スポンサーリンク

【MLB契約2019】サイヤング賞のブレイク・スネル、2019年のサラリーはたったの57万3,000ドル!

ブレイク・スネル、それでもやるしか

現地2019年3月8日、驚きのサラリーアップ提示が話題になっています。

2018年に21勝を上げ、サイヤング賞を受賞したブレイク・スネルの2019年のサラリーが57万3,000ドル、日本円にして約6,370万円(@¥109.81/USD)という驚きの安さで更新されたことがあきらかになりました。

一応はアップしている

ブレイク・スネルの過去3年のサラリーはこのような額でした。

  • 2016:50万7,500ドル
  • 2017:39万6,074 ドル
  • 2018:55 万8,200ドル

2018年は55万8,200ドルでしたので、今回の57万3,000ドルで1万5,500ドル(172万円ほど)アップしてはおります。サラリーマンでも2階級くらい上がったら、100万くらい上がりますね。

なお、2018年の40人枠のミニマム・サラリーは55万5,000ドルでした。

なぜこんなに安いのか!?

どうしてこんなに安いのか、見ていきたいと思います。

ブレイク・スネルのMLSは2.072

2018: 21-5 (1st), 1.89 ERA (1st), 221 SO (6th),Career: 32-20, 2.95 ERA, 438 SO, P, 2018 AL Cy, AllStar, Rays 2016-2018, t:L, 1x W Leader, born in WA 1992

ブレイク・スネルは26才になったばかりで、デビューは2016年。投手のルーキーステータスは、50イニング以内ですから、1年め終了時に超えております。

YearWin-LoseGamesIP
20166-81989.0
20175-724129.1
201821-531180.2

ルーキー・イヤーから結構投げてはいるのですが、 ブレイク・スネルの2019年1月時点でのMLS(メジャーリーグ・サービス・タイム)は2.072年。

まだ3年になっていないのです。これが安さの最大の要因です。

こんにちは(^^)今回も用語集です。 MLBのFA(フリーエージェント)資格が得られる在籍期間は6年、年俸調停(Arbitratio...

「調停:3年、FA:6年」ですから、現在のブレイク・スネルのステータスだと、このサラリーを不服として調停に持ち込むことが出来ないという状態です。

デビュー3年未満の悲劇

デビューから3年未満の選手が活躍した時の悲劇ですね。しかし、活躍しないとサラリーは上がりませんので、がんばるしかありません。

投手の場合、サラリーの安い時に故障を発症させると目も当てられませんが、調停資格を得ればサラリーも上がり、FAとなればさらにアップしますので、一応は帳尻は合うことにはなっております。

100万ドル以下の若手プレーヤー

デビューから3年未満で大活躍しているけれども、サラリーが100万ドル以下の選手達を上げてみます。

ジョシュ・ヘイダー(MIL)

まもなく25才になるブルワーズのジョシュ・ヘイダーはデビューが2017年。2017年は35試合、47.2イニングで奪三振は68、2018年は55試合、81.1イニングで奪三振が143!

かなりインパクトのある活躍をしているヘイダーですが、MLSは2019年1月の時点でまだ1.115。

まだ調停資格に達していないヘイダーのサラリーは、2018年は55万6,500ドル。

2019年はまだ出ておりませんが、100万ドル以下で収まるのは間違いないです。ヘイダーこそ、調停やFAの前に故障しないことを祈るばかりです。

エドウィン・ディアス(SEA)

2019シーズンからメッツで投げることになったエドウィン・ディアス(2019年3月22日で25才)は、ご存じの通り、2018年は57セーブでタイトルを獲りました。2017年も34セーブを上げております。

エドウィン・ディアスもこれだけ消耗の激しいことをしながら、2019年のサラリーは60万7,425ドルで100万ドル以下。2018年は57万800ドルでした。

ディアスの場合は、2019年1月の時点でMLSが2.121。今季を乗り切ればというところなので、故障なくジェウリス・ファミリアとうまくシェアしながらスローイング・アームを守ってもらいたいと思います。

ウォーカー・ビューラー(LAD)

2019年7月の誕生日で25才になるウォーカー・ビューラーもその一人です。

2017年にデビューし、2018年はルーキーステータスで8勝5敗を上げ、ROYで3位。ビューラーの場合、タイブレーカーでの登板や、ポストシーズンでのインパクトがすごかったですね。

ビューラーのMLSは2019年1月の時点で0.168。まだ半年分にも満たないところです。2019年のサラリーは57万5,000ドル

ロナルド・アクーニャ・Jr.(ATL)

2018年NL ROYのロナルド・アクーニャ・Jr.(21才)もビューラーとそれほど変わりません。MLSは0.159。2019年のサラリーは57万5,000ドル

大谷翔平選手(LAA)

AL ROYの大谷選手もアクーニャと同じです。2019年のサラリーは57万5,000ドル。大谷選手のMLSは1.000。

アクーニャと比べてMLSが長いですが、これは単純に大谷選手の方がアクティブ・ロスターに入っていた期間が長いゆえです。

大谷選手は開幕からアクティブ・ロスター。アクーニャは4月25日にデビュー。1ヶ月ほどしか変わらないのにどうして?となるかもしれませんが、この辺が172日を1年として計算するときに影響してくる差と言えます。

特に二刀流で投手計算、野手計算があるわけではありません。あくまでアクティブ・ロスターに在籍していた期間です。

他にもまだたくさんいるとは思いますが、主に上げるとのこのような選手たちです。3年未満はメジャー最低額近辺ということですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

追記

ブレイク・スネルは現地2019年3月21日、契約延長となり2019年は100万ドルに達しました。

アレックス・ブレグマンらの契約延長の内容の詳細について書いております。
スポンサーリンク