スポンサーリンク

【トレード噂2020】ベッツの次はクリス・ブライアントが動くか?

ベッツ決定後、KBが噂の中心に

 ムーキー・ベッツのドジャースへのトレードが決まったばかりですが、ひょっとしたら今度はクリス・ブライアントが動くかも?という噂が出ております。一時的ではありますが、クリス・ブライアントがトレード市場の中心に躍り出てきました。

2年はカブス管理下

 クリス・ブライアントは先日、カブスによるデビューイヤーのMLS操作の問題が決着したばかり。決着と言っても、ブライアントの主張が敗れ、MLS操作について特に取り決めがない以上、カブスのやり方は退けられないという結論です。よってブライアントにはスッキリしない日々が続いております。

 本来なら2020年終了後にFAとなるところが、1年延びて2021年終了後のFAになることからあと2年カブスの管理下でプレーすることが決定。

 調停委員会は「確かにあたなの思っているシナリオにはなっていないけれども、とは言えカブスは金銭的に報いているではないですか?」という趣旨に対しても本人にとっては納得しづらい面もあるかもしれません。

 そこで出てきているのがブライアントの移籍の噂です。

需要

 クリス・ブライアントに関してはやはり高い需要があります。

アレナドとのスワップ

 同じ3Bでロッキーズのノーラン・アレナドとの1対1のトレードの話も出ましたが、こちらは今オフは実現しなさそうです。2019年オフに交わした8年契約があるため、アレナドのFAは2026年。ブライアントも残り2年は動けないことから双方の選手としてのバリューもバランスの良いお話ではありましたが、カブスとしてはブライアントがFAとなったときにプロスペクトをパッケージで受け取りたい、あるいはFAの穴埋めのドラフトピックももらわなければという考えがあるように思います。よってカブス側にメリットがなかったため消えた話と考えた方がよさそうです。

フィリーズ

 クリス・ブライアントに関心を持っているクラブとして挙げられているのがフィリーズ。ブライス・ハーパーとプライベートで仲が良いというのもありますが、クラブとしてマイケル・フランコをノンテンダーとした経緯もあり、3Bが欲しいというのは変わりありません。

 ディディ・グレゴリアスを獲得しましたので2019シーズンSSのジーン・セグラ、あるいはスコット・キンガリーで3Bは十分とも言えなくはないですが、ブライアントの価値を考えると欲しいところですね。

  ただ、フィリーズは2020年の贅沢税上のサラリーが $202.686Mになっておりますので(現地2月2日時点)、今季の獲得は難しいと言わざるを得ません。

ナショナルズ 

 アンソニー・レンドンが抜けたナショナルズですが、すでにアズドルバル・カブレラと再契約しており、3Bはおります。また若手のカーター・キーブーム、あるいはFAで獲得したスターリン・カストロ、ハウィー・ケンドリックなど2B、3Bとの併用で人材はたしかにおります。経営陣がレンドンの穴をどこまで埋めたがっているのかにもよりますね。

 ナショナルズの2020年の贅沢税上のサラリーは193.747Mで(現地2月2日時点)、 フィリーズ同様基準額の$208Mのスペースまで残りわずかですからこのオフの獲得は厳しいかもしれません。

 プロスペクトは出したくないでしょうし、仮に出したとしてどうしても差し引きでブライアントの金額の方が高くなってしまいますので厳しいでしょう。

ブレーブス

 もしも2020年の開幕までにトレードが成立するなら、贅沢税のスペースと3Bへのフィット具合を考慮するならブレーブスがもっとも見込みは高いと思われます。

 ブレーブスの2020年の贅沢税上のサラリーは $175.693Mでまだまだ余裕があります。内野は2Bがアルビーズ、3Bがヨハン・カマルゴの予定ですが、アデイニー・エチェバリア、長打力のあるオースティン・ライリーも3Bの候補です。ヤンガービス・ソラルテも控えています。人材はいるものの、ブライアントのインパクトがあればなお良しですね。

 その意味でフィットはしているのですが、果たしてトレードに出すなら誰になるかと考えたときにブレーブスが将来をどこまで犠牲に出来るかどうかにもかかってきそうです。

 ただ、もしもブレーブスに決まるようなことになれば、もう手がつけられない打線になります。 

 スプリングトレーニングまであと1週間。この噂が実現するかどうか、見ものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました