スポンサーリンク

【MLB契約2019】サイヤング賞のブレイク・スネル、2019年のサラリーはたったの57万3,000ドル!

ブレイク・スネル、それでもやるしか

現地2019年3月8日、驚きのサラリーアップ提示が話題になっています。

2018年に21勝を上げ、サイヤング賞を受賞したブレイク・スネルの2019年のサラリーが57万3,000ドル、日本円にして約6,370万円(@¥109.81/USD)という驚きの安さで更新されたことがあきらかになりました。

一応はアップしている

ブレイク・スネルの過去3年のサラリーはこのような額でした。

  • 2016:50万7,500ドル
  • 2017:39万6,074 ドル
  • 2018:55 万8,200ドル

2018年は55万8,200ドルでしたので、今回の57万3,000ドルで1万5,500ドル(172万円ほど)アップしてはおります。サラリーマンでも2階級くらい上がったら、100万くらい上がりますね。

なお、2018年の40人枠のミニマム・サラリーは55万5,000ドルでした。

なぜこんなに安いのか!?

どうしてこんなに安いのか、見ていきたいと思います。

ブレイク・スネルのMLSは2.072

Blake Snell Stats | Baseball-Reference.com
2021: 7-6, 4.2 ERA, 170 SO,Career: 49-36, 3.42 ERA, 818 SO, P, 2018 AL Cy, AllStar, Rays/Padres 2016-2021, t:L, 1x W Leader, born in WA 1992

ブレイク・スネルは26才になったばかりで、デビューは2016年。投手のルーキーステータスは、50イニング以内ですから、1年め終了時に超えております。

YearWin-LoseGamesIP
20166-81989.0
20175-724129.1
201821-531180.2

ルーキー・イヤーから結構投げてはいるのですが、 ブレイク・スネルの2019年1月時点でのMLS(メジャーリーグ・サービス・タイム)は2.072年。

まだ3年になっていないのです。これが安さの最大の要因です。

「調停:3年、FA:6年」ですから、現在のブレイク・スネルのステータスだと、このサラリーを不服として調停に持ち込むことが出来ないという状態です。

デビュー3年未満の悲劇

デビューから3年未満の選手が活躍した時の悲劇ですね。しかし、活躍しないとサラリーは上がりませんので、がんばるしかありません。

投手の場合、サラリーの安い時に故障を発症させると目も当てられませんが、調停資格を得ればサラリーも上がり、FAとなればさらにアップしますので、一応は帳尻は合うことにはなっております。

100万ドル以下の若手プレーヤー

デビューから3年未満で大活躍しているけれども、サラリーが100万ドル以下の選手達を上げてみます。

ジョシュ・ヘイダー(MIL)

まもなく25才になるブルワーズのジョシュ・ヘイダーはデビューが2017年。2017年は35試合、47.2イニングで奪三振は68、2018年は55試合、81.1イニングで奪三振が143!

かなりインパクトのある活躍をしているヘイダーですが、MLSは2019年1月の時点でまだ1.115。

まだ調停資格に達していないヘイダーのサラリーは、2018年は55万6,500ドル。

2019年はまだ出ておりませんが、100万ドル以下で収まるのは間違いないです。ヘイダーこそ、調停やFAの前に故障しないことを祈るばかりです。

エドウィン・ディアス(SEA)

2019シーズンからメッツで投げることになったエドウィン・ディアス(2019年3月22日で25才)は、ご存じの通り、2018年は57セーブでタイトルを獲りました。2017年も34セーブを上げております。

エドウィン・ディアスもこれだけ消耗の激しいことをしながら、2019年のサラリーは60万7,425ドルで100万ドル以下。2018年は57万800ドルでした。

ディアスの場合は、2019年1月の時点でMLSが2.121。今季を乗り切ればというところなので、故障なくジェウリス・ファミリアとうまくシェアしながらスローイング・アームを守ってもらいたいと思います。

ウォーカー・ビューラー(LAD)

2019年7月の誕生日で25才になるウォーカー・ビューラーもその一人です。

2017年にデビューし、2018年はルーキーステータスで8勝5敗を上げ、ROYで3位。ビューラーの場合、タイブレーカーでの登板や、ポストシーズンでのインパクトがすごかったですね。

ビューラーのMLSは2019年1月の時点で0.168。まだ半年分にも満たないところです。2019年のサラリーは57万5,000ドル

ロナルド・アクーニャ・Jr.(ATL)

2018年NL ROYのロナルド・アクーニャ・Jr.(21才)もビューラーとそれほど変わりません。MLSは0.159。2019年のサラリーは57万5,000ドル

大谷翔平選手(LAA)

AL ROYの大谷選手もアクーニャと同じです。2019年のサラリーは57万5,000ドル。大谷選手のMLSは1.000。

アクーニャと比べてMLSが長いですが、これは単純に大谷選手の方がアクティブ・ロスターに入っていた期間が長いゆえです。

大谷選手は開幕からアクティブ・ロスター。アクーニャは4月25日にデビュー。1ヶ月ほどしか変わらないのにどうして?となるかもしれませんが、この辺が172日を1年として計算するときに影響してくる差と言えます。

特に二刀流で投手計算、野手計算があるわけではありません。あくまでアクティブ・ロスターに在籍していた期間です。

他にもまだたくさんいるとは思いますが、主に上げるとのこのような選手たちです。3年未満はメジャー最低額近辺ということですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

追記

ブレイク・スネルは現地2019年3月21日、契約延長となり2019年は100万ドルに達しました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました