ

 セカンド・チームにはシルバー・スラッガー賞を獲得した面々がズラリ。投手ではザック・ウィーラーやフリオ・ウリアスなどのタイトル・ホルダーが名を連ねました。

歴代ALL MLB(MLB.com)

最多はドジャースの5名

 ファースト・チーム、セカンド・チームを併せて最多選手はドジャースの5名。次に多かったのがブルージェイズの4名と、ブレーブスの4名。ブルージェイズはファースト・チームで最多の3名が入りました。

 シーズン全般の成績が反映されたこのALL MLBは価値がありますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました