スポンサーリンク

【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身

ジャッキー・ブラッドリー・Jr.のトレード詳細

 ロックアウト前に決まったディールで、当ブログでも書ききれなかったディールをこれから整理して書いて行きますのでよろしくお願いします。それにしてもすごい勢いでディールが決まっていきましたね。一方で、カルロス・コレアやカイル・シュワーバーなどの有名FA選手のディールはロックアウト後ということになりました。

 CBA期限ギリギリの現地2021年12月1日に決まったトレードがジャッキー・ブラッドリー・Jr.とハンター・レンフローのトレード。このトレードは計4名が動きます。

トレード詳細

 2021シーズン、レッドソックスで大活躍したハンター・レンフローがブルワーズに動く代わりに、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア(以下、ジャッキーもしくはJBJ)に2人のプロスペクトがついてきたというディールです。

レッドソックスGet

  • ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア(Jackie Bradley Jr. /31才)CF/右投げ左打ち
  • デービッド・ハミルトン(David Hamilton /24才)SS or 2B/ 右投げ左打ち
  • アレックス・ビナレス※(Alex Binelas/21才)3B or 1B/右投げ左打ち

 ※表記は発音に近いものを採用しました。

ブルワーズGet

  • ハンター・レンフロー(Hunter Renfroe/30才)OF/右投げ右打ち

 おそらくブルワーズが持ちかけたのではないかと筆者は考えているのですが、ハンター・レンフローとジャッキーをトレードしようと。ともに守備は文句なく、むしろ守備だけであればジャッキーの方が魅力です。

 ただ、バットのことを考えればレッドソックスはレンフローを出すに忍びない。尚且つジャッキーは2021年にブルワーズと2年契約していますから残債もある。トレードは通常であれば残債は引き受けた側が負担することになるので、レッドソックスが負うということに。レッドソックスとしてはそれではアンバランスだということでプロスペクトを2人つけてくれと言って、まとまったのがこのトレードではないか?と思っています。あくまで結果から考えた筆者の推測であることはご了承ください。

ジャッキーがMILとサインしていた内容

 ブルワーズとジャッキーが結んだ契約内容は2年$24M。これは2021年3月5日にサインしたものです。ジャッキーはなかなか決まらなかったのです。

  • 2 years/$24M保証  (2021-22) 太字を足すと$24Mに
    • 2021:$6.5M
    • 2022年は$9.5Mのプレーヤーオプションでバイアウトは$6.5M
    • 2023年は$12Mのミューチュアルオプションでバイアウトはなんと$8M
    • 繰延払い
      • 2021年のサラリーのうち$3.5Mを次のように受領→$0.333333M(2022.1.14)/ $3M(2023.1.13)/ $1.66667M(2023.1.12)
      • 2022年のサラリーのうち$6.5Mを次のように受領→$0.333333M(2022.1.13)/ $6.167M(2024.1.12)
      • バイアウトになった場合はバイアウトの金額全額が繰延払い
    • 2021年11月3日、ジャッキーは2022年のプレーヤーオプションを行使済み

 レッドソックスは2022年以降の青色のアンダー・ラインの箇所を負うことになります。2023年のミューチュアルオプションを行使しなかったとしても2022-23を合わせて最低でも$17.5Mの残となります。

ハンター・レンフローの2021年

 ポストシーズンでも大活躍したハンター・レンフローですが、2020年終了後、レイズからノンテンダーFAとなり、レッドソックスとサインしました。1年/$3.1M(2021)。

 2021年のrWARは2.3。144試合で521-135、打率.259、OBP .315、SLG .501、OPS .816。十分すぎる成績でしたね。HR 31、RBI 96。OPS+は112。

 このバットが無くなるのですから、レッドソックスにとっては痛いところです。

ジャッキーの2021年の成績

 一方のジャッキーの2021年はrWARが-0.7。134試合で387-63、打率.163、OBP .236、SLG .261、OPS. 497、OPS+が34。HR 6,RBI 29。もともとあまり打たないジャッキーでしたが、2021年は赤点のような成績になってしまいました。

 なおブルワーズにはロレンゾ・ケインという素晴らしいCFがいるので、そもそも厳しい立場での船出ではありました。

プロスペクト2人について

 さて、レッドソックスに移籍する2人のプロスペクト達について触れておきたいと思います。

【BOS】デービッド・ハミルトン

 デービッド・ハミルトンは、1997年9月29日生まれの24才。右投げ左打ちの内野手。高卒時の2016年にエンゼルスから28巡目指名を受けるも、大学へ進学。2019年にブルワーズから8巡目に指名されてプロ入りしました。

 2020年はマイナーがキャンセルとなったため、独立リーグでプレー。101試合で打率.296、OBP .430、SLG .370、HR0、RBI 10、盗塁20。

 2021年はクラスA+とダブルAでプレー。2つのレベルを併せて、101試合で打率.258、OBP .341、SLG .419、HR 8、RBI 43、盗塁がなんと52。かなり足が期待できそうです。

 今秋のアリゾナ・フォール・リーグにも出場。打率.293、OBP .453、SLG .463、二塁打3、三塁打2、HR 0。いいセンスをしていそうですね。

【BOS】アレックス・ビナレス(Binelas)

 アレックス・ビナレスは2000年5月26日生まれの21才。右投げ左打ちの内野手。高卒時の2018年にナショナルズから35巡目指名を受けるも、大学へ進学。2021年のアマチュア・ドラフトでブルワーズから3巡目指名を受け、プロ入り。

 2021年はルーキー・リーグとクラスAでプレー。クラスAでは29試合、118-37、打率.314、OBP .379、SLG .636、HR 9、RBI 27。

LHBが多数(BOS)

 今回のトレードでレッドソックスは右打者のレンフローを失い、左打者3名を獲ることに。ハイム・ブルームはロックアウト後はブルペンとともに右打者を狙うとの考えを明らかにしました。かつてのドジャースのようにLHBの天国になりつつあります。

ベンチから飛び出すジャッキー

 ジャッキーの守備の素晴らしさは誰もが認めるところ。筆者が好きなのは、ゲーム開始時にベンチから飛び出してくるところ。「さあ、野球やろうぜ」とでも言わんばかりに楽しく飛び出してくる様は好感です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました