スポンサーリンク

【トレード噂2020】ベッツの次はクリス・ブライアントが動くか?

ベッツ決定後、KBが噂の中心に

 ムーキー・ベッツのドジャースへのトレードが決まったばかりですが、ひょっとしたら今度はクリス・ブライアントが動くかも?という噂が出ております。一時的ではありますが、クリス・ブライアントがトレード市場の中心に躍り出てきました。

2年はカブス管理下

 クリス・ブライアントは先日、カブスによるデビューイヤーのMLS操作の問題が決着したばかり。決着と言っても、ブライアントの主張が敗れ、MLS操作について特に取り決めがない以上、カブスのやり方は退けられないという結論です。よってブライアントにはスッキリしない日々が続いております。

 本来なら2020年終了後にFAとなるところが、1年延びて2021年終了後のFAになることからあと2年カブスの管理下でプレーすることが決定。

 調停委員会は「確かにあたなの思っているシナリオにはなっていないけれども、とは言えカブスは金銭的に報いているではないですか?」という趣旨に対しても本人にとっては納得しづらい面もあるかもしれません。

 そこで出てきているのがブライアントの移籍の噂です。

需要

 クリス・ブライアントに関してはやはり高い需要があります。

アレナドとのスワップ

 同じ3Bでロッキーズのノーラン・アレナドとの1対1のトレードの話も出ましたが、こちらは今オフは実現しなさそうです。2019年オフに交わした8年契約があるため、アレナドのFAは2026年。ブライアントも残り2年は動けないことから双方の選手としてのバリューもバランスの良いお話ではありましたが、カブスとしてはブライアントがFAとなったときにプロスペクトをパッケージで受け取りたい、あるいはFAの穴埋めのドラフトピックももらわなければという考えがあるように思います。よってカブス側にメリットがなかったため消えた話と考えた方がよさそうです。

フィリーズ

 クリス・ブライアントに関心を持っているクラブとして挙げられているのがフィリーズ。ブライス・ハーパーとプライベートで仲が良いというのもありますが、クラブとしてマイケル・フランコをノンテンダーとした経緯もあり、3Bが欲しいというのは変わりありません。

 ディディ・グレゴリアスを獲得しましたので2019シーズンSSのジーン・セグラ、あるいはスコット・キンガリーで3Bは十分とも言えなくはないですが、ブライアントの価値を考えると欲しいところですね。

  ただ、フィリーズは2020年の贅沢税上のサラリーが $202.686Mになっておりますので(現地2月2日時点)、今季の獲得は難しいと言わざるを得ません。

ナショナルズ 

 アンソニー・レンドンが抜けたナショナルズですが、すでにアズドルバル・カブレラと再契約しており、3Bはおります。また若手のカーター・キーブーム、あるいはFAで獲得したスターリン・カストロ、ハウィー・ケンドリックなど2B、3Bとの併用で人材はたしかにおります。経営陣がレンドンの穴をどこまで埋めたがっているのかにもよりますね。

 ナショナルズの2020年の贅沢税上のサラリーは193.747Mで(現地2月2日時点)、 フィリーズ同様基準額の$208Mのスペースまで残りわずかですからこのオフの獲得は厳しいかもしれません。

 プロスペクトは出したくないでしょうし、仮に出したとしてどうしても差し引きでブライアントの金額の方が高くなってしまいますので厳しいでしょう。

ブレーブス

 もしも2020年の開幕までにトレードが成立するなら、贅沢税のスペースと3Bへのフィット具合を考慮するならブレーブスがもっとも見込みは高いと思われます。

 ブレーブスの2020年の贅沢税上のサラリーは $175.693Mでまだまだ余裕があります。内野は2Bがアルビーズ、3Bがヨハン・カマルゴの予定ですが、アデイニー・エチェバリア、長打力のあるオースティン・ライリーも3Bの候補です。ヤンガービス・ソラルテも控えています。人材はいるものの、ブライアントのインパクトがあればなお良しですね。

 その意味でフィットはしているのですが、果たしてトレードに出すなら誰になるかと考えたときにブレーブスが将来をどこまで犠牲に出来るかどうかにもかかってきそうです。

 ただ、もしもブレーブスに決まるようなことになれば、もう手がつけられない打線になります。 

 スプリングトレーニングまであと1週間。この噂が実現するかどうか、見ものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました